ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

祝ブログ1周年&月間PV1万超到達!ご愛読に感謝しています!

f:id:yanmei:20170616182208j:plain

早いもので、最初にお義母さんが長居だよ、というエントリーから1年が経ちました。

本当に読んで下さる皆さんがいるから、続けられた更新でした。いつも、ありがとうございます!

ちょっとこの1年を振り返ってみようと思います。お祝い代わりにしばしお付き合い下さい。

ウチカミのあゆみ

ウチのカミさん中国人、略してウチカミであります。誰も略さない、というか、そんなに認知されていないので、自分で略してみました。

そんなウチカミ、1年で記事数は116。惜しくも120に届かず。なんとかキリの良い数字になるよう記事の量産を無理しないところに、基本スタンスが表れています。それでも、約3日に1本は書いていますよ。

自慢ではありませんが、バズったことは一度もありません。今年2月のおにぎりという貧相な食べ物という記事で、27個のブクマをいただいたのが過去最高です。バズったというほどじゃないけど、この日の最高アクセスは1150。その時はこの記事だけで470のアクセスを数えました。

基本的には事件もなく淡々と更新を重ね、今にいたります。グラフにするとこんな感じ。

f:id:yanmei:20170614203313g:plain

それでもお陰さまで、今月、12ヶ月目にして初めて月間PVが1万2千を超えました!初の1万越えがずいぶん伸びてくれまして。本当に読んでくれている皆さんに感謝です!!

ありがとうございます!!

ブログ開始のきっかけ

元々は上海人と結婚した友人と話すとき、「本当、中国人(上海周辺)ってエビ、カニ好きだよね!」などと共通の話が出来るのが楽しくて。国際結婚(中国人)あるあるとか、国際結婚仲間と話せたらな、という気持ちを持っていました。

そこで、さらに陸マイラーの存在を知り、「中国帰るとき、マイル使うとお得だよ!貯めようよ!」と国際結婚仲間に発信したい気持ちが後押しになりました。

ですが、結果を見ると国際結婚(中国人)仲間が読んでくれているのか、全然分かりません。読者登録してくださっている方の中に、国際結婚している人が2人いることは判明していますけど。

国際結婚ブログの需要

そもそも、考えてみたら、中国人と国際結婚しているヤンメイ自身が、他の国際結婚ブログをほとんど読んでないんですよ。

ブログ村とかから国際結婚ブログランキングとか見てみて、悪いけど読みたいブログがあまりない…。ブログタイトルと記事の見出ししか分からないですけど、なんか読み気をそそられなくて。恐らく、同様の理由でウチカミも読まれてはいないのかな、と。国際結婚してる人は、自分で体験している分、新鮮味はないですしね。

「国際結婚、中国人」と語句を限定して、ようやく3ページ目です。件数(293万)の中では意外にも上位で驚きましたが、3ページ目ではあまり見てもらえないのも確か。

君にとどけ

でも、良いことなのか、悪いことなのか。ウチカミはほどんどの読者さん(95%)が検索流入です。つまり、「おっ、こいつオモロイこと書いてるやんけ」と時々ブログを覗いてくれるリピーター読者さんは、ごく一部ということ。

もしかしたら、そんな奇特な方は読者登録して下さっている29人くらいしかいないのかも知れません。もちろん、ヤンメイ、ただ中国人と結婚しただけの一般人ですからね。これだけの方が興味を持ってくれただけでもスゴいことなんですけど。

でも、読者登録して下さっている方の人数から判断すると、まだヤンメイが自分で「いい記事書いてるじゃん!」と思ってるほどには楽しんで貰えていないのだと思います。検索から来ている方でも、面白ければ読者登録してくれますからね。

読まれている記事

最近、ようやく人気記事がオールシーズンタイヤとかコンタクトレンズばかりでなく、ピータンとかザーサイとかアイヤーとか、中国系ブログらしく(?)なって来ました。もちろん、どの記事もどなたかの役に立つべく本気で書いてるんですけど。

閲覧数でいうと

1位  招へい理由書の記入例文

2位  スターフルーツの美味しい食べ方

3位  ピータンのおいしい食べ方

スターフルーツは歴史がある分、僅差でピータンとザーサイに勝ってます。やっぱり食べ物系は強いですね。

ただ、スターやはてブの数から考えると、検索で見つけて来てくれる方々を満足させる内容になるよう、もう少し工夫が必要みたいです。多分、記事の検索順位に助けられてるんでしょうね。

不動の一位は招へい理由書の記事で、ビザの申請をしない人にはつまらない内容なので、最近、読み物的要素を入れた新バージョンをアップしてみました。

基本的に招へい理由書の書き方で検索してくるのは国際結婚者だと思うのですが。直帰率も高い記事なので、仲間!とか、共感!とかではないのかな。せめて、申請の役に立ってることを祈るばかりです。

ウチカミ何処へ行く

さて、今後どうしていこうかな。色々考えながら書いているのですが、読者の方は何を面白がってくれているのかさっぱり分からないので。1年書いてますけど、どんな記事に関心が集まるのか少しも読めません。

まぁね、分かってもやること大きく変わらないしいいか。これからもヤンメイが面白いとか知らせたいとかいうことを、妻子を大事にして仕事も頑張った間の時間に、淡々と書き続けていきます。ご愛読よろしくお願い致します!

結果、国際結婚ブログといえばウチカミ!ってぐらい代名詞的になれたらいいな。やはり目指すは1000記事か?(千日さん(id:sennich)、あやかっております)

おまけ

先の11日、またもザーサイ記事がブレイクし、リアルタイムで見たら同時に30人以上がアクセスしていました。その日だけで150アクセスですよ!?過去記事の割にはスゴい伸びです。テレビかラジオでザーサイが出てきたんですかね?

