ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

宮古島で必ずウミガメに会う方法 〜子連れ宮古島旅行記④

f:id:yanmei:20191210102515j:image

ツアーに参加せよ!

 

以上。

 

いやいやいや、なんか投げっ放しな感じですけど、本当これなんですよ。ウミガメと会えますよ、というのをウリにしているツアーに参加すると、恐らく亀に会えます。(ソースは俺)

今回、泳げない&初シュノーケリングという妻子を伴って宮古島でシュノーケリングツアーに参加したら、ものすごく快適で良い想い出ができたので。そんな体験を全力でご紹介する口コミのお話。

ウミガメと泳ぎたい

今回、宮古島に行くにあたり、大きな目的の1つが「ウミガメに会う」ことでした。以前のハワイ旅行で、高確率で「ウミガメと会える」というビーチですれ違っていたので、なんとしてもリベンジしたかったんですよね。ハワイの仇を沖縄でとる!というヤツです。←違う

それで、ウミガメと会えることを売りにしているシュノーケリングツアーを探してみたところ、こちらのブログシュノーケリング専門店 海Umiさんを紹介していて、とても気になっていたんですよね、7月頃から。

それで、シャワーを借りた時のバスタオルレンタル無料というエサ特典に惹かれて、LINEで友達登録をして、ツアーの空きとかを確認してみたんですよ。

夜中でもレスは早いし、お返事も丁寧だし、とても信頼感がありました。で、そんな中で6才の幼稚園児も参加可能かを問い合わせたところ、未就学児の参加は貸切りプランでならお受けできますよ、とのお返事で。

ちなみに、こちらの会社だと、ウミガメと泳ぐシュノーケリングツアーは1人6500円(子供同一料金)ですが、貸切りはさらに5000円追加です。子供料金は割引の会社さんもあるし、即決はせず、色々探してしまいました。

でもね、何社か見てみると、写真のクオリティが全然違うんですよ。こちらのツアーはシュノーケリング中の写真をばっちり沢山撮ってくれるのがウリの1つなんですが、その写真が本当にキレイ!

f:id:yanmei:20191210102429j:image

加工の有無とかヤンメイには分かりませんが、加工しているにしたって、海さんは他のどんなツアーより写真へのこだわりが感じられました。つーか、こんな写真撮って欲しい!と思わせます。写真重視のヤンメイ妻もこれなら納得だろう、と結局は海さんにお願いすることにしました。

妻は安い他社でもいいかな?と思っていたようですが、結果的にこの選択は大正解でした!!

海Umiのシュノーケリングツアー

そんな訳で、海Umiさんでのシュノーケリングツアーを口コミしますよ。

シュノーケリングツアーの流れ

約束の時間に宿までピックアップに来てくれて(宿の場所による)、その後事務所で器材のサイズ合わせやレクチャーをしてくれます。

料金にはシュノーケリングセット一式とライフジャケットのレンタル代も含まれます。ウェットスーツは上下500円づつで別料金ですが、ちょっと寒いかな?と大人は上着だけ借りました。

f:id:yanmei:20191210101709j:image

さて、海に着いたらひたすらガイドさんについて泳いでいきます。メインの目的は亀なので、お魚のいる浅めの場所からどんどん進んで行くと、亀とご対面!

とは言え、これは偶然ではなく、すでに他のスタッフさんが先回りして亀のいる場所を見つけてくれており、ガイドのスタッフさんがそこに合流するからこそ出来るわざなのだと思います。

f:id:yanmei:20191210101910j:image

亀はそこまで警戒心はなく、周りを泳ぎまわっても逃げたりしないので、先行スタッフさんがかなりグルグル動き回って、亀とのツーショット(?)を様々な角度から沢山撮ってくれました。

f:id:yanmei:20191210102142j:image

結構長い時間、亀との遊泳を楽しんだ後、また岸に向かって泳いでいきます。途中にはクマノミとイソギンチャクのいる場所にも立ち寄り、充実のシュノーケリングタイムが過ごせました。

f:id:yanmei:20191210103043j:image

タオルでざっと体を拭いたら、その場で器材を返し、シートの敷いてある車に水着のまま乗り込んで宿まで送ってもらえます。必要な方は事務所に戻ってシャワーを借りることも出来るみたいです。

一連の流れは大体こんな感じ。

当日中にLINE経由で120枚近いお写真をいただきました。仕事も早いし、キレイな写真ばかりでヤンメイ妻も感動していました。

子連れシュノーケリングは貸切りにせよ

今回、何より有り難かったのは、貸切りツアーにしたことです。いや、もうそもそも、参加人数の関係かヤンメイ家の貸切りなんだけど、さらに子供を専属で見てくれるスタッフさんが付くんですよ。

