読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

招へい理由書の記入例文、中国人の親族を呼ぶ2017年ver

f:id:yanmei:20170521231500j:plain

前回のエントリーで書いたように、お義母さんが来日しております。

外国人が日本に来るには観光ビザが一般的ですが、親類を呼ぶ時には親族ビザというものが使えます。親類ビザは観光ビザより長く滞在出来るけれど、ちょっと手続きが面倒です。

今回は、そんな国際結婚家庭にしか縁のない、親族ビザ申請のお話。

VISAってなんですか?

そもそもビザ(VISA)ってなんだか知っていますか?留学をしたとか、親族に外国人がいるとかでなければ、普通の日本人は知らないかもしれないので、そこからお話を。

ビザ(査証)とは、入国許可書だと思えばいいです。外国に行く際、あらかじめ手続きをしてビザをもらい、それを持って入国手続きをするのです。

えっ!?海外旅行はしてるけど、そんな手続きしたことないけど?

という人は多いと思います。それは、日本人の場合、多くの国ではビザが免除になっており、観光などの短期入国の場合なら、日本のパスポートを出すだけで入国できているからです。

ですが、外国人が来日する場合にはビザを用意する必要があるんです。中国人の場合も、15日以内の短期滞在の観光ビザは旅行代理店とかを通してすんなり発給されるんですけど。うちの場合、もう少し長居したいので、親族ビザを申請するんですよ。

まだ親族ビザ申請、依頼してるの?

親族ビザとはその名の通り、親類の訪問時に発給されるビザで、15日、30日、90日の期間を選んで申請します。中国人家庭は長期滞在が当たり前の習慣なので、90日以外の選択肢とか考えもしません。その件についてはこちら → お義母さんは長滞在

「親族ビザ」で検索すると、行政書士事務所のサイトが広告も含めてたくさん出てくるので、きっとよいお客さんなんでしょうね。ある事務所では「親族ビザの代理申請を4万円で請け負う」との広告が出ています。一度申請に失敗すると、半年くらいは再申請通らないらしいので、お金を払っても確実に!と慎重になるのは分るんですけど・・・

他人のご商売を邪魔するつもりは全然ないんです。けど、こういうところに頼まなくても、割と大丈夫でした、という経験談をお伝えしようと思います。

親族ビザの申請は簡単

ヤンメイ、過去に4回申請していて、毎回問題なく通っています。

必要な書類はいくつかありますが、基本的には日本に呼ぶ時の身元保証人が大事みたいです。とはいえ、難しいことは全然なく。ちゃんと日本に住んでいて、職業と安定した収入があることが示せればそれでオーケー!

国としては、日本に来て、金目当てに不法滞在したり、悪事に手を染める外国人を警戒している、ということなんでしょうね。

なので、ヤンメイのように、別にお金持ちではなくても、日本に住んで納税している普通の日本人が、身元を保証します!滞在中のお金は面倒みます!といえば、ビザがおりるのかなと。むしろ、中国のご両親の方がリッチなのですが、書類上はそういう保証をしています(笑)。

招へい理由書が難しい

ただ、一つだけ面倒な書類があります。招へい理由書です。この書類は、どういった目的で人を呼ぶのか、どういった経緯で人を呼ぶのか、を書くものなんですが。


担当者に一言言いたい!

日本語分かってる!?



家族に会いたいから呼ぶ、っていう国際結婚家庭のシンプルな望みに対して、どんな目的や経緯を書けというのか?


最近会ってないし、会いたいよね。

というこれだけのことを、長々ともっともらしい文章に書き直すのに骨が折れます。読む側も苦痛じゃないのでしょうか?書ききれなければ別紙へ、とあるので、長い文章でいい、というか長い文章がいいのかな、と推測しています。

なので、ヤンメイは毎回、「招へい目的および経緯」というひとまとめにした文章を勝手に作成し、それで親族ビザの申請に通っています。

今年の招へい理由書

招へい理由書の例文、今年のバージョンはこんな感じ。

 

招へい経緯:

申請人の〇 〇〇は、私の妻(△ △)の母で、私にとっての義母に当たります。

 

