ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

函館グルメは函館朝市と自由市場 ~子連れ函館旅行記③

f:id:yanmei:20220408002145j:image


まず、結論から書いてしまうと、市場での食事が最高に素晴らしい!これに尽きます。色々美味しいものは多いのですが、ヤンメイ家では「市場最高〜!」という結論が出ております。

もちろん、それ以外の美味しかったものにも触れつつ、再び函館に行くときの自身への記録兼見知らぬ誰かへの参考資料として、2泊3日の短い旅の胃袋の記録をここに残すものとします。

では、函館旅行で美味しかったもの、美味しかったお店の記録です。

函館朝市は素晴らしい!

きくよ食堂最高!

初回にも書きましたが、ヤンメイ家は朝の早い便で出発したので、8時半には函館空港に到着しておりました。そこからレンタカーを借り、函館朝市に到着したのが9時ちょっと過ぎ。少し遅くはありますが、まだまだ朝ご飯タイムです。

いくつか候補の店を選んでいたのですが、到着日が日曜日ということもあり、市場としての機能はいまいちだったのかもしれません。そんな中、早々に見つけられたのが「きくよ食堂」さんです。

では早速、と中に入るや、ヤン娘は「うに・いくら丼」、ヤンメイ妻は「四種お好み丼」でうに、いくら、ほたて、かに、と朝飯から欲望全開のオーダーです。ヤンメイはというと、まだエンジンがかかり切らないうえに、痛風が怖くて海鮮全開に踏み出せないので、チープにハラス定食など頼んでみました。

結果からいうと、母娘の勝利です!特にうにの美味さが半端じゃありません。いつもはもたもたダラダラ食べているヤンメイ娘ですが、いつもの10倍くらいの速さで完食してしまいました!!

いや、ハラスも美味しいのだけどね。破壊力というかインパクトというか。弓矢と機関銃の差みたいな感じで。弓には弓の長所があるのだろうけど、普通みんな機関銃取るだろうな、と。そんな感じの函館一食目、最初のご飯から大当たりを引いたのでした。

イカ釣りは新鮮喰美

さて、1発目から当たりを引いて気を良くしたヤンメイ妻は、到着早々市場内をお土産めぐりを兼ねて散歩し、到着2時間にして大量のお土産を購入しました。

そうして、ひと通り気が済んだところで、イカ釣りに挑戦します。函館と言えば「イカのまち」なんだそうで。とにかくイカが美味しいと評判ですよね。なので、新鮮なところを食べておかねば!朝市エリアにはいか釣り体験が出来るお店が何件かあります。

たまたま、駐車場から一番近くにあったこちらに「朝ご飯を食べ終わったら来るね〜」みたあな会話していたので。律儀に戻ってきましたよ、ヤンメイ一家!それが、結果的に大当たりをだったようです。

f:id:yanmei:20220408000650j:plain

新鮮喰美さんのイカプール

水槽からイカを釣り上げ、その場で捌いていただくのですが。こちら、新鮮喰美(多分、しんせんぐみと読みます?)さんは、客のテーブルで目の前で調理してくれるんですよ!そういうサービスは新鮮喰美さんだけなんだそうです。(ソースはお店)

 

イカを縦に割きワタを出し、胴体と足(頭も?)を切り離します。

f:id:yanmei:20220408000932j:plain
f:id:yanmei:20220408000815j:plain
テーブルで捌いてくれます

あとは胴体部分を細かく切っていただき、ゲソ、目玉、口(カラストンビ)に生姜を添えて完成!

f:id:yanmei:20220408000952j:plain

あっという間にお刺身に

たった10分前まで生きていた命をありがたくいただきます。これがめちゃくちゃ美味しいです。ヤンメイ史上最高のイカです!胴体もボディ本体とヒレの部分は全然歯応えが違うんですよね。それぞれ美味しい!!ちょっとイカ観が変わります。函館に行ったら必食のものの1つです。

お値段は日替わりの時価で、その日の水揚げ量とかで変わるのだそうで。当日は900円でした。いや、大満足なお値段ですよ。

それにしても、店内ヤンメイ家しかおらず。まん防中の観光地の厳しさを感じました。

おやつはジャガイモ

朝からガッツリ食べていたので微妙にお腹が減らず、夕飯前のおやつとして金森赤レンガ倉庫のコロッケ屋、絶品!!函館コロッケ PATATE HAKODATEさんでコロッケとニョッキを買い食い。

f:id:yanmei:20220408004340j:plain
f:id:yanmei:20220408004424j:plain
アツアツのニョッキ

まぁ、普通に美味しかったですが、絶賛、おすすめ、必食レベルではないかな。いや、北海道のジャガイモ、美味しいですけどね。ニョッキの方がより好評でした。

函館の回転寿司!

函館、回らない高級店が美味しいのはもちろんのこと、回転寿司もとても美味しい!との評判なので期待値爆上がりです。

大体、「函館、回転寿司」で検索すると、函太郎、根室花まる、まるかつ水産、とこの辺のお店が多くのサイトで繰り返し出てきます。なので、ヤンメイ家、初日は函太郎、2日目は根室花まる、と堅いところを行ってみました。

f:id:yanmei:20220408000349j:plain

初日訪問の函太郎さん

結論:普通に美味しかった

 

いや、北海道ということと、朝ご飯が激ウマだったのでハードル上げ過ぎていたんでしょうか?なんの不満もなく、普通に美味しいんですけどね。千葉や静岡で食べる回転寿司を遥かに超える感動があったか、というと同程度でした。それはそれで十分美味しいのですけど。逆に、千葉、静岡もレベル高いんだなぁ、と。

なので、次に行く機会があれば回転寿司ではなく、きくよ食堂さんの系列の居酒屋さんにでも行ってみようかな、というのが素直な感想です。予算の関係で、回らないお寿司、という選択肢はありません(泣)。

穴場、ポロト館!

