ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

在日中国人の渡米、ESTAはどうするの? 〜子連れハワイ旅行記①~

 f:id:yanmei:20171015212536j:image

ただいま〜!弾丸ハワイツアーを終えて無事帰国しました、ヤンメイです。はい、短期間の旅行ではありましたけれど、色々ありましたともさ。

その筆頭が出国手続き。


をいっ!

そこからか!?

温かいツッコミありがとうございます。はい、そーなんです。出だしからつまずきましてね。本当、ドキドキしました!!

今回は、日本人の米国行きの必須手続きESTAと中国人版ESTAについてのお話。

ESTAとは何ですか?

俺海外とか全然興味無いし、って方には全然関係ない話になりますが。日本人が外国に行く際にはビザという書類が必要になります。厳密には何国人でも外国に行く時には必要なんですけど。まぁ、ざっくり入国許可証だと思って下さい。

で、我々日本人は世界的にも信用があるのか、多くの国に旅行などで短期間入国する際には「ビザはいらないよ」との特別扱いを受けています。ですが、アメリカは、そういうビザを免除する対象国の人の渡航にESTA(エスタ)という手続きを義務付けています。

つまり、「アメリカに入国したいならビザはいらんけどESTA申請しろ。ネットで手続き出来るから、きっちり個人情報よこして14ドル払え」と言ってる訳です。

この手続きをあらかじめ済ませておかないと、アメリカに入国出来ません。というか、出来ないはず。恐ろしくて、ESTA申請をせずに渡米したことないんで、出来る出来ないはわかりませんが。

もちろん、ヤンメイと娘は事前に手続きを済ませました。

妻?妻はビザ免除対象国の人ではないので、すでにビザを持ってるんですよ。なので、準備万端で空港に向かいました。

えっ?ESTAなし入国?

17時に家を出て、19時前に空港着。夕方の首都高は少し混みます。

で、受付時間早々にチェックイン手続きをするヤンメイ一家。自動チェックイン機で手続きを進めると、ヤンメイの手続きだけが済み、他はなにか問題があるのか、カウンターで手続きをするように、という表示。

「なんだよ〜、使えない機械だな〜」とブツブツ言いながらカウンターへ。なんか時間かかりそうなので、妻子は夕食をとりに行かせました。

すると、「お嬢さんのESTAに問題があるかも。申請はしていますか?」と恐ろしい質問。

は?
いや、ヤンメイと同時に取ってるし!!

「でも、最近のESTA申請の記録がありません」



???


慌ててメールの履歴から申請番号を見せます。待つこと数分。

「こちらの情報で申請されていましたが、お嬢さんのパスポート番号のアルファベットが逆になっています。つまり、申請されていない、ということです」


ご〜〜〜ん!!

終〜了〜っ!!


えっ!?マジ、マジ??
これって、一文字前後になってるだけじゃん?って、現地で交渉の余地は…

「ありません」

ESTAスピード申請

えっ!?じゃあ、どうすれば!?

「今から申請することは可能ですが、すぐに申請が通るとは限らないので、最悪手続きだけして見切り出国。到着時に許可が降りていないと、入国出来ずに帰ってくる可能性も…どうしますか?」

…手続きお願いします。。。
とはいえ、その場でANAさんのiPad借りて、自分で申請するんですけどね。

で、難しくはないけど、英文の手続きをチマチマiPadで進めました。で、全ての記入を済ませて、いざ決済!というところで、余計なボタンを押してしまい。iPadの画面が切り替わってから戻せなくなりました。

カウンターのANA嬢もお手上げ。またも最初からやり直し。出国時間は刻々と迫ります。で、またも全ての記入を済ませて、いざ決済!のボタンを押すと。

 

「このパスポートは手続き中です」とか出てきてしまい。


あぁ、そうだよ!

手続き中だよ!!

でも、その手続きを進められないんだよっ!!!

どうすりゃいいんだ〜っ!?

使えないサイトの仕組みを恨んでも何も進みません。またもANA嬢の力を借り、あーでもない、こーでもない、と試行錯誤。なんとか決済画面に戻してもらい支払いを済ませました。

ほっ!!