私達は20XXXXXX日に妻と中国の法律に則って婚姻しております。結婚生活は日本で送っているため、妻は来日以来、両親とは別々に暮らしております。

 

私は仕事の事情により、結婚後の訪中は年に一度あるかないかで、妻が帰国して家族と団らんする機会は大変少ないです。また、今春より子供の幼稚園が始まることになり、いよいよ訪中のタイミングが難しくなっております。



招へい理由:

仕事の都合で長期の休みを取ることが難しかったのですが、この度、続けて休暇が取れることになったため、義母を招へいし、訪日の査証を申請するに至りました。

義母には、日々成長する孫と間近で接し、普段なかなか会えない分、家族の縁を深めてもらいたいと思っております。

 

また、普段は仕事のため帰宅も遅く妻に育児を任せきりなので、幼稚園も始まり生活のペースが変わってしまう妻の手助けにもなれば、妻子もまた楽しく私の留守宅も安心です。

 

来日中の滞在費用も既に用意出来ており、申請人が来日の際には招へい者の私が責任を持って査証期限内に帰国させますので、是非とも申請人の入国をお認め頂ける様、お願い申し上げます。


以上の理由により、御担当者様におかれましては我々の切なる願いを御汲み取り頂きまして、査証の許可が頂ければこの上なく幸いです。

以上、宜しくお願い申し上げます。

平成29年XXX

招へい人:〇山 〇夫

 

 結果はもちろんビザが下りて、先週から来日を果たしています。とはいえ、毎回、こんな変な作文でいいのかな?と首をひねりながら提出するのですが。結果オーライなので、こんなんでもいいのでしょう。表現はくどいですが、嘘は一切ありませんし。

そんな訳で、招へい理由書に悩むお仲間の役に立つといいなぁ、という今回もニッチなお話でした。

以前の記入例文はこちら

中国人家庭も餃子の皮を買います

f:id:yanmei:20170519085120j:image

昨日の夕飯は水餃子でした。

いつもとちょっと違うけど、とても美味しい餃子だったのですが。なんと、市販の皮でした!えっ!?なんで買ってきた皮でこの味が?

今回は買ってきた餃子の皮が美味しかったお話。

南方中国人の餃子

現在、ヤンメイ家、お義母さんが3日前から絶賛来日中で、台所の主導権はお義母さんに移行しております。3日続けて完全なる中華の家庭料理であります。

それで、昨夜は水餃子でした。これまでも時々述べているように、餃子は中国北方の料理で、南方の杭州人の得意料理ではないはずなんですが。きっちり美味しかったです!

具は、干しシイタケ、ザーサイ、白菜、挽き肉。ちょっと日本のスタンダードと違うでしょ?でも、絶妙にいいお味。

お義母さんが具を作り、妻が包む分担のため、家事素人のヤンメイや娘が手伝うより、はかどるはかどる!しかも、今回は買ってきた皮を使ったので、そこの手間もまるでなしです。

美味しい皮があればいい

あれ?なんか最近、皮から餃子を作ると別次元に美味い!ってなエントリー、書いてしまいましたが?

うん、でも確かに買ってきた皮でも美味しいね。中国人妻と義母が普通に喜んで食べておりました。

妻曰く「この皮なら作ったのと大差ないモチモチ感だから、安いし買ってくる方が楽」との結論に達したようです…

合理的だな、おい!

 

餃子の本場のプライドは!?


いや、でも実際問題、市販の皮だと薄くて、水餃子には全然向かない、というのも皮から作る理由だったので。市販品に厚みのある十分美味しい皮があるなら、普段はこれでいいのかな?と思います。

製麺屋さんはありますか?

それで、その厚い餃子の皮、どこで買ったのかというと、近所の製麺屋さんでした。

自転車で行くような距離ではありますが、割と近所に製麺屋さんがあり、時々麺は買っていたのです。が、たまたま行って餃子の皮を見つけたのだそうで。

それで、試しに買ったら、厚みもあり、しっかり美味しい皮だったと。

なるほどね、確かに納得。製麺屋さんであれば、なんかコシが出る伸ばし方とかしていて美味しいのかもしれません。

なので、もし、御近所に製麺屋さんがある方は、麺だけでなく、餃子の皮も一度試してみてはどうでしょうか?まずは、製麺屋さんを探す、というところから始まる方のほうが多いとは思いますが。

結論

中国人だって美味しい皮が売っていたら、なにも自分で作ろうとはしない!と言うことでした。←うちだけ?

