ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

中国がスゴい!が本当過ぎて憂国してしまった 〜杭州旅行記①

4年振りに杭州に来ています。そして、その変化にびっくりしたり、納得したりしています。

ヤンメイは妻が中国人なだけあって、比較的親中的な立場です。ですが、これはなんでも中国の肩を持つとか中国を持ち上げる、とかではなく、フラットに中国のスゴいところとダメなところを見ることが出来ている、と自分では思っています。

で、今回思ったのは、中国と日本の差が色々な部分でなくなっているな、アドバンテージも大分なくなっているぞ、という日本人としては残念な実感です。

例によって数字の裏付けとかないんですけどね。今回は、一人の日本人が久々に帰国した中国人(ヤンメイ妻)と一緒に案内されて見た、中国杭州の現状についてのお話。

日本の良さってなんだろう?

残念ながらこの答え、ヤンメイはよく分かりません。ビジネスの世界ではUSPとかいうんですか?他と違う良さ、売りのことだと理解してるんですが。まぁ、就活じゃあるまいし、なかなか自分の良い所って分かりませんよ。

でも、かつて中国人義母から「日本は清潔で静かで空気が良い」と褒められてその気になっていました。確かに、ヤンメイが経験していた中国は雑然としているというか、騒然としているというか。まぁ、静かとかキレイな印象ではありませんでした。それと比べると、日本は静かで清潔で綺麗なのかな?と。

いやいやいや、とんでもないですよ?中国が雑然、騒然としていたのは昔の話でした。といっても、わずか4年前の話でしかないのですけど。いつの間にこんなに変わったの?ってくらい変わっていました、杭州。

清潔で静かで広い?

杭州は現在、中国の中でも重点的に成長戦略が行われている都市だそうです。国のトップである習近平が杭州に縁があるので、そういうことになってるらしいです。

え〜っ⁉︎とか驚くことではないです。新潟人の田中角栄のお陰で新潟も凍らない道路と高速道路を手に入れてますからね。そういうの、政治の世界ではありなんですよ。

で、そういうトップダウンの成果か、杭州の発展はスピード感のある中国の発展の中でも群を抜いて早いです。街の中心部の通りは日本では落ち目の大型百貨店が数多く並び、ショッピングモールも大規模なものがそこかしこに作られています。

f:id:yanmei:20180325214907j:image

f:id:yanmei:20180325214906j:image

その中のとあるエリアの写真です。表参道とか銀座と比べても見劣りしない景観じゃないですか?ゴミもなく、痰を吐く人もなく、清潔でお洒落なカフェでしょう?

食事をしたレストランも高級感があり、お客さん達もみんな静か!これにはヤンメイびっくりしました。客層なのかTPOなのか、「中国人=騒がしい」の図式は完全に崩壊です。

変な話、トイレもTOTOとか使ってて、完全に見た目も同じですからね。f:id:yanmei:20180325215120j:image

それでいて、街並みは広々としてゆとりがあります。清潔で静かでお洒落な点では大差なく、街が広々ゆったりとしていたら、無理に観光地として日本を選ぶ必要ないじゃん!?

ヤンメイ、日本人として日本の将来に危機感を覚えましたよ。

食べ物が美味しい?

日本ならでは食べ物って、好き嫌いが分かれると思うんですよ、外国人の。だからそこは置いといて。

今回、衝撃を受けたのは洋菓子ですよ。これのレベルが半端なく上がっています!いや、伝聞では2年前に帰郷した妻から聞いていましたが。今回はヤンメイが実食出来ました。

先程のお洒落なカフェの近くに、中国人富裕層に人気のケーキ屋さんがあります。

f:id:yanmei:20180325215931j:image

ヤンメイ、男のくせに甘い物は結構好きなので、都内の有名パティスリーのケーキも色々食べておりますが。こちらはそれと比べても遜色ないどころか、ここでないと食べられない美味しさのショートケーキがありました。ついぞ日本で味わったことのない、軽さとコクを両立した美味しい生クリームに感動しました!杭州に来たら、これを食べるためにこの店に寄る価値が充分あります!

f:id:yanmei:20180325220628j:image

チョコはすでに並ばれていましたが、ケーキでは抜き去られてしまいましたよ。10年前を思うと隔世の感があります。逆に、半端なケーキをドヤ顔で出したりしたら、むしろ恥ずかしい思いをしますね。「なんだ、日本のケーキは見た目だけだな」と。

おもてなし?

おもてなし、とかもお上は言ってますけどね。これ、観光の現場の人達はどこまでウリだと思ってるんですかね?日本的おもてなしも良いですが、スタッフが英語話せる方が助かる、って外国人、たくさんいると思うのですよ。

これは中国でもそんなにたくさん接客業で会う訳ではなかったですが。でも、意外や中国人も充分親切でした。

ある日、家族であるレストランを訪れました。朝の9時40分に。おいおいおいおい、何飯だ?と思うでしょ。まぁ、なり行きでしょうがなかったのですが。

で、当然店も「やってないっすよ、11時からです」という対応をされました。(朝食対応の店じゃなければ当たり前)でも、まぁせっかく来たし、とお茶を出そうとしてくれるんですよ。これもまた意外でした。一見中国人の接客は無愛想ですが、優しさを感じました。

そもそも、彼らの接客はかなり融通が利くので、あれ、「散歩でもしながら待ちます」と言えば30分くらい早く入れてくれても全然不思議ではないのです。それもまた、良いサービスだと思います。

がんばれ日本!

なんかね、中国を不当に低く見たり、悪く評価したがる日本人もいると思いますけど。現実には並ばれていたり、抜かれていたり、というシーンが色々あることを、今回の杭州行きで実感しています。

ヤンメイ、日本に良い国、力のある国でいて欲しいので。競争するにせよ、協力するにせよ、相手のことを正しく知った方がいいな、と思います。

もちろん、今回ヤンメイが見た中国が全てではありませんけど。力がある、力をつけている、力が伸びている、という中国の現実に対応していかないと、バレーボールではないですが、かつては世界のトップだったけど、研究し尽くされて全然パッとしない存在になってしまいそうで。

 

ともあれ、杭州はお洒落になっていて、ケーキは日本より美味しかった、というお話でした。

 

ちなみに、中国ではネットは繋がりますが、グーグル検索やアマゾンのサービスは使えません。以上、杭州よりヤンメイがお送りしました。


里帰り2018、杭州旅行記はこちらにも

中国のネットは本当に繋がらないのか 〜杭州旅行記②
あなたの中国観を変える最新中国事情 〜杭州旅行記③
中国、変わる街並と住宅事情 〜杭州旅行記④
中国で食べ残しなんてマナーはない 〜杭州旅行記⑤
中国キャッシュレス化の実際 〜杭州旅行記⑥
日本にはない?中国で面白かったこと 〜杭州旅行記⑦
170円カットをしてもらった 〜杭州旅行記⑧
中国の街で見かけた色々 〜杭州旅行記⑨