2日目に行った大沼公園内に、木工体験とかお土産売店とレストランが一緒の建物に入ったポロト館という施設があります。

元々、お目当ての食堂が蔓防のせいかコロナの観光客減のためかお休みで。仕方なく公園最寄りのポロト館の食堂で間に合わせのお昼を摂ることに。すると、何の期待もしていなかったのに、予想以上に美味しいご飯にありつけました!

f:id:yanmei:20220408001047j:plain

地味な見た目と堅実な中身

いや、観光地の場所の良さだけでやっている、一見さん目当ての食堂と侮っていてごめんなさい。いや、ラーメンや焼きそばなど当たり障りのないメニューを頼んだのですけど、普通に美味しいのです!しかも量も充分。近所にあったら、時々ランチに行きたくなるくらいの実力です。正直、嬉しい誤算でした。かなりオススメです、ポロト館‼︎

f:id:yanmei:20220414225748j:plain

味も量も満足な海鮮ラーメン

おやつはやっぱりソフトクリーム

さて、お昼の大沼公園から少し足を伸ばすと、山川牧場があります。やっぱり、北海道に行ったらソフトクリームとか乳製品を食べないといけません。

f:id:yanmei:20220408001130j:image

はい、こちら山川牧場さんも北海道クオリティの期待を裏切らない十分な美味しさでした。ヤンメイはソフトクリーム、妻子はアイスクリームを食べましたが、どちらも満足でした。こうして振り返るとそこまで強い印象ではないですが。

自由市場がとにかく最高!

さて、そんな訳で函館も最終日。帰りの便前に食べるお昼が函館最後のご飯です。ヤンメイ娘はきくよ食堂再訪を熱望していましたが、ヤンメイ妻は自由市場で何か食べたいと真っ向から対立します。

この函館の自由市場というのは函館朝市よりは小振りな施設なのですが、市民の台所的な立ち位置らしく、非観光客向けのガチな魚市場なのです。とはいえ、野菜や花なども一揃えはあるのですけど。

一度こっちに立ち寄りたかったヤンメイ妻、現場でバーベキュースペースを発見して狂喜します!こちら、その場で買った品物を何でも炭火で焼いて食べられる席が1人300円で借りられるのです。しかも、白米とえび汁も売っているので死角なしです。

f:id:yanmei:20220408001952j:plain
f:id:yanmei:20220408001949j:plain
イートインスペースにはご飯まで

しかし、ヤンメイ娘的には綺麗なちゃんとしたお店で食べるのとは違い、なんとなく心理的抵抗が…まぁ、ちょっと粗雑というかワイルド感は拭えないので、子供的に気乗りしないのも分かります。ヤンメイも父に連れられて入る小汚いめし屋みたいなのって、当時苦手でしたから。

しかし、そこは中国人のヤンメイ妻、娘とガチで張り合い一歩も引きません。結局、ママが希望を叶えられないのは可哀想だからいい、とヤン娘が折れることに!偉いっ!偉過ぎるぞ、娘ちゃん!!この貸しはかならずパパが報いるからな!っと感謝しつつ海鮮バーベキューの開始です。

 

f:id:yanmei:20220414225838j:plain
f:id:yanmei:20220408001456j:plain
海鮮バーベキュー

ヤンメイは痛風もあるのでマグロのぶつ切り、ヤンメイ妻はホタテとアワビ、エビを大量に、ヤンメイ娘はウニを箱買い、ご飯とあら汁で定食風にそれぞれの欲望を満たしました。いや、ウニはさすがにみんなで分けましたけどね。本当、絶品!!他のメニューも激うまでした。

f:id:yanmei:20220408002019j:plain
f:id:yanmei:20220408002022j:plain
絶品ウニを箱買いした佐藤商店さん

しかも、みんなリーズナブルなんですよ。箱買いのウニも5,000円以下。エビ、ホタテ、マグロにしても、結構量はあるのにそれぞれ数百円です。値頃感、美味しさとも、今回の旅のベストエリアでしたね、自由市場。また必ずここに来ます!

ちなみに、函館朝市は半ば観光地なので駐車場も近隣の提携駐車場に停めるし有料なのですが。自由市場は駐車場も無料でした。とはいえ、観光地ではない分、あまり値切りとかはしないお店が並んでいた感じ。場所をわきまえて買い物をしたいですね。

色々めぐり食べ歩いた旅行中、ヤンメイ妻からは「函館は胃袋が足りない」という名言が飛び出しました。これは「食べたい欲求に胃袋の容量が追い付かない」という意味らしいのですが。これ、要求を全部かなえるとお財布も追い付かないので、結果オーライです。

 

そんな訳で、魚介好きは函館では自由市場に行くべし!というお話でした。あと、なんでも過度の期待はダメ、ということですかねぇ。はい、そんな訳で、次はお土産の話にも触れてみますね。