 

ちなみに、アイキャッチ画像はヤンメイの一人前分です。(←これだけじゃないですが)茹でたてをがっつりいただきました。

餃子関連のエントリーはこちらにも。

 

 

陸マイラーはカード利用でどれだけマイルが貯まるか披露します

f:id:yanmei:20170516122521j:plain

マイルを貯めることを意識し始めて約3年になります。

貯めたマイルで年に1度は里帰り出来ると嬉しいよね、とこの1年は日常生活で貯まるマイルを最大化するように心掛けてみました。

日常の消費をマイルに置き換えると、どれだけマイルが貯まるのでしょうか?

今回は1年で貯まったマイルのお話。

消費で貯める、陸マイラー

以前は「マイルなんて使えるほど貯まるわけない」と思って捨てていました。マイル=飛行機に乗ると貯まるもの、と考えていたので。「たまに飛行機に乗る → マイルが入る → 期限が切れる」を繰り返していました。

ですが、マイルが貯まる特殊なミッションをこなしたり、日常生活の消費をマイルが貯まるスタイルに置き換えることでマイルを貯める「陸マイラー」という存在を知ってから意識がかわりました。

一般に陸マイラーとは前者、クレジットカードに入会したり、FXの口座を作ったり、ポイントサイトを紹介することでボーナスポイントをもらう行動をします。ですがヤンメイ、使わないクレジットカードが溜まるのとか嫌でね。

陸マイラーとしてはマイナーな後者、日常生活で貯まるマイルを効率化する、みたいな方法を試してきました。王道ではありませんが。

ただ、基本やりっぱなしなので、それで本当にどれだけ貯まるのか分かってませんでした。なので、ブログネタ的にこの1年で貯まったマイルを数えてみます。

マイルの流入経路

ヤンメイのマイル獲得は主に下記の9つです。昨年の5月から今年4月までの1年で計算しました。

1.ANAカードの利用額

ヤンメイの持っているANA VISAワイドゴールドカードは100円の利用毎に1マイル(1%)貯まります。更にあるひと手間かけると、ヤンメイの場合1.57%になります。

これが1年間で、通常ポイント 61,920マイル 分+ ボーナスポイント 9,907マイル 分 貯まってました!(計 8415ポイント)

結構デカい!やはりこれがメインですね!

2.ANAカードマイルプラス

ANAカードと提携している特定の店で買い物をすると、カード利用額とは別にポイントが付くサービスがカードマイルプラスです。レストラン、駐車場、ガソリンスタンドなど色々なところでチマチマ貯まります。

1年で 934マイル 貯まってました。

3.ポイントサイト

ヤンメイは買い物のマイルはハピタスに集中して貯めることにしています。ネットで買い物をする時も、ポイントサイトを経由すれば決済額から更に1%程度(時にキャンペーンの増量あり)のマイルを増やせます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ←こちらからの入会で+30ポイントのボーナスあり。

ヤンメイ家は主に、Yahoo!ショッピング、楽天市場、楽天トラベル、ハピタス堂書店の利用でマイルを貯めています。特に、ハピタス堂書店は7%還元が大きいです。ほぼ消費税なしですよ!?電子書籍は10%還元です。

1年で 7630ポイント(6,867マイル)も貯まっていて意外でした。

4.ソラチカカードの利用額

本来はポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換するために保有されるカードですが、地下鉄の利用やPASMOの利用でもメトロポイントが貯まります。

年間 1240ポイント(1,116マイル)でした。

5.JCBカードのポイント

JCBカードでは利用額応じてOkiDokiポイントというポイントが付き、それをマイルに変えることが出来ます。1000円で3マイルしか付かないので、ないも同然ですが。ヤンメイ、仕事用の経費のカードがこれなので、仕方なく使っています。

年間で150万くらい使って、5,223マイルです。

6.楽天カード(VISA)