 

中国人と結婚してる人の特徴

f:id:yanmei:20170618224012j:image

最近、SSL化の影響で検索ワードが調べられなくなって久しいですが。たまに、判明していることがありますよね。昨日のそれがこのタイトル。何が知りたくて検索したのか?

暇ツブし以外にあまり誰かの役に立つブログではない自覚がありますからね。たまには役に立とうじゃないですか。

そんな訳で、頼まれた訳でもない、勝手に問題解決のお手伝いをするためのお話。

中国人と結婚してる人の特徴?

中国人と結婚してる人っていったらヤンメイじゃないですか!じゃあ、ヤンメイの特徴を考えてみましょう。

容姿端麗、頭脳明晰、威風堂々…


はい、真面目にやります。

いや、真面目に考えてみて、ヤンメイを含む中国人と家庭を持っている人達に共通点を求めるならば。色々あるけれど、その1つは

ガチの日本人っぽさに欠けている、という点です。

なんだそれ?順を追って説明しましょう。

日本人っぽさって何?

このブログを書くようになって気付いたのですが。国際結婚を語り、中国人を語ろうとすると、対照となる自分、日本人の特徴が浮き彫りになるんですよね。

中国人ってこうだよね、と語る言葉はブーメランで、日本人ってこうだよね、と語ることになっています。

それで考える、日本人っぽさって何かというと、日本の歴史、風土、習慣に育まれた、有形無形の意識だな、と。日本で育つうちに、繰り返し刷り込まれ、しみ込んでくるクセみたいな。これだけは、どうにも外国から来た妻と共有出来ないものです。

言葉にすると難しいんですけど。日本人として「これが普通」と感じる共通点、とも言えるでしょうか?

例えば、「中国人は民度が低い」とか言う人がいます。これも、日本人が感じる「普通」と中国人が感じる「普通」のズレが、そう思わせる原因だったりします。本当に民度が低いケースもありますが。日本人が思う「普通」じゃない中国人の行動を、「あいつらなってねーな」って批判するのも結構な上から目線です。決して上品な行動ではないですよね。いや、これは自戒ですけども。

話を元に戻します。

中国人と結婚している人はガチの日本人っぽさに欠けている、というのは、「日本人に共通する普通って感覚」へのこだわりがそんなに強くない人、という事です。

もしくは、日本人としてのルール、レールから外れることを嫌がらない、とか、外れてもあんまり気持ち悪くない人達、とも言えます。

頑固な日本人

日本人と比べて、アメリカ人とか中国人は我が強い印象があります。でも、なかなかどうして日本人だって我が強いですよ。

表に自己主張して押し出していく、という能力はそれほどでもないかも知れませんが。異質な物を受け入れない。同質でないものを拒む。といった類の我の強さ=頑固さ、みたいなものは日本人の特徴だと思います。

日本人の社会性、同調圧力の強さは、善し悪しではなく、日本人の個性です。大陸のように、明らかな異民族と遭遇、衝突する、という経験に乏しいせいでしょうか。とにかく同質であることを好みます。

その代わり、外からの物を長い時間をかけて取り込み同質化していく、という形で自らを変えてゆくくらいの柔軟性はあります。これは、文化を守る上では大切な頑固さですよね。

でも、基本的には異質なものと同居するのが下手なんだろう、と。コミュニケーションが下手とも言えます。異質な人と距離を置いて付き合ったり、異質は異質なままで協調したり、そういうのが民族的に苦手なんでしょうね。

同じ村社会に属し、同じルールを受け入れることを強要する。それが出来なければ排除する。どの国にもそういう面はあるでしょうが、それが極端に強いのが日本文化なのかな、と。

みんな違ってみんないい

なので、言い変えると、日本人っぽさに欠ける、というのはこういう成分が少ない人、とも言えます。

なので、中国人と結婚している人の特徴は、相手にあまり同じであることを求めない人とも言えそうです。違ってていいや、違ってて面白い、という感覚の強い人。そういう人は、日本社会ではマイノリティーですけどね。

あと、反抗心とかロックスピリッツではないですが、自然にしていて選ぶモノが日本の社会規範からちょっとズレてしまう。就職より起業、ツアーより個人旅行、メジャーブランドよりマイナーブランド。これらは一例ですが、そういうのを選ぶ傾向は強いな、と周囲を見てると思います。

まぁ、伝統ガチガチのお家だと、そもそも結婚相手に中国人を選んだだけで反対されそうですし。「あんた、外国人なんてやめなさい!」とならない、ユルさがある家庭環境の人が多いんじゃないかな。

以上、ヤンメイが考える中国人と結婚している人の特徴、でした。他の中国人結婚者はどう考えるのか、ちょっと気になりますね。

 

国際結婚家庭の祖母と孫のコミュニケーション

f:id:yanmei:20170616161731j:plain

お義母さんが来日して1ヶ月が経ちました。実は、来日前、密かにヤンメイが心配していたことがあります。娘とお義母さんのコミュニケーションです。彼女達は、それぞれの母国語しか話せないからです。

せっかく一緒に過ごすようになっても、言葉が通じないとかえって欲求不満が溜まったりするんじゃないか?さて、実際はどうだったのか?

今回はそんな、国際結婚家庭の三世代コミュニケーションのお話。

中国語が嫌いなハーフ?

