ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

中華航空のトラブルをチャンスに変えた浅イイ話

f:id:yanmei:20171216235731j:image

昨日の泥酔日本人が台湾の飛行機を引き返させた、というエントリーの舞台となった中華航空。無法日本人への温情措置もそうですが、とっても良い航空会社です。

台湾リピーターにも愛されていると思うのですが、ヤンメイも良い思い出があります。ちょっと思い出したので、浅イイ話ですが皆さんにもシェアしますね。

中華航空のCAさんの心遣いに震えた!というお話。

トラブル発生

これは、数年前のハワイ便でのこと。成田ーホノルル間、中華航空だと安いんですよ。多分、台湾から日本で乗り継ぎをするんでしょうね。そんな便にヤンメイ夫婦乗っていました。

機は順調に飛び立ち、ベルト着用サインも消え、じゃあ、少しイスを倒そうか、としたところでアクシデントが。


あれ?なんかイス倒せないんですが?


しばらくガタガタしてみたけれど、一向に角度がつきません。仕方なくCAさんを呼ぶことに。手を挙げると程なくやって来てくれました。

席を倒せない旨を伝えると、ニッコリ笑ってCAさんがトライしてくれました。ましたが…事態は変わりません。イス、ぴくりとも動かず。

CAさんもバツが悪そうに、
「大変申し訳ありませんが、シートの故障のようで倒せません」と。


これを聞いてヤンメイ、がぜんテンションが上がりましたよ!

え!?
なんでかって?

チャンス到来か?

聞いたことがあるでしょうか?

ダブルブッキングが出た時やどうしても並びの席が必要な人がいるなど、航空会社の都合で席を譲ってあげる時に、席のアップグレードをしてくれることがあると。

実際、ヤンメイの周囲には数人、エコノミーからビジネスに変えてもらったラッキーな経験者がいます。

噂に聞いていたその待遇がついにヤンメイにも!

そんな期待を抱きつつ、表面的にはおくびにも出さず「じゃあ、どこかに席替えするようですか?」と、内心腰を浮かせながら尋ねてみると。

「申し訳ありませんが、当機は満席で代わりのお席がないのです。本当に申し訳ございません」


えっ!?


それって何?ホノルルまでノーリクライニングってことですか!?


おいおいおい…

砂糖の後の塩はしょっぱい、じゃないですが、なまじビジネスクラス初体験を想像してしまったので、エコノミー以下のノーリクライニングには結構ショックを受けました(笑)。

ちなみに、後ほどとっても申し訳なさそうにCAさんがハーゲンダッツのバニラアイスを2つ持ってきてくれました。シートの倒れる妻の分も。

通路を挟んだ事情を知らない隣のおばちゃんは「えっ!?兄ちゃん、それどこで買ったの?オバちゃんも欲しいわ」と。倒れない席と引き換えにもらったんで、席交換する?と尋ねたら手を振って断られました。そりゃそうだね。

でも、実際、あのホノルル便で一番席が倒せなくて困らないのはヤンメイだったと思います。というのも、整体の先生から飛行機での疲れない座り方を教わっていて、それはリクライニングをしないスタイルだったので。元々、ほとんど倒す気なかったんですよね。

いや、実際、8時間寝る時もノーリクライニングで過ごしましたけど?

元気でした!

で、これのどこが浅イイ話になるのか?それは帰りの便にストーリーがあるのです。

まさかの再会

1週間後、ハワイで仕事もバカンスも堪能して帰る便に乗り込んだ時のこと。

席にCAさんがやって来て「今度の席は問題ありませんか?」と尋ねるのです。


???

何言ってるのこの人?


バカンス脳ですっかり来る時のアクシデントの記憶をなくしていたヤンメイですが、CAさんの顔に見覚えが!

そう、行きの便で対応してくれたCAさんだったのです。偶然同じ便に乗っていたようなのですけど。ヤンメイはすっかり忘れていましたが、向こうはちゃんと覚えていて、わざわざ気にして声をかけてくれたんですね!!


スゴい! 素晴らしい心遣いです!!

ちょっと凄くないですか?



この一件でヤンメイ家はすっかり中華航空のファンになりました。

むしろ、元々はアクシデントでマイナスになっていた印象(すぐ忘れちゃったけど)が、この件のせいでプラスの好印象ですよ!ちょっとだけイイ話っぽくないですか?

もちろん、帰りはなんのトラブルもなく(アップグレードもアイスのサービスもなく)、無事帰ってきました。

ちなみに、中華航空は台湾の航空会社で中国の会社ではありません。スタッフも日本人が結構多く、ヤンメイに対応してくれたのも日本人CAさんでした。果たして、ヤンメイへの態度はマニュアルではなく、CAさんの個人的心遣いだとは思うのですが。中華航空の株も一緒に上がりました。


以上、中華航空のCAさんの心遣いが素敵だった、というお話でした。