これは納税用のカードですね。セブン&アイグループのナナコカードのチャージに使うと、利用額の1%が楽天ポイントになります。ナナコチャージ分をポイントに還元できる数少ないカードです。ヤンメイは税金をセブンイレブンからナナコで払って貯めます。

 ←納税分を還元したい人はVISAで作りましょう。

年間 10902ポイント(5,451マイル)でした。

注:楽天カードでもVISAブランドのみ貯まりますので、お間違えなく。

7.フライトマイル

本来の王道、飛行機に乗って貯まるマイルを忘れちゃいけません。

昨年10月の東京ー石垣の往復で 1,533マイルです。

8.スルガ銀行ANA支店

スルガ銀行ANA支店は利用方法によりマイルが貯まるネット銀行です。カードや保険の引き落とし口座に利用すると、それだけで少ないながらもマイルが貯まります。

保険とキャッシュカードの引き落としで利用し、年間 96マイル になりました。

9.その他

昨年からANAワイドゴールドカードにしたり、家族カードを作ったりでキャンペーンポイントが付き、4,000マイルが加算されていました。

1年で貯まるマイルは?

結論でいうと、


97,047マイル


貯まりました。

年1度の里帰りをマイルで行う、という目的でいえば、完全に達成されています。

元々は、国際結婚家庭(特に中国人夫婦仲間)に必須の里帰りって、マイルで行くとお得だよ!ということを広く知ってもらいたいなぁ、と始めたブログだったので、ひとつの成果が示せたかな、と思います。

特に、ヤンメイ家のように直行便はANAのみのマイナー路線利用の家族は、お得度が高いですよね。今回来日してもらった母の必要マイルが18,500マイルでしたから、これくらいの時期なら親子3人と義父母全員がマイルで移動できる計算になります。(買えば30万はくだらない額になると思います)

経済活動のおまけとしては大満足な成果ではないでしょうか?

マイルの他の使い道

でも、別に海外旅行じゃなくても、使い道はいろいろですよね。例えば、ANAカードで貯めたポイントをマイルにしなければ、他の電子マネーにもできます。

ナナコポイントにすると3倍になりますので、8415 × 3 = 25,245円
三井住友カードWAONのポイントなら5倍なので、8415 × 5 = 42,075円

その他にも、貯めたマイルは色々と変換できますし、楽天ポイントなんかはそのまま買い物に使ってもいいですし。ボーナス的に考えるならなかなかの価値だと思います。


そんな訳で、陸マイラー活動を振り返ってみました。マイラーでない方も、マイルを意識するとちょっと嬉しいかもしれませんね。

 

家族の特典航空券をマイルで取ったよ

f:id:yanmei:20170510213654j:image

今年は子供が幼稚園に入ったので、長く休ませての実家帰りを避けようと、また義母に来てもらうことにしました。

ヤンメイ、有効期限の近いマイルがあったので、義母のチケットをマイルを使った特典航空券でとってみました。ANAのやり方しか分かりませんが、メモ代わりに記録しておこうかと。

今回は、ニッチな家族の特典航空券を取る手順のお話。

中国人の親族の来日には特典航空券がお得

いや、正確には中国人の親族に限らないのですが。つまり、中国から来日して、中国に帰る往復便を取るのに、特典航空券がとてもお得だ、という話です。

マイラーなら当たり前の話ですが、特典航空券は国内線より国際線の方がお得度が高いです。例えば、この5月に東京ー大阪の往復チケットを取るには、12000マイル必要です。現金で買うとANAで24000円くらいです。LCCならば10000マイルですが、チケットを買っても10000円前後なのでさらに旨味はありません!

ところが国際線航空券は羽田ーソウルの往復チケットも大阪と同じ12000マイルで取れます。買うには33000円からかかるので、大阪行きよりはるかにお得です。

特に、ヤンメイ家が利用する杭州ー成田便のように、マイナー路線で選択肢がANA一択の家庭は更にお得度が増します。金銭面もそうですが、特典航空券は期間内であれば何度でも便の変更が可能なので、外国から来る家族の急なアクシデントにも対応し易く、本当にオススメです!

