ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

中国のお正月料理は春巻

f:id:yanmei:20170105222454j:plain

いよいよ仕事も始まり、お屠蘇気分も抜けてきましたね。

あけましておめでとうございます!
ウチカミ、新年最初のエントリーは、ギリギリお正月に被せて、春巻のびっくりするお話。

中国におせち料理はない

当たり前だろ!?というツッコミが聞こえてきそうです。おせち料理、といういい方が悪ければ、お正月料理と言い直してもいいのですが。

中国人はお正月に爆竹を鳴らして盛大に祝う、なんて風習は聞いたことのある日本人も多いと思います。ですが、そのお祝いの席にはおせち料理のような定番って、実はないんですよ。


ヤ:中国ってさ〜、お正月は必ず食べるものとかあるの?


妻:別にないよ。好きなものを食べるんだよ!

そうですか。思い思いに好きなご馳走を並べるんだね。分かる気がするわ、そーゆー型にはまらない中国式。

実はおせちのルーツは中国に?とか思って聞いてみたんですが。そんな、事実はないようです。

中国定番の正月料理

とはいえ、正月と言えばこれだよね、というお料理があるにはあります。

それが、何を隠そう春巻なんです!
って、もうタイトルバレしてて、隠れてないですけど。

中国のお正月を春節というのですが。その春節に食べるから春巻なんだとか。ちなみに、時期が違うので、日本で定番的に入ってるタケノコは入ってません。

というより、かなりバリエーションに富んでいて、定型すらありません。我々日本人が考える春巻と本場中国の春巻は違うもの、と捉えるほうが正解かも知れません。

カオスな中国の春巻

一応、日本人が知ってるスタイルは定番なのですが、インド料理のサモサみたいに三角なのもあります。味も、しょっぱいのや辛いのや色々です。

そして、我々日本人にとって衝撃的なのは、


甘い春巻があることです!!

甘い春巻ですよ?
これってかなりの破壊力だと思いません?

ヤンメイ、しょっぱいと思って食べた春巻が甘かったら、かなりショックだと思います。醤油なんかつけちゃった日にはショックも倍増ですよ。しかも、ヤンメイ、春巻はカラシとお酢派なので、さらなる悲劇の予感です。

味のダブルスタンダード

ただ、甘いバージョンとしょっぱいバージョンがあるのは春巻に限らないんですよね。

肉まんとアンまんは両方が有名ですが、以前のエントリーでもお話した、月餅も日本のおやきみたいにいろんな味があって、日本でメジャーなあんこだけでなく、ザーサイと肉を炒めたのとか、様々なしょっぱい系のバリエーションがあります。


これらも、知らないで向こうで出会うとびっくりですね。

でも、実は中国人もびっくりしています。なんで日本って甘い月餅しかないの?って。

見えているものだけ、自分の知っていることだけを基準に判断するって、実は危なっかしいことですよね。

そんな、国際結婚夫婦ならではのネタを色々発信していきますので、今年もウチカミをどうぞよろしくお願いします!