ヤンメイ妻は時々、中国の実家とテレビ電話をします。日本だとスカイプが便利ですが。中国ではQQというサービスが普及しています。機能的にはほぼ一緒だけれど、向こうのご両親や友人との連絡にはQQの方が使い勝手がいいみたい。

で、そんなご実家とのテレビ電話、ヤンメイ娘は嫌いなんです。娘は日本生まれの日本育ち。観るテレビも読む本もみんな日本語。両親の家庭での会話も日本語なので、中国語にあまり馴染みがないんですね。

妻も頑張って中国語で話しかけたりもするのですが、なんとなく日本人の娘相手だと中国語スイッチが入らないみたいで。限界状況でも中国語スイッチが入らない妻のエピソードはこちら

なので、ヤンメイ娘、iPadでQQを始めると、嫌がって逃げるようになっちゃって。まぁね、なんか自分の分からない言葉での会話に参加させられて、時にはなんか芸(よく幼児が家でやってる歌や踊りの披露)を要求されるのって、本人は別に面白くはないでしょうから無理もない。

けれど、お義母さんが実際に家に来ても、「おバアちゃん、何言ってるか分かんない!」と避けたり、嫌ったりなんてしないといいな、と密かに心配していました。


そして。実際、成田に迎えに行ってみると。


もう、出口で待ち構えていて、お義母さんが出てくるなりベッタリですよ。帰りの車の中でも隣から離れず、両親なんて見向きもしません。それどころか、「アプー、帰らない?ずっといる?」と毎日訊ねるほど。メッチャ懐いてしまいました!血ってスゴい!?

異言語コミュニケーション

娘と義母

では、娘とお義母さんのコミュニケーションはどうやって成立しているのでしょうか?

見ていて面白いのですが、彼女らは各々自分の言葉で勝手にしゃべります(笑)。お義母さんは中国語でしゃべり、ヤンメイ娘は日本語でそれに応じてるんです!

ノンバーバルコミュニケーション(言語以外のコミュニケ―ション)というヤツですかね?なんか勝手にそれぞれの言語でしゃべり合って、一応意思の疎通というか、コミュニケーションが成立しています。

特に、娘はまだ日本語の語彙も十分ではないですし、いわゆる、「察する」、「空気を読む」という能力が高いのかもしれません。日常のお世話とか遊びのレベルであれば、十分な理解が得られています。

オバちゃんスキル?

これ、娘は娘でスゴいと思いますが、本当にスゴいのはお義母さんです。普段ヤンメイ、お義母さんに話しかけたいのですが、単語も出てこないし、無視する訳ではないのですが、ついつい口数が少なくなってしまいがち。

注:ヤンメイの中国語力はかなりプア

ですが、お義母さんは通じようが通じまいが、普通にガンガン話しかけてきてくれます。これはなかなかありがたいです。こちらも同じ屋根の下に住んでいるので、普通に家族の会話がある方が楽ですからね。でも、ヤンメイにはなかなか出来ないんですよ。

英語圏に行くと「Thank you」すら「ありがとね」で通せるオバちゃんがいますけど。そういうオバちゃん属性のスキルなのか、中国人の押しの強さなのか。同じ中国人と結婚して、中国人の義両親のいる人に訊いてみたいものです。

ヤンメイとお義父さん

余談ですが、今回来日していないお義父さん。このお義父さんとヤンメイの間では、やはりこの娘とお義母さん的なコミュニケーションが成立しています。

ヤンメイ、中国語しゃべれませんが、全然理解できないわけではないのです。第二外語は中国語でしたし、短期留学と称して一ヶ月ほど北京で遊んでいたこともありましたので。 ただ、使わないとサビつくので、実用性はほとんどないレベルであります。

ですが、ヤンメイ、お義父さんのいうことに限って、なんとなく言ってることが分かるのです。もちろん、噛んで含めるようにゆっくりしゃべってくれるとかもあるんですが。妻(通訳)抜きで話していて、「お義父さん、こんなこと言ってるの?」と後から妻に訊ねると、だいたい合っていたりするので。ノンバーバル万歳なのであります。

バイリンガル子供の育て方

とはいえ、義母来日から一か月。お互い自分の言葉だけを話しているとはいえ、相手の言葉を聞いていますからね。お義母さんも娘も、相手の言葉を覚え始めています。お義母さんが中国語で手遊びとかするもので、手遊び歌なんかは中国語で歌ったりもします。お義母さんも頻出単語は完全に理解してきました。

そうなると、一人取り残されるのはヤンメイです。やばいな…
いやいや、そうではなく!

もう少し娘が成長し、義母べったりで遊んだりしなくなる頃、自分の興味がはっきりし始める頃に、中国語学習を面倒くさがらないでくれたらいいな、と思うばかりです。


国際結婚のバイリンガル家庭を見るに、やはり2重に教育する手間がかかりますし、子供自体がそれを負担に感じることもよくあるようなので。当たり前ですよね。人間、楽な方に流れますから。普段、使う必要のない言語を面倒な思いして学びたいなんて、普通思いませんよ。自国語の学習だけでひーひー言ってたのに、その手間が2倍でしょう?

楽しんでそれぞれの言語を学ぶにはどうしたらいいのか?学習している、と意識させないのが一番なんですけど。そんな方法についても、そろそろ真面目に考えなきゃなぁ、と思います。

え?
バイリンガル子供の育て方!?