過去のアクシデントのお話はこちら

家族のチケットはマイルで取れる

ヤンメイ、ちまちまマイルを貯める陸マイラーですが、実はまだマイルを航空券に変えたことがなく。去年は妻のマイルを使ってたので、自分でやるのは初めてだったんですよ。

この図のように、自分を含めた二親等以内、つまり自分の祖父母(義理を含む)と孫まではチケットが取れます。

f:id:yanmei:20170510233344j:plain


事前の登録が必要ですが、登録さえ済ませれば、すぐにでも特典航空券が取れるようになります。

特典利用者登録をする

登録方法は簡単です。
ANAのサイトからマイレージクラブにログインし、マイメニュー→ご家族の利用→特典利用者登録と進みます。(この機能はPCからしか利用出来ません)

そこで、氏名、続柄、生年月日、性別を記入して、登録すればオッケー!

特典航空券を取る

特典航空券を取る手順自体は、普通にANAでチケットを買う時と変わりありません。ANAのサイトから国際線→空席予約から行先と日にちを決めて便を選ぶだけです。(この機能はスマホからでも利用できます)

思ってたより簡単にチケットが取れました。違いは事前登録だけですね。

ちなみに、今回は行きがローシーズン、帰りがレギュラーシーズンで往復18500マイル+諸費用5240円でした。

これ、杭州→成田、成田→杭州でチケットを取ると、91600円+諸費用です。これが成田→杭州、杭州→成田だと205000円+諸費用です。経路は同じなのに、順番が違うだけで、すごい差ですよね。マイルだと同じなんですけど。

もちろん、安い時期を選べば航空券の値段も変わりますが、ざっくりこの差!


24,000円   = 12000マイル (東京-大阪)

205,000円 = 18500マイル (東京-杭州)


マイルは国際便で使うのがお得!というのが分かります。


ともあれ、そんな訳でもう少しでお義母さんがやってきます。次の休みは大掃除だなぁ。以上、マイルで家族のチケットを取ったお話でした。

 

野菜たっぷり水餃子のレシピ 皮から作るよ!

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

自営で連休にはなりませんが。天気も良く、時間もあり。こんな時は水餃子を作ってがっつり食べたい!連休の最中、急に盛り上がってしまい、水餃子ランチに決定です。

もっちりとした皮を楽しむため、中国人家庭は皮から作りますよ。←毎回ではない

今回はウチカミ初となるレシピもの。記念すべき100記事目に水餃子を作ってみました。

皮から作る水餃子レシピ

[材料]およそ100個分

・皮  

薄力粉    500g
水            適当(200cc前後)
ドライイースト  3g

・あん

豚挽肉             500g
キャベツ          半分
白菜                 1/4
ニラ                 1束
塩                     少々
ゴマ油              少々

・タレ


醤油
ラー油
パクチー

[作り方]

1.小麦粉(薄力粉)にイーストを入れ、水を加えながらこねます。耳たぶくらいの柔らかさになるまで、水を適宜加えていきます。イーストはなくてもいいのですが、我が家は食感重視で入れています。こねあがったら、1時間ほど寝かせます。

f:id:yanmei:20170504173204j:image

2.フードプロセッサーであんの野菜を刻みます。

もちろん包丁でも良いのですが。我が家は妻が皮を仕込む間に、ヤンメイがあんの準備をすすめるため、こんなもの買っちゃいました。

貝印 NEWアットミジンII DH-0288

貝印 NEWアットミジンII DH-0288

 

はっきり言って、包丁が早い人(妻とか)には無用の長物ですが、ヤンメイのような包丁素人を料理の戦力とするには秀れた道具です。昨年、餃子用に買いました。

全部やるとこんな感じ。

f:id:yanmei:20170504154421j:image


3.これに豚挽肉、塩、ゴマ油を加えて混ぜます。ゴマ油を入れないとボソッとした食感になってしまうので、少しでよいので必須です。

f:id:yanmei:20170504154742j:image


4.皮の生地が膨らんできたら、2cmほどの棒状に伸ばし、それをナイフやヘラなどで2cm程にカットしていきます。カットした生地を軽く丸め、手の平で潰します。そこからさらに少し麺棒で伸ばしていきます。