めっちゃ、手汗かきました!解決はしていませんが、一歩前進です。あとはハワイ到着までに申請が通ることを祈るだけです。着くまで降りられるかどうかわからない。こんな、リアルアメリカ横断ウルトラクイズみたいな目に遭って渡米する人、他にいるんでしょうか?


いやいや、事態はこれだけでは済まなかったのです。

在日中国人の渡米にはEVUSが必要

実は、このバタバタの最中、カウンターでは、もう1つの事態の確認が行われていました。奥さんのEVUS(イーバス)についてです。

EVUSってなんだよ?

これは、まぁ中国人版のESTAのようなもの。先にも書いた通り、在日中国人であるヤンメイ妻は米国の10年有効期限ビザを持っています。何度目かの申請時、期限が切れる前に「どうせなら長いやつを」と申請したまま使ってなかったのですが。

昨年ルールが変わり、10年期限のビザを持つ中国人は、ビザとは別に、渡米2年毎にEVUSという手続きが課されることになっていました。

で、ヤンメイもヤンメイ妻もそんなこと全然知らなかったのですが、とにかく、妻も必要な手続きをしていない、EVUSを申請していない、ということが明らかになり。

カウンターのANA嬢さんは、この場で申請が出来るのか?それが短時間で許可されるのか?を調べてくれていたのです。


で、結果は大丈夫!

手続きをすれば、EVUSはすぐに許可が降りることが判明。ですが、カウンターにはタイムリミットが指示されており、残り10分で手続きを済ませる必要が!!

これもまた、慣れない英文での入力を進め、最終入力を済ませたのがリミット3分前。

いや〜、焦った!!

こんなにヒヤヒヤ、ドキドキする出国手続き、初体験でした!!

ありがとうカウンターのお姉さん!

この妻のEVUS申請が通ったかどうかはその場で判明しまして、入国オッケーとなりました。

この時点で、娘のESTA申請が通ったことも確認出来、ヤンメイ家、晴れてハワイの土を踏む資格を得ました!  パチパチパチ!

ようやくハワイツアースタートです!←やっとか!?

カウンターのお姉さん方の粘り強いサポートのおかげですね。ありがとうございました!お手数おかけしました!

ちなみに、全ての手続きが終わるまで荷物を預けることが出来ないので、手続き完了後、ANA嬢と妻がダッシュで荷物を預ける場所までスーツケースを持って行ってくれた、というANAのスタッフさんの献身もここにお伝えしておきます。

(ヤンメイは娘を抱っこして成田一番端の搭乗ゲートまで走る、という任務あり) 

結論

ESTAとEVUSは当日申し込みで充分間に合います。

これ本当分かりません。すでに申し込んであったからなのか、過去に申請を通っているからなのか、誰でも当日その場で大丈夫なのか。

でも、そんな賭け、する価値全然ないですからね!

ESTA申請は自己責任です。ヤンメイのように間違えずに、パスポート番号はしっかり確認しましょう!

というのが今回の結論です。


こうして、めっちゃ疲れる出国手続きとなったハワイツアー。結果をいうと、この後これ以上のトラブルはありませんが、お暇でしたら続きもお楽しみ下さい。

 

お得なタクシー、Hanaタクシー ~ハワイ旅行記②~ 
シェラトン プリンセス 宿泊感想 ~ハワイ旅行記③~
ホテルのカードキーをなくしたら? ~ハワイ旅行記④~
LeaLeaトロリーでダイヤモンドヘッド巡り ~ハワイ旅行記⑤~
実録!VELTRAのノースショア半日バスツアー ~ハワイ旅行記⑥~
ハワイは是非履きなれたサンダルで! ~ハワイ旅行記⑦~

 
《あとがき》


余談ですが、妻のEVUSは 2017年10月現在、手続き費用は無料でした。ですが、将来的にはESTAのように2年期限でその都度申請費用を払う形に移行していく、とのこと。くわしくは、米国大使館の公式サイトからどうぞ。

ちなみに、二重に行なったヤンメイ娘のESTA申請費用は当然戻りません。アイヨ~!