知りませんよ!どうやるのかなぁ?知りたいなぁ!
という願望タイトルです。誰か、良い答え、方法論をお持ちの方、ご教授ください。
以上、娘とお義母さんのコミュニケーションのお話でした。

 

アナリティクスアプリでページビュー数(PV数)を見る方法

f:id:yanmei:20170613090255g:plain

 タイトルまんま過ぎて申し訳ないのですが。Googleのアナリティクスアプリでページビュー数を見る手順です。

ちょっとステップが面倒で、なおかつ検索してもすぐ出てこないので、チャンスじゃん!とメモ代わりに記録しておきます。今回はそんな備忘録。

ページビュー(PV)数が見られない

ブログとかサイトの運営者はPCに、Googleアナリティクスが入ってると思います。蛇足ながら説明すると、自分のサイトにどんな人がどんな経路で何人来たか、などのアクセスを分析するのに使うソフトです。ヤンメイ、全然使いこなせていませんけど。

このアナリティクス、PC版だとユーザーサマリーを開くと、画像のようにデフォルトでページビュー数が見られます。

f:id:yanmei:20170612201954g:plain


ところが、スマホアプリだとどこから見ていいか分からないんですよ。たまに、適当に操作してて見れたりするんだけど忘れちゃうので。メモしておいた内容をシェアします。

ページビュー(PV)数を見る手順

はい、本題です。

①アナリティクスアプリを開きます

②ユーザー → サマリー へ進みます

f:id:yanmei:20170613090355g:plain

③サマリー → セッション をクリック

 画面中央ぐらいにある、画像では赤丸のところをタッチします。

f:id:yanmei:20170613090507g:plain

④スパナマークをクリックします

 上の画像の黄丸のところをタッチします。

⑤グラフ下の指標からユーザーをクリック

 青く囲っている中の、黄丸にタッチします。

f:id:yanmei:20170613090629g:plain


⑥ここで出て来た ページビュー数 をクリック

f:id:yanmei:20170613090824g:plain

以上で完了!お疲れ様でした。

感覚だけで操作するにはちょっと行程が長いですよね。

アナリティクスアプリいまいち

スマホアプリのアナリティクス、便利は便利なのですが、多機能過ぎて色々と使い方が分からずもったいない感じです。ヤンメイだけ?

ちなみに、以前は検索ワードを見るのが楽しかったのですが。最近はSSL化(セキュリティの為の暗号化)によって、検索ワードが分からなくなってしまいましたからね。

最近のお楽しみは「リアルタイム」です。ここをクリックすると「現在のユーザー数(ページ別)」が見られます。キーワードは分からなくても、なんのページが見られているかは分かりますからね。本人も忘れてた、マイナーにページが読まれていると感動します。ゼロだとちょっとガッカリしますけど。

 

以上、スマホアプリでページビュー数を見る手順でした。

 

今、中国で売れる物を教える!

f:id:yanmei:20170610235239j:image

中国からの爆買いはひと息ついた、という雰囲気ですが、今だって中国人は欲しいもの、必要なものは当然買います。

来日中のお義母さんが、最近中国でなかなか手に入らないけど、日本には溢れ返っているものについて教えてくれました。

その意外なものとは?

お義母さん狩る

狩ると言うよりは摘むと言う方が適切なのかも。少しは何だか絞れてきたでしょうか?

それは、つい最近までその辺にたくさん咲いていました。ピークは過ぎたけど、まだ、ちらほら咲いていますよ。あんまりもったいつけてもなんなので。


答えはタンポポです。あれ?なんか前回と同じパターン?


もうね、来日以来、何度も周辺を散歩し、目ぼしいところを見つけては摘んできています。いい大人がタンポポをそんなに喜ぶ様は初めてみたかも。なにがそんなにいいのか?

中国でのタンポポ人気

タンポポというのは日本では過小評価、というより見向きもされていないですが、中国では人気のようです。主に、観賞用としてより薬用として。

なので、妻の実家周辺にはタンポポ、まるで生えていないそうです。大都会というのではなく、皆んなが欲しがって取ってしまうので、全滅しちゃうみたい。あの、どこにでも生える、種も結構多いタンポポがなくなるってすごいですね。

なので、来日したお義母さんは狂喜しました。

素晴らしい!日本はタンポポパラダイスだ!!と。←言ってません

タンポポの実力を見よ!

そこで、ちょっとタンポポについて調べたら、意外な実力者であることが判明しました。


栄養価としては、ビタミンA、鉄、カルシウム ビタミンK、カリウム、カロテノイド、ビタミンC等を含みますが、驚くべきはそのスペックの高さ!
ブロッコリーと比較すると、ビタミンAはブロッコリーの1.5倍、カルシウムは4倍、ビタミンKは7.5倍。
ホウレンソウと比較しても、鉄分が2倍、ビタミンB2が3倍という優秀さ。

さすが、欧米では薬草の中でも一級品と言われているだけありますね。

 

美貌録より

 結構、栄養豊富です。ですが、中国では食用というよりは薬用として注目されているみたい。

効能が多くて書ききれないのですが、

 

不妊の改善、血流(冷え)の改善、便秘の改善、むくみの改善、疲労の回復、解毒作用を含む利尿作用、美肌効果など、多くの効能が挙げられています。

 

タンポポ万能かっ!?

 

なぜこれほどの実力者が日本では目立たないのか不思議です。ありふれた存在だからですかね。

中国式ハーブティー?