この手の平で潰す作業を入れず、全部麺棒で伸ばそうとすると、型を整えるのが大変です。台に適度に小麦粉を拡げながら、皮がくっつかないようにして下さい。

f:id:yanmei:20170504155414j:image

手作り皮の楽しいところは、皮の厚みを自分で調整出来る点です。ヤンメイは皮を食べたいので厚めに(伸ばすのが楽)、ヤンメイ妻は食感重視で薄目に伸ばします。


5.皮にあんをひたすら包みます。 

皮の真ん中に具を乗せ、包むのは普通の手順通りですが。手作り皮はフチにお水を付けなくても大丈夫。皮がもっちりしているので、キュッと閉じればくっつきます。段々とあんから水が出てくるので、あまり増えたら捨てて下さい。


6.タレを作る。

酢と醤油を7:3くらいで混ぜます。今日は米酢でしたが、もちろん黒酢でも可。適宜、ラー油や豆鼓を加えます。お好みで刻んだパクチーやネギも入れましょう。

f:id:yanmei:20170504193906j:image

7.大鍋で茹でます。

お湯を沸騰させた鍋(ヤンメイ家はフライパン)に20個〜を入れ、10分程茹でます。もっと早い時点でも食べられますが、もっちり感を出すために少し長めに茹でています。

f:id:yanmei:20170504200255j:image


8.茹であがりをお皿にあげて、いただきます!

そのまま食べても、タレを付けても美味しいです。

f:id:yanmei:20170504161114j:image

水餃子のちょっとした工夫

今回、100個ほど作りましたが、3人でおよそ60個は食べてしまいました。

飽きると思うでしょ?それが飽きないんですよ。ツルツル入っていって、10個、20個は簡単に食べられてしまいます。

同じ材料でも、皮の厚みや包み方を変えると、全然味の感じが変わってしまうから不思議です。

ヤンメイは厚みのある皮で、ニョッキやフィットチーネを食べるように生地を食べたいんですよ。なので、こんな感じ。合わせ目から皮の厚みが伝わるでしょうか。下手でも自分で食べるから気にしません。

f:id:yanmei:20170504162902j:image

 

妻はやや薄めの皮に、さらに薄いヒラヒラとしたヒダを付けて、また違う食感を作り出していました。茹でるとヒダが踊ってキレイです。

 f:id:yanmei:20170504163315j:image


ちなみに、終盤、飽きてきたのと面倒になってきたので、手抜きを兼ねてこんな大物も。市販にはない大きさで作れますからね。冷凍庫行きになりました。

f:id:yanmei:20170504163426j:image


子供のリクエストで焼き餃子も。同じあん、同じ皮の素材で、少し薄めに皮を伸ばせば完成です。これはこれでカリッと焼きあげてあり美味しいです。

f:id:yanmei:20170504163724j:image 

水餃子、皮から作って食べてみて

 朝、思い立って、9時から挽肉を買いに行き、生地を仕込み始めました。それから、茹でて食べられるようになるまで、2時間はかかりましたね。作り慣れた北の中国人ならもっと早く、簡単に作ると思います。

結構時間がかかるでしょう?なので、時間にゆとりがないと取り組めないのですが。やはり、作る価値のある美味しさです!変な添加物とかも一切入っていませんし、安心で美味しくて幸せな気持ちになれます。

冷凍で安い水餃子もありますが。一度試すと全然違うことが分かると思います。是非時間と気合がある時に、一度トライしてみて下さい。

ちなみに、過去記事の餃子エントリーはこちらからどうぞ。

 

中国人留学生は日本人にイジメられるのか?

f:id:yanmei:20170503144848j:plain

ヤンメイ妻は、元々日本の大学に来た留学生でした。大学に入る前には日本語学校にも通っていたり、なかなか日本キャリアが長いです。

以前、そんな妻に尋いたことがありました。「日本に来て、差別とか嫌な思いをしたことってある?」

妻の答えは意外なものでした。

今回は在日外国人が受ける差別のお話。

留学生はイジメに遭うのか?

