ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

中国人との付き合い方

f:id:yanmei:20180507230554j:image

外国人から見たとき、日本人は本音を言わない、本心が分からない、とよく言われます。確かにその通りで、日本人は愛想笑いとか社交辞令的お誘いというのがデフォルトになっていて、ほとんど考えずに条件反射的にやってるレベルです。

しかし、じゃあ外国人はいつも本音か?言葉をそのまま受け止めていいのか?と言えばそうでもなく。特に、中国人の場合、ある気をつけるべき本音とタテマエの違いがあります。

今回はそんな、中国人と上手に付き合うコツのお話。

はじめに

今回はいつも通り好きなように書くんですが、実は突っ込み待ちというか、不正確というか。前提として

・ヤンメイがほぼ中国語が分からない

・よって、目の前の会話の内容があまり分からない

・妻に後から事実を確認したことがない

ので、誤解があるのかも知れません。

もし、万が一「いやいやいや、そんなことないから!」とか「ばーか、全然違ぇ〜よ!!」というご指摘があれば是非お寄せいただきたいと思います。では、本編始まり始まり〜。

会計の引き受けあい

そう、押し付けあいではなく、引き受けあいです。中国人はおごりあうが割り勘はしない。といったことは以前も書いていますが。もっというと、会計を引き受けあいます。これは、立場が近い、友人同士の席で時々見かけます。

つまり、「ここは私が払うから」「いやいやいや、私が」みたいなヤツね。まぁ、日本でも時々ある光景です。

ただ、この程度が凄いです。もしかしたら、中国語の声がデカイのでそう見えるだけかも知れませんが。

A:「ここは払っておくね」

B:「いや、いいよ、私が払うよ」

A:「いや、マジほんといいから!」

B:「そんな、ダメダメ!他にもお世話になってるし、ここは私が」

A:「本当、ダメだからそれ。ここは出させて、ねっ!?」

B:「いやいやいや、こっちで払うって!!」

以上、ヤンメイ超訳。

みたいなやりとりをかなりやっております。これは、妻が久々に会う友人だからとか、妻の友人が比較的裕福で金払いが良いのと関係しているのかどうか?ともあれ、日本人だと通り一遍で終わるこのやりとりが、もう少しガチで行われているように見えます。

これは、お会計だけじゃなくて、お祝いのお金をあげるとか、そういったシーンでもこのような熱意のこもった「あげる、受け取れない」の往復を繰り広げています。日本人の形だけお断りします的なあっさり感ではないんですよね。

いらない?あっそう、はダメ

また、他のシーンでは、少し変形したパターンもあります。例えば、美味しいお菓子があったとして。妻ががそれをヤンメイに勧める時。

「これ、美味しいよ。食べない?」と誘われた時「いらない」と断っても、簡単に引き下がってはくれません。「いや、本当美味しいから、ちょっと食べてみて、ひと口!」と食い下がってきます。

これは、習慣なのか考え方なのか。ヤンメイがマネするのは結構難しいです。ヤンメイもかなり素直に生きてるので。いらない時は本当にいらないので、よもや「いらない」という人に更に勧める選択肢はないのです。

ある意味、これは意識力の差、と言えるかも知れません。勝負ではありませんが、「これいいから食べさせよう!」という気持ちが強いといいましょうか。心から勧めたいので、相手の拒絶を上回るんですね。あくまで主体は自分。この辺が外国人っぽいです。

これをこのように褒めている人もいます。

ヤンメイも素敵だと思いますが、中国人をこのように褒める人、あまり見ないよなぁ。似てると思うんですけどね。

まぁ、それは余談。勧める以上、断られてもまだまだ勧める、というのが中国人の基本な気がします。

日常、三顧の礼

これ、日常のところどころで顔を出します。意外にやっかいです。というのは、ちょっと勧めて断られても、それは本心じゃなかったりするから。

社交辞令的、というのでしょうか?中国人は提案を本心ではなく断ることがままあります。奥ゆかしいのかなんだか知りませんが。え〜い、面倒くさい(笑)。本音で生きる民族なんじゃないの?とつっこみのひとつも入れたくなります。

でも、「三顧の礼」じゃないですが。様式美というか、そうしたスタイルが根付いているんですよ。なので、劉備よろしく再三お誘いしないとダメなことがあります。これは異文化の特性として学習しないといけません。

具体的には、休日に遊びに行く時。妻が「あなたは疲れてるし、ゆっくりしてたら?私達だけで遊びに行くよ」というオファーがあっても。うっかり乗ってはなりません。

いや、これは本心ではあるのです。でも、人の心は矛盾した思いを同時に抱えるので。

旦那は休ませてあげたい、という優しさがまずあります。でも、せっかくの休日だし一緒に出かけようとか、日曜も休みなく私だけずーっと子供の相手か?とか、色んな感情が同時に存在するはずです。ここで、都合良く自分のことだけを優先するのはバツ。

とはいえ、「いやいや、それは大変だし◯◯に行かない?」と誘っても「いいよ、大丈夫!うちでゆっくりしてて」と返されるのがオチです。ここから提案を変えながら、2度3度と諦めずオファーを出し続けると、ようやく「じゃあ、そうまで言うなら…」と心が傾きます。

これ、お出かけだけじゃありませんよ。プレゼント、買い物、旅行の予定、etc。ヤンメイも未だに全然出来ておりません。最近も、良かれと買ったプレゼントを「全然不要、むしろ無駄遣い!」と怒られたり。単に、いつもより強めに押せばいい、と言うものでもないのが難しい。

とは言え、中国人には「断られても、日本人よりもう少し勧める、誘う」というのが基本姿勢のように思います。どうですかね?他の中国人とカップルの皆さん。


そんな、中国人とのお付き合いにおけるコツについてのお話でした。