実は、お義父さんの持病にもいいらしのですが、中国ではタンポポ、買うとそれなりのお値段がするし、お義母さんはせっせと摘んでいます。なかなかいいお土産ですよね。

それをどうするのか?
ハーブティーのように飲むんです。すると、上記の薬効が期待出来る、という、訳ですね。

一般に「タンポポ茶」というのは、タンポポの根を焙煎したものが中心で、「タンポポコーヒー」というのも、実は同じものです。焙煎の仕方でよりコーヒーらしくなるよう工夫しているのかな?「タンポポ茶」の中には、葉や茎を入れたりするものもあるようです。

ウチのはこれに近いです。

摘んで、綺麗に洗ったタンポポを天日干しします。

f:id:yanmei:20170610222218j:image

この段階で根は分けて、カットして干します。

f:id:yanmei:20170610222327j:image


ある程度干したものを更にネットに入れ、吊るして乾燥させます。

f:id:yanmei:20170610222436j:image


あとは普通にお茶を入れる要領で、ティーポットに入れてお湯を注いで蒸らして出来上がり!

見た目は普通のハーブティー。肝心のお味は?

うーん、なんか青臭い。

不味くはないけど美味しくないなぁ。これ、お湯に浸けるなら乾燥させる意味あるの?もう少しチョリチョリになるまで乾燥させるか、お鍋とかで焙ると香ばしくていいのかも。

ちなみに、妻とお義母さんは利尿作用もありましたが、めちゃくちゃお通じも良くなったそうです。ヤンメイ、実はカリウムの多い食品に制限があるので、少ししか飲まないようにしていて、そこまで効果はありませんでしたが。

それって、お腹壊したんじゃないよね?

ともあれ、まだ生えているタンポポ、頑張って採集すれば、中国できっと売れます!というお話でした。

 

中国、意外な物をドライフルーツに!

f:id:yanmei:20170607145737j:image

さて、クイズです。アイキャッチ画像をご覧下さい。これ、何だと思いますか?

皆さんの知っているアレです。けど、この状態のモノを見たことある、食べたことのある日本人は少ないと思います。

今回はちょっと珍しいドライフルーツのお話。

このドライフルーツは何か

はい、答えの分かった人いますか?

あれ?これって、なんか見たことあるけど…って方いるでしょうか?もしくは、一目見て分かっちゃったかな?

正解は

 

ライチでした!

 

目次バレしちゃってます(^-^; ドライじゃないとこんな感じのやつ。これなら見覚えありますかね?

f:id:yanmei:20170607144013j:image


茘枝と書きます。レイシとも読むみたい。見ての通り、カサブタみたいな皮。剥いたらとツルツルの白い果肉とギャップがありますね。ほんのりとした甘さでヤンメイ子供の頃から大好きでした。

昔は一部の中華料理店でしか食べられなかったのですよ。それが、最近は食べ放題のサラダバーとかにもあったりしますから、時代を感じます。

今でも、なかなか生のライチは食べる機会がないと思いますが、あれば是非食べてみて下さい。瑞々しさが全然違います!いや、冷凍モノも美味しいんですけど。

これがドライライチ

そのライチ、ドライフルーツでも売っていたんですね。今回、お義母さんのお土産の中にあったのですが、人生で初めて見ましたよ、ドライライチ!

皮が付いているのにどうやって腐らせずにドライフルーツに出来るのか、とても疑問です。ですが、皮が剥けてない、ということは、ドライフルーツにありがちな砂糖とか防腐剤とかを、一切加えてないタイプだと思います。

f:id:yanmei:20170607150127j:image


皮もペラペラに乾燥してます。リンゴとかオレンジとか、皮の付いた状態のドライフルーツはたまに見ますけど。食べるのに皮を剥くドライフルーツって珍しいです。

f:id:yanmei:20170607150510j:image

皮を剥くとこんな感じ。白い果肉は面影もありません。まぁ、ドライフルーツだし無理もないですが。

味はちゃんとライチです。いや、干して成分が濃縮されるのか、ほのかな甘さというよりはややねっとりとした甘味です。これはこれで濃厚で美味しい!

f:id:yanmei:20170607214231j:image

当然ですが、タネもあります。

美味しいは美味しいのですが、このままモリモリと何個も食べるものではない感じ。中国(杭州)だと、おつまみというかお茶受けとしてドライフルーツを出してくれるお茶屋さんがあります。これもそんな食べ方が合う気がしますね。

中国はドライフルーツも豊富

ちなみに、以前お話した龍眼。これも中国では高級な果物なんですが。ドライ龍眼もありました。龍眼についてはこちらの記事で紹介しています。↓

元々はドライ龍眼も皮が付いていたのですが、うっかり写真を撮り忘れたら、皮を剥かれてしまいました。皮が付いてるとカビ易いんだそうで。ということは、やはり防腐剤や防カビ剤は使ってなさそう。

中身はこんな。元々小さい実なので、ドライライチより一回り小さいです。

f:id:yanmei:20170607230616j:image

元々、龍眼とライチ、ヤンメイ的には味の系統が一緒に感じるのですが。ドライフルーツになるといよいよ似通ってきます。

お茶受けにも良いのですが、紅茶や中国茶の中に入れるとほのかな香りや甘みが出て、フレーバードティーとして楽しめそうです。ヤンメイ家では一緒にクコの実を入れてみました。

 

そんな、日本ではちょっと珍しいドライフルーツに出会ったお話でした。見た目的はあれですが、目にすることがあったら、一度口にしてみらましょう!

 

 

 

 

梅雨の石垣島、子連れの楽しみ方

いや、好きに楽しめ!と言われればそれまでなんですけど。

本島と違い、雨でも遊べるとこが少ないんですよ、石垣。雨で濡れるのも海で濡れるのも同じだからオッケー!って人はいいのかも知れませんが。風もあり、濡れて外だと寒いので、濡れない行動を選びました。

なので今回は、雨が降ってたけどここは大丈夫でした、というところをご紹介するお話。

子連れで雨はどうしよう?