繰り返しになりますが、妻は留学生でした。そこで、冒頭の質問をした訳です(昔の話ですよ)。なんか、ネットを見ていると中国人に悪い印象を持った人の言葉が目に付くので、気になっちゃって。長い間、日本にいる中で嫌なコトもあったんじゃないのか、と。

それに対する妻の答えは「ないよ」でした。

妻にもプライドや見栄がありますから。言葉通り信じたものかは分かりませんが、どうやら日本人にイジメられた、という経験はないようです。

イジメのない理由を考えた

もちろん、それが一番です。でも、日本同士でもイジメはあるし、差別的な日本人も一定数いるはず。特別に日本人の民度が高いからだとは思えません。では、なぜヤンメイ妻はイジメに遭わなかったのか。いくつか理由を考えてみました。

珍しくなかった

変わった人、目立つ人がイジメの対象になることがありますよね。でも、妻の出身大学は結構留学生の多い学校で、ゼミにも中国人をはじめ外国人が沢山いました。すると留学生とはいえ、珍しくもなんともないので、大丈夫だったのかも知れません。

仲間がいた

集団が個人をイジメる、ということはあっても、集団が集団をイジメる、というケースは少ないですよね?

妻は意外に政治力があり。徒党を組んでなにかをする、という性格ではないのですが、必ず親しい仲間を作り、孤立をしないポジション取りをします。これは、若いうちに異国に1人でやって来た妻の、守備的なスタンスなのかも知れません。

ともあれ、そのお陰で妻は常に友人と親しく交わっており、それもイジメのなかった一因だと思います。

気が強かった

ヤンメイ妻、結構気が強いです。主張は強いし、あまり引きません(ヤンメイ相手だから?)。これは中国人の特徴であるとも言えますが、留学生の特徴であるとも言えます。

考えても見て下さい。留学生というのは、わざわざ親のいる母国を離れ、言葉も文化も違う外国に勉強に来た人です。それを続けるにはある程度のガッツがないと不可能です。

つまり、平均より鼻っ柱が強い人が留学生には多く、黙ってイジメられてはいないので、対象になりづらかったのでしょう。

まぁ、全てが仮定で、証明できないんですけど。

イジメはあったけど

ただ、その後、意外な答えが続きます。

「日本人や韓国人に意地悪な人はいなかった。私に意地悪だったのは中国人だったよ」以前のバイト先で、バイト仲間の中国人が妻に色々辛くあたったことはある、と。


???

なんで???

日本人的に考えると、同じ異国の空の下で苦労する者同士。連帯感というか、助け合い精神が生まれるんじゃない?と思うのですが。

妻の性格もあり、もちろん、多くは友好的な仲間なんですが。ごく少数、意地悪をしてきた人が中国人であったのは事実のようで。変な話だなぁ、と。

差別は仲間内で

でも、よくよく考えるとありなんですよね。序列付けは仲間内でこそ行なわれるから。

例えば、高校球児でイチローとか岩隈を目標にする子はいても、ライバル関係にはならない訳です。また逆に、リトルリーグの子と本気で勝負する高校球児もまずいない訳で。

人は自分や周囲が(勝手に)設定した、クラス分けのなかで勝負をするものですからね。基本的に、同じ階層に属してる、と判断しないと勝負の対象にならないんです。

多分、妻に意地悪をした中国人は、日本人相手には変な対抗心とか持たず、同じ在日中国人同士という意識の中で、妻に対してライバル心というか優位に立とうしたんでしょうね。分からなくもないです。

妻はイジメと関係なく、早々にバイトを辞めたので、さして実害はなかったみたいですが。これ一件ではなく、他にも中国人によるイジメ、意地悪というのはあったようです。そういうものなんですね。

まぁ、中国人を非難できたものでもなく、日本人もイジメこそしなくても、ガンとして日本人コミュニティに外国人を入れない、という無意識レベルの強すぎる仲間意識がありますからね。仲間意識って大切だけれど、やっかいだなぁ、と思います。


以上、そんな在日外国人のイジメに関するお話でした。

 

中国的黄金週間

f:id:yanmei:20170430210339j:imageはい、タイトルはデタラメ中国語ですからね、信じないで下さいよ。

いよいよ世間はゴールデンウィークに突入しました。世界的には関係ないので、外国相手のお仕事の人だと、普通に仕事だったり、取引先に面倒がられたり、あるかも知れませんね。

ですが、お隣中国ではGWがあります。今回はそんな中国のGWのお話。

中国にもゴールデンウィークがあった

ゴールデンウィーク、日本のローカルな習慣かと思いきや、中国でもこの時期は連休になります。とはいえ、ゴールデンウィーク(黄金週間)とは言わないですけど。

中国のこの時期の連休は「労働節」といいます。勘の良い人は分かりましたか?そう、メーデーを祝日とした連休です。中国は建前としては労働者階級が主役の国ですからね。メーデーはお祝いするんです。

メーデーってなに?