これが本当に素晴らしかったです。ライフジャケットに浮き輪をつけて、基本的にはスタッフさんが曳航してくれます。もちろんヤン娘も泳いでるんだけど、泳力不足分を補ってくれていました。

f:id:yanmei:20191210102322j:image

慣れている人ならまだ家族を気遣う余裕もあるんだろうけど、基本的にヤンメイはちょっと泳げるだけの海素人ですからね。泳げない、初シュノーケリングの妻に加え、娘までなんてとてもケア出来ませんよ。(実際は妻も途中からもう1人のスタッフさんに曳航されていた)

もう、完全に丸投げです。その彼女が励ましたり笑わせたりしてくれて、ヤン娘も無事ツアーを泳ぎきることが出来ました。まだ、浮き輪がないと泳げない娘ではありますが、大人と同じツアーを泳ぎきったことは、すごく自信になったみたいです。

特殊技術を持つ専属シッターさんを雇うのに別途5,000円はとても安いと思いました。まさに安心と安全を買った感じです。

一応、ツアーとしては未就学児には貸切りガイドを付けてのご案内、となっていましたが。泳力とか体力とかの問題で、やっぱりこの配慮は本当に必要だと思います。

あと、子供が参加できるツアーは色々あるかもしれないけど、やっぱり6才以下は体力的に正直厳しそう。あまり泳げない子だと浮き輪にハマって引っ張られるだけかなぁ。それも楽しいのかも知れませんが。

ちなみに、ヤン娘はツアー終盤にどうしてもマスクが痛くなってしまい、マスクは外して箱メガネ(底が透明な箱)で海を見せてもらっていました。万が一に備え、箱メガネまで持ってきてくれてるんですよ、海Umiのスタッフさん。ありがたいですね。

f:id:yanmei:20191210103650j:image

ツアーの正直な感想

ウチカミはブログ開設以来、様々な物やコトをご紹介して来ましたが全部ガチです。利益供与は一切拒んではいませんが(笑)、真っ正直に赤裸々に書いています。結果的に営業妨害になっちゃう記事もあったかもですが、100%本音の感想です。

で、そんなガチブロガーが言います。ツアー満足度は100点です!もう、大満足!!

3人で25,000円ほどのツアーでしたが、お値段以上にとても価値のある体験が出来ました。

ウミガメは本当触れるくらい近くにいるし、海は本当にキレイだし、妻も子供も新境地を味わったし、いいことづくめでしたね、シュノーケリングツアー。

ヤンメイ達は家族でシュノーケリングとか初めてでしたし、宮古島自体も初めてでしたし、良いガイドをしてもらえて本当に楽しかったです。これ、初体験が悲惨だと嫌いになっちゃいますからね。まずは順調なスタートを経験できて良かったなぁ。

初めてシュノーケリングをしよう、とか、しかも子供がいる、とかだったら、海Umiさんにお世話になるといいです、本当に。

蛇足

最後にちょっとネガティブ話を。っていうか、ヤンメイ的盲点だったのですが。

シュノーケリングって、やっぱり泳ぐんですよ。今回のシュノーケリングツアーも40分はゆうに泳いでいたと思います。基本、ライフジャケットで浮いてるんだけど、それでも亀スポットまで泳ぎ、さらにウミガメと泳ぎ、帰りも泳ぐのです。

ということは

 

 

 

疲れたよ。

 

 

 

 

結構疲れるね、シュノーケリング。

 

 

 

やっぱり消費型アトラクションではなく、自分で泳ぐわけなんでね。遊んでるだけなんだけど、陸に上がるとドッシリと体が重いんですよ。正直、宿に帰って昼寝したくなるくらい。海に慣れている人はそうでもないのかも知れないけど。

普通の運動不足のおじさんは欲張って長いツアーに参加したり、一日中シュノーケリングするとかは気をつけて下さい。特に、最終日の帰り便前に設定して、空港からの帰りも運転がある人は大変ですよ。

ヤンメイはその晩お酒を飲んだのですが、10数年ぶりに記憶が吹っ飛ぶ飲みとなりました!

まぁ、楽しいからいいんですけどね。

 

ちなみに、タイトルの件ですが。海Umiさんはツアー中のウミガメ遭遇率100%を謳っています。でも、ガイドを付けない方でも毎回会うという人もいるし、宮古島の海ではガイド必須という訳ではなく、結構な確率でウミガメと会えるのかなぁ、とは思います。以上、そんなウミガメと出会ったシュノーケリングツアーのご紹介でした。

 

旅の始まり、続きはこちらから。

10月の宮古島旅行をヤフーパックで~宮古島旅行記①~
アラマンダコーラルビレッジ宿泊感想 ~宮古島旅行記②~ 
穴場ビーチ!OHAMAテラス~宮古島旅行記③~