これ、結構困るんですよ。ヤンメイ家、子供が幼稚園児なもので、文化的アクティビティはほぼダメです。つまり、ミンサー織体験とか陶芸とかシーサー絵付けとか、ちょっと高度過ぎる感じ。

なので、

1.子供が見て楽しいもの

2.屋根があって動けるところ

をチョイスしました。

川平湾のグラスボート

グラスボートって分かりますか?船底が透明になっていて、海中が見える船です。海の綺麗な沖縄ではメジャーなレジャーですが、石垣島では川平湾のものが有名です。

元々海の透明度が高いので、曇りや雨でも結構海が綺麗なんですよ。幸いヤンメイ達が行った日は曇りでしたが、普通に海の底は良く見えましたね。多分、台風とかじゃなければ雨でも船が出ていると思います。

各社ありますが、価格は大人 1030円 、子供(小学生から)520円で横並びです。出航時間が少しづつズレるので、その辺の都合で選びました。

今回、ヤンメイ達は「ぐるくん」という会社のボートに乗りましたが、ガイドさんが何しゃべってるかあまり聴き取れず、残念な感じでした。天気悪くてテンション下がってたのかな?なので、割引クーポンは川平マリンサービスさんのを載せておきます。

f:id:yanmei:20170604234229j:image

こんなお天気でも、船底は意外に明るくこんな感じ。

f:id:yanmei:20170604234311j:image

ユーグレナモール

石垣の市街地にあるショッピングアーケードです。全てが観光客向けのお店でもなく、ファッション雑貨やカフェなんかは普通に地元の人も使ってそう。

f:id:yanmei:20170605205347j:image

もちろんお土産屋さんもたくさんあり、ヤンメイ達もお土産はここで買います。あとは普通に公設市場もあり、肉、野菜、果物、色々売っています。お土産に石垣牛もいいかも。ヤンメイ家はここでパイナップルをまとめ買いしちゃいました。

子供が楽しいのか?というと、そういう場所でもないのですが。屋根があり、歩けるのでうろうろして体力を使わせるには使える場所でした。

石垣島鍾乳洞

市街地にほど近いところにある鍾乳洞です。全長は3kmを超えるらしいのですが、うち660mを公開しています。雨の日はここ!と最初から決めてあり、一番雨の強い日に行ってきました。洞窟探険というと子供のテンションも上がり易かったです。

f:id:yanmei:20170605205552j:image

660mは意外に長く、途中で休憩所やトイレはありません。なので、ヤンメイ娘は150mくらいのところで「おしっこ!」といい出し。仕方ないので、抱っこして逆走(許可を得て)し、トイレを済ませてまた戻りました。子連れ家庭は要注意です

それと、鍾乳洞なだけに、普段もポタポタと水滴が落ちてくるようなんですが。訪れる数日前にまとまった雨が降ると、地下水となって落ちてくる水滴の量が増え、ポタポタからダバダバと結構な水滴に見舞われます。

ちなみに、洞窟内で観光地定番の記念撮影と写真販売もあったりします。鍾乳洞を出るとお土産屋と食堂もあり、便利です。

価格は大人 1080円 、子供(4才から)540円です。記事を書くにあたって調べたら、割引クーポンを見つけましたのでどうぞ。

f:id:yanmei:20170604234651j:image

以上、悪天候に苦慮した結果をシェアさせていただきました。

梅雨時期の良い点

梅雨だから良い訳ではありませんが、この時期に石垣島に行くと、安価で美味しいパイナップルに出会えます。実は石垣、3度目ですが、これまでは10月に行ってたので、パイナップルの旬は過ぎていて、会えなかったんですよ。

その点、さすが旬ですね。今回の旅行は多品種のパイナップルがありました。毎回定番のゆらてぃく市場にも行きましたが、10月とは果物の顔触れが全然違います!これは嬉しかったです!!毎日食べてました。

f:id:yanmei:20170604235231j:plain

ゆらてぃく市場のほかの果物についてはこちら。

おまけ

あと、ヤンメイ達は行ってませんが、ANAインターコンチネンタルリゾート石垣には屋内プールがあります。これこそ雨をものともしない完全なアクティビティですよね。

ただ、ビジターは大人3000円、子供1500円かかります。ホテルのプールとしては安いですけど、宿泊者として利用したいなぁ。

 

中国の子供の日と端午の節句

f:id:yanmei:20170601231658j:image


妻が唐突に言いました。「今日は中国の子供の日よ」

ヤンメイ「おおっ!そうか、旧暦でズレるとかで、今日が端午の節句なの?」

妻「は?端午の節句は昨日だよ?」

ヤ「は?」

国際結婚夫婦、たまにこのように互いの常識が噛み合わないことがあります。今回は中国の端午の節句と子供の日のお話。

中国の端午の節句

中国の端午の節句は旧暦の5月5日で、新暦旧暦の違いこそあれ、そこは日本と一緒です。ですが、中国の端午の節句は子供の日ではありません。これが、冒頭の会話が噛み合わない正体です。

じゃあ、端午の節句とはなんなのか?中国人の妻の認識だと「昔の政治家の死を悼んで、粽を食べる日」とのことです。調べれば詳しくは分かりますが、当の中国人がどんな認識かが大事なので。「端午の節句=偉人を偲んで粽を食べる日」で充分かな、と。

