読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

家族の特典航空券をマイルで取ったよ

f:id:yanmei:20170510213654j:image

今年は子供が幼稚園に入ったので、長く休ませての実家帰りを避けようと、また義母に来てもらうことにしました。

ヤンメイ、有効期限の近いマイルがあったので、義母のチケットをマイルを使った特典航空券でとってみました。ANAのやり方しか分かりませんが、メモ代わりに記録しておこうかと。

今回は、ニッチな家族の特典航空券を取る手順のお話。

中国人の親族の来日には特典航空券がお得

いや、正確には中国人の親族に限らないのですが。つまり、中国から来日して、中国に帰る往復便を取るのに、特典航空券がとてもお得だ、という話です。

マイラーなら当たり前の話ですが、特典航空券は国内線より国際線の方がお得度が高いです。例えば、この5月に東京ー大阪の往復チケットを取るには、12000マイル必要です。現金で買うとANAで24000円くらいです。LCCならば10000マイルですが、チケットを買っても10000円前後なのでさらに旨味はありません!

ところが国際線航空券は羽田ーソウルの往復チケットも大阪と同じ12000マイルで取れます。買うには33000円からかかるので、大阪行きよりはるかにお得です。

特に、ヤンメイ家が利用する杭州ー成田便のように、マイナー路線で選択肢がANA一択の家庭は更にお得度が増します。金銭面もそうですが、特典航空券は期間内であれば何度でも便の変更が可能なので、外国から来る家族の急なアクシデントにも対応し易く、本当にオススメです!

過去のアクシデントのお話はこちら

家族のチケットはマイルで取れる

ヤンメイ、ちまちまマイルを貯める陸マイラーですが、実はまだマイルを航空券に変えたことがなく。去年は妻のマイルを使ってたので、自分でやるのは初めてだったんですよ。

この図のように、自分を含めた二親等以内、つまり自分の祖父母(義理を含む)と孫まではチケットが取れます。

f:id:yanmei:20170510233344j:plain


事前の登録が必要ですが、登録さえ済ませれば、すぐにでも特典航空券が取れるようになります。

特典利用者登録をする

登録方法は簡単です。
ANAのサイトからマイレージクラブにログインし、マイメニュー→ご家族の利用→特典利用者登録と進みます。(この機能はPCからしか利用出来ません)

そこで、氏名、続柄、生年月日、性別を記入して、登録すればオッケー!

特典航空券を取る

特典航空券を取る手順自体は、普通にANAでチケットを買う時と変わりありません。ANAのサイトから国際線→空席予約から行先と日にちを決めて便を選ぶだけです。(この機能はスマホからでも利用できます)

思ってたより簡単にチケットが取れました。違いは事前登録だけですね。

ちなみに、今回は行きがローシーズン、帰りがレギュラーシーズンで往復18500マイル+諸費用5240円でした。

これ、杭州→成田、成田→杭州でチケットを取ると、91600円+諸費用です。これが成田→杭州、杭州→成田だと205000円+諸費用です。経路は同じなのに、順番が違うだけで、すごい差ですよね。マイルだと同じなんですけど。

もちろん、安い時期を選べば航空券の値段も変わりますが、ざっくりこの差!


24,000円   = 12000マイル (東京-大阪)

205,000円 = 18500マイル (東京-杭州)


マイルは国際便で使うのがお得!というのが分かります。


ともあれ、そんな訳でもう少しでお義母さんがやってきます。次の休みは大掃除だなぁ。以上、マイルで家族のチケットを取ったお話でした。