ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

外国人は果物がお好き

f:id:yanmei:20160902084039j:plain


ヤンメイ妻は果物狩りが大好きです。結婚まではあまり経験がなかったのですが、初デートでイチゴ狩りに行って以来、ぶどう、さくらんぼ、みかん、桃と色々狩ってきました。イチゴに至っては、シーズンには月に一度は訪れるペースです。

妻曰く「狩りが出来るところに住みたい」そうで。山梨や長野辺りが移住先に検討されています。まぁ、北海道に行けば小樽に、沖縄に行けば石垣にと移住希望先は変わるので、妄想くらいは自由にしてもらっています。

中国人は果物が好き

ただ、この果物好き、別に妻だけのものではなく、中国人全般の傾向みたいで。妻の実家の近所にはやたらと果物屋があります。

日本でも果物屋といえば千疋屋さんとか高野さんが有名ですが。町で普通に果物を買うのは、八百屋であったりスーパーであったり。昨今、近所で果物屋さんってあまり見なくなりました。

対して、果物屋がたくさんあるってことは、それだけ中国人は果物を食べているということ。別に安い訳じゃないんですよ。食べ物が全般に安い中国においても、果物はそれなりの価格です。それでも、皆が買うから成り立つんでしょうね。

というより外国人は果物好き

今、ふと気になってググッたところ、日本人の果物消費量は少ないんですね。世界平均より3割少ない。中国、アメリカは日本の倍は食べてます。なんだ、中国人が特に果物好きとかではなかったのか…上には上がいますね。

でもやはり、中国では日本と比べ、果物の種類が豊富です。日本ではマイナーだったり見たことのない果物がたくさんあります。楊梅、ドラゴンフルーツ、龍眼、etc。

楊梅はヤンメイと読み、日本語だと山桃。関西では食べられているけど、全国的にはマイナーでしょうか。

f:id:yanmei:20160902084105j:plain

ドラゴンフルーツも日本の物とは味の濃さが段違い!なんでこんな薄ボンヤリした味の物を好んで食べるのかな、程度の認識だったのがガラリと変わる美味しさ。

龍眼はさくらんぼ大で、皮を剥くとライチみたいな白い果肉がみずみずしい果物です。(写真が悪いせいであまり美味しそうじゃありませんが・・・)

f:id:yanmei:20160902093610j:plain

絶賛、ミニマンゴー!

しかし、ヤンメイが杭州でこよなく愛し、日本への輸入を心待ちにしている果物ナンバーワンはミニマンゴーです!未だ日本では見たことないのですが。味はマンゴー、サイズはビワの優れものなんですよ。

f:id:yanmei:20160902092239j:plain

包丁いらずで手で皮が剥ける上に、種は薄っぺらなのでとても食べやすいんです。普通のマンゴーが3枚に下ろさないといけない、真ん中の種の周りが食べづらい、のと比べて段違いの手軽さ。しかも、濃厚な味です。

本当、なんで日本で生産、販売しないのか?ヤンメイがそっち系に詳しかったら、絶対日本初の生産者になりたいくらいです。

あったよ、ミニマンゴー

ここまで書いて 、またハタと不安になりググッたところ、ありましたよ、トホホ〜。沖縄や宮崎では作られてるけど、一般にはあまり流通してないみたい。まぁ、ならヤンメイが知らなくても無理はありませんが。

さすがに日本で買うとお高い!1キロ5千円もします。ちょっと気軽には買えない値段ですね。

 

やっぱり、ヤンメイは中国行った時の楽しみにします。杭州では5月くらいからポピュラーに売っていますよ。機会があれば、是非食べてみて下さいね。


その他、果物関連のエントリー。こちらもどうぞ。