ちなみに、それって屈原?と尋ねたら、そうそう!とうなずいてたので、まるで知らない訳ではないようですが、屈原自身がそんなに重要でもなさそう。

粽のダブルスタンダード

これまでも、中華は同じ料理で塩っぱいのと甘いのが存在する、と伝えてきましたが。

今回もやはりありましたよ、粽で。ちなみに、この字で粽(チマキ)と読みますよ。変換万歳です。中国語だと「粽子」といいますが、同じものです。

いわゆる、普通のちまきはご存知だと思います。ですが、今日初めて食べたのは甘いチマキ!来日中のお義母さんが両方とも作ってくれました。もち米の中に干した棗が入っていて、結構美味しいです。そういうものと分かっていれば、全然ありですね。

f:id:yanmei:20170601230417j:image

中国の子供の日

これに対して、中国の「子供に日」は旧暦とか関係なく、カレンダーで6月1日です。子供の日なので、日本みたく男の子の日ではないんですよ。

実はヤンメイ、子供の日って特別な思い出ありません。兜を飾って、鯉のぼりを上げてたくらい?チマキを食べた記憶もないし、特別ご馳走だったかもあまり覚えていません。

ですが、妻の記憶の子供の日は結構ちゃんとしています。遊園地に連れて行ってもらったり(激コミだそうですが)、ご馳走を食べたり、と盛大なイベント感があったみたいです。

さらに、現在はもっと派手なイベント色が濃くなっているみたい。妻の中国にいる友人の写真を見ると、なんかハロウィンと混じってるのか?お芝居とか発表会も兼ねてるのかも。まぁ、子供が楽しいならいいのか。

f:id:yanmei:20170601231628j:image

f:id:yanmei:20170602175830j:image
ともあれ、今日は人生で初めて甘いチマキを食べました。普通のも両方美味しかったです。といったお話でした。以上。

 

梅雨の石垣島、天気予報の的中率

f:id:yanmei:20170531234214j:image

ただいま〜。日曜日から羽田を出発して、石垣島に3泊の旅行に行ってました。

おおっ!いいじゃん、石垣島!!と思うのは素人。というのは、この時期、石垣島は梅雨真っ最中だからです。見て下さい、アイキャッチ画像。

行く前から天気予報を心配していて、現地でも明日はどうかな?と気にしながらの旅行となりました。

そんな訳で、後に続く梅雨時に石垣島を訪れる方への参考までに、ヤンメイの体験した天気予報と実際の天気のお話。

梅雨の石垣島

今年、2017年は沖縄地方、5月13日から梅雨入りしてました。これでも平均より4日遅いそうで。なので、5月末の沖縄旅行は、梅雨を避けるどころか、真っ最中になります。

それでも、諸般の事情でこの時期に旅行になってしまったので。もう、晴れ、もしくは晴れ間を祈って行くしかないです。宿も意外に混んでいてね。梅雨の沖縄に旅行に行くの、ヤンメイ家ばかりではありませんでした。

ちなみに、「梅雨、石垣島」と検索すると、トップにヤンメイ達の訪れたフサキリゾートの記事が出てきます。それによると、梅雨でも降り続かない、結構楽しめる、と書いてあり。まぁ、じゃあ、行くか!と記事が後押しになった事実はありました。

事前の天気予報

週間予報が日毎に変わるのはあるあるなので。でも、1週間前は4日中2日の雨予報が、3日に増えたり、雷雨になったりって、ちょっとドキドキします。

それで、出発の前の晩の予報です。

28日 午後から夕方雨(40〜70%)

29日 一日中曇り

30日 午後まで雷雨、夕方曇り

31日 一日中雨

うわっ、最悪。まぁ、降るといってもずっとじゃなきゃなんとかなるかな、と気持ちを奮い立たせます。

初日の予報

28日 午前中から夕方にかけて雨(40〜60%)

29日 午前中曇り、夕方雨(30〜50%)

30日 一日中曇り

31日 午前中雷雨

さすがに、当日の予報は当りますね。

実際、空港に着いた時点で曇り。11時頃から雨が降り、30分くらい本気(観光は出来ない感じ)の雨。降ったり止んだりを繰り返し、2時頃は、まぁ、ポツポツくらいに落ち着いてきました。

f:id:yanmei:20170601074633j:image

雨の川平湾。でもさすがの透明度です。

結果:ほぼ当たり。止むのは少し早かった。

2日目の予報

29日 一日中曇り

30日 夜半から10時まで雨(20〜70%)

31日 夕方まで雷雨

曇りと言えば曇りですが、時々晴れ間も出てきており。グラスボートなどの観光も普通に出来ました。ただ、風が結構あり、海やプールで遊ぶにはちょっと寒かったです。

f:id:yanmei:20170601075449j:image

朝のフサキビーチはこんな感じ。

f:id:yanmei:20170601075453j:image

昼にかけて明るくなり、底地ビーチで泳ぎました。

f:id:yanmei:20170601075459j:image

晴れ間でも青空までは望めませんでした。

結果:ほぼ当たり。晴れ間もあったけど、予報で言うほどの晴れではないのかな?

