ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

国際結婚に重要な3つのモノ

f:id:yanmei:20160630210637j:plain

ヤンメイ家も含め周囲を見回して、国際結婚をした人、そして幸せな結婚生活を続けている人に共通するモノがあります。

「国際結婚に重要な3つのモノ」

逆にこれがないと国際結婚は上手くいかないかも知れません。
以下、独断と偏見に基づく「国際結婚に重要な3つのモノ」。

1.愛

愛!?

しょっぱから??

いやいやいや、やっぱりこれですよ!

結婚に面倒やトラブルは付き物ですが、それを乗り越え一緒にいる為に必要なのは、ズバリ愛です

「この人、可愛いなぁ!」
「やっぱりコイツがいなきゃ!」と思えること、
これ重要

それにはやはり、相手への感謝が根っこにないといけません。

国際結婚は夫婦のどちらかの国で暮らすことが多いと思います。ということは、どちらかにはホームですが、どちらかにはアウェーなのです。
この場合、ホームの人がアウェーの人に、より感謝して譲ることが多いと上手くいきます。

というより、逆を考えて下さい。
言葉、文化が違う国で、生活する。場合によっては仕事まで稼げるレベルでこなさなきゃいけない。自分の親兄弟、古くからの友人も近くにいないし、何かあってもすぐに駆け付けられない。

これだけのリスクをアウェーの人は背負ってくれているんです。当然「逆は厳しいな、ありがたいな」という発想になるでしょう。
もう、大抵のことは譲らざるを得ません。

感謝して譲っていればケンカになりません。
というか、むしろ夫婦円満です。

片方が優しくされれば、それを返そうと優しさが返ってきます。
すると愛のある素敵な家庭の出来上がりです。


2.好奇心


山崎まさよしの楽曲「セロリ」ではありませんが、育ちが違えば常識すら違いますからね。

相手の国ではどうなんだろう?と、むしろ違いを楽しめることが大切です。
そこまで行かなくても、「ふぅん、そうなんだ」とサラッと違いを受け入れるべきです。

「こうでないといけない!」という気持ちが強い人は国際結婚はつらいでしょう。

ヤンメイは妻との違いに出会うたびに、自分はなんて固定観念でガチガチなのか、とビックリします。

例えば先日のお弁当。
肉じゃがに豆腐が入ってました。
美味しいですよ。
でも、それって肉豆腐と混ざってるよね?

肉じゃがは肉とジャガイモ、たまねぎとにんじん。
ところによりシラタキとさやえんどう。
こんな固定観念は吹き飛びます。
だって妻はこれを「肉じゃがよ♪」と出してくれるんですから。

あなたはこれを楽しいと思えますか?


3.金


最後に生々しいモノが出て来ました。
そう、お金です。

お金って、特に国際結婚だけに必要って訳じゃないのでは?
と突っ込んだあなた。

甘い

お金がないと国際結婚出来ない訳じゃありません。
が、お金がないと確実に困るシーンがあります。

そう、帰郷です。

さすがに外国行きですからね。
大抵、国内の移動よりお金がかかります。

故郷を捨ててきたって人以外、たまには実家や故郷に帰りますよね。これは、必須の経費です。

頻繁でなくとも、数年に一度は海外航空券を買わなければいけない。家族に急変があれば、値段にこだわってもいられません。

他にもビザの手続きや諸々。日本人同士の夫婦では発生しない費用が必ずかかるので、生活苦、カツカツ貧乏暮らしでは国際結婚は厳しいでしょう。



以上、国際結婚に重要な3つのモノ、でした。
こうして書いてみると、やっぱ国際結婚でなくても、結婚全般に当てはまりそうな気もしますね。