3日目の予報

30日 朝から夕方まで雨(20〜60%)

31日 曇りのち雨(マークは確認したけど、時間は確認せず)

この辺になると、雨予報付いてても大丈夫かな?とあまり気にしなくなってきます。

実際の天気は一日中曇り。晴れ間もそれなりで、何回か夏の日差しも見られました。確率は低いなりに雨予報は裏切られた形です。

 f:id:yanmei:20170601132733j:image

朝のフサキ。この後、ちょっと曇ってきます。

f:id:yanmei:20170601184951j:plain

午前中の真栄里ビーチ。このあと泳ぎ始めたら曇ってきました。

f:id:yanmei:20170601185402j:image

夕方のフサキビーチ。夕日も見られました。

結果:はずれ。ちょっと肌寒いながらも泳げましたし、その後はいい感じの日差しも何度か。

最終日

31日 雨のち曇り(これもあまり確認せず)

10時までに何度かぱらついた程度。あとは曇りも結構な晴れ。すっきり青空ではないけれど、午後は観光日和だったんじゃないかな。帰って来ちゃったけど。

f:id:yanmei:20170601185122j:plain

午前中の石垣市内近辺。雨なので鍾乳洞に。出たら晴れてきました。

f:id:yanmei:20170601185500j:image

午後は晴れ、玉取崎展望台もキレイに見れました。

結果:まぁ、当たり。でも、晴れに向かうのを予報してくれてもいいかな?曇りよりは晴れでした。

結果

ざっくり3勝1敗ですが、前日にならないと分かりません。前日の予報も、どこに移動するかで全然変わってしまうと思います。週間予報をアテにするのはきっぱりよした方がいいです

後半の雷雨の予報すら外れているのを見ると、つまり、梅雨の石垣島を観光するのに、天気予報はアテにならない、と考えていいのではないでしょうか?

梅雨の石垣島観光について

今回のテーマとは少しズレますが。梅雨に石垣島に行ってみて、過去2度の高揚感はありませんでした。やはり、青い空、青い海、強い日差し。全てが揃っているのがヤンメイは石垣島の魅力と感じるようです。

明日は晴れるかな?どうかな?と気にしながら、なんとか曇り、とかだとあまり嬉しくなかったです。もちろん、キレイな景色なんですけどね。

石垣の観光業やサービス業の人に何の恨みもありませんが、あえて梅雨に行くことないな、というのが今回の結論であります。

まぁ、事前には雨の予報だったけど、実際には雨もそれほどではなく、晴れ間もあって観光も出来た実例である、と言えないこともないか。

意外に大事なのは気温で、あまり暖かくないと、肝心の海やプールで遊ぶのが寒くて辛い、ということになります。最悪、少々降ってても、気温さえ高ければ遊べてしまうと思います。以上。

 

安倍マリオの中国人の解釈が斜め上過ぎ!

f:id:yanmei:20170528154541j:image最近、お義母さんと話していて、リオ五輪の閉会式の話題になりました。安倍首相のマリオ演出のこととかね。もうすっかり忘れてましたよ。けど、話題になっちゃったんだからしょうがない。

国内外での反応、実はよく知りませんし、興味もなかったのですが。中国人、少なくともお義母さん周辺では、ちょっとびっくりする解釈で受け止められていました。

さて、どんな風に受け止められていたのか?今回は、おそらく他の誰も言わない、安倍マリオの中国人的解釈のお話。

安倍マリオ演出とは

言わずと知れた、安倍首相が画面上のマリオブラザーズとリンクして、土管から出て来る、あれです。

実はヤンメイ、ちゃんと見てないんですけど。和装的衣装と踊り、アニメやゲームというのが日本を知らしめるのに良い演出なのか?とちょっと批判的ではありました。

でも、じゃあ、お前はどうやるんだ?

と訊かれると、日本的演出って確かに難しい。文句言うのは簡単ですけどね。独りよがりにならず、外国人がイメージする日本とも重なるようにショーを演出すると、やはりベタに成らざるを得ないのかな?と。

中国人は、さすが日本!と賞賛

よくある日本万歳記事みたいですけど。あの演出、中国人には好評なのでした。少なくとも、妻の実家周辺では、

さすが日本だよね!

とても日本的だった!!

と非常に良い演出と受け止められていたようです。

 

何がそんなに良かったんでしょう。

イメージ通りの和風感?

ゲーム画面と現実の融合?

首相がゲームキャラに扮する砕けた感じ?

はい、全部違います。なんというか、我々日本人の意図とはまるで違うところで、誤解というか、勝手に好意的に解釈されていました。

驚きの中国人の安倍マリオ解釈

スーパーマリオブラザーズが世界でどれだけ売れたのか知りませんが。少なくとも50代以上の一般的中国人には、あれがスーパーマリオを使った演出だとわかっていません。ゲーム世代でない以上、そもそもゲームと現実の融合だった、という理解すらありません。

じゃあ、なにが日本的だったのか、というと。

 

ゴミ箱から首相が出てきたこと です。

 

ゴミ箱?

 

そう、少なくとも、義実家周辺では、あれは土管ではなくゴミ箱だと理解されていました。まぁ、マリオを知らなければ無理もないと言えば無理もない。

では、ゴミ箱から首相が出てくることの何が日本的なのか?

首相という国家の指導的立場にあるVIP。そのVIPがゴミ箱から出て来る。日本はゴミ箱すらそれほどに衛生的であり、汚くない。徹底した衛生管理を強く印象付けられた!

と、これが中国人的な解釈なのです。

 

冗談だろ?

 

と、思いますよね?分かります。激しく同意。

 

でもマジです!

 

少なくとも、義実家周辺の中国人はそのように理解してました。

 なんだかなぁ。スゲェわ、あんたら。ちょっとその考えはなかった。中国人にとって、日本ってサブカルとか近未来的とかよりも、衛生的ってイメージだったのね。それはそれでいいイメージです。ゴメンね、アンダーコントロールとかウソついて。

結論

分かりましたか?中国をマーケットにしようとしている皆さん。中国人に訴えるなら、

日本=衛生的!です。

あれ?なんだこの結論。まぁ、安倍マリオ、中国人に良い方に誤解されてたよ、というお話でした。