最近、日本ではめっきり影の薄いメーデーですから。若者は知らないかもしれませんので、蛇足ながら説明を。

130年くらい前の5月1日に、アメリカで労働組合が大規模なストライキを行ない、超長時間労働を8時間に!と労使交渉をしたのを記念した「労働者の日」です。世界では80ヶ国くらいで祝日になっているとか。

日本では祝日じゃないですけど、以前は5月1日に大規模な労働者集会が行われていました。が、最近は労働運動自体が下火になってきたせいか、人が来やすい4月末の土曜日とかに集会をしたりしていて、もはやメーデー(5月の日)ではなくなってる感じ。

もっと詳しくはこちら→メーデーってこんな日

縮小メーデー

ですが、さすが労働者の本場(?)中国です。メーデーは派手にお祝いしますよ。太っ腹に1週間の連休です。飛び石とかじゃありません。しかも、今年のように前に土日が付くと9連休です!景気のいい話だなぁ、と妻から聞いてビックリしました。

ですが、ちょっと調べてみて更にビックリ!最近の中国では「労働節」の休日は3連休に変更されてしまったそうで。2011年に法律が変わって縮小されたんだとか。妻は中国を離れて久しいので、全然知らなくて、またビックリ!!すっかり現地事情に疎くなってしまっていたんですねぇ…日本でも山の日とかは急に出来てたし、そういうこともあるよね。

ともあれ、中国でも祝日を縮小するくらいじゃ、日本でメーデーが下火になるのも無理はないかなぁ。

ゴールデンウィークあるある

そんな中国のゴールデンウィーク、もとい労働節ですが、いったい何をする日なのか?

妻が子供の頃は、労働者に感謝を表すイベントが行われていたようです。例えば町の掃除のおじさんに花を贈るなど、ベタなストレートな感謝の表明の場があったのだとか。

ですが、近年はせっかくの連休だし遠出しよう、と日本のGWと同様に単に行楽のためのイベントになってきたみたい。どこに行っても高いし混むし、あまり行楽に適さない所も日本と同じようです。

ヤンメイ、自営業なんであまりGW関係ない上に混雑も嫌いなんですけど。さすがに中国事情にも疎くなってしまった可哀想な妻を連れて、どこかに行ってこようと思います。

以上、この時期の連休って日本だけじゃない、というお話でした。

 

【鉄則】中国のお祝いはホールケーキで!

f:id:yanmei:20170426153548j:plain

もし、貴方が中国人の彼女(彼氏)と付き合っていて、何かお祝い事があるなら、ホールケーキを買って下さい。

しかも、それは必ず丸い型でなければなりません!

それだけで、あなたの株は大きく上がるでしょう。「分かっている人だ」と。

今回は、そんな中国人のお祝いホールケーキへのこだわりのお話。

中国のお祝いケーキは丸ごと

妻は誕生日になるとホールケーキを買ってくれます。クリスマスでもホールケーキです。3人家族なのですが、とにかくお祝いはホールケーキなのです。もっと言うと、子供が生まれる前の、2人世帯だった頃からホールケーキ派でした。

蛇足ながら書いておくけど、ホールケーキってケーキの種類とかロールケーキの誤変換じゃありませんよ。カットされていない、丸ごとのケーキのことです。念のため。

それで、これは妻のこだわり、というより、中国社会の風潮として、お祝いは丸いホールケーキなのだそうです。

お祝いじゃなくても丸ごと?

そもそも、もしお茶飲みとかで、ケーキを買って行く時。バラのケーキを買って行くのはあまりないとのこと。なんか貧乏臭い感じで。

若い人は全然違うけど、日本でもある年代以上は和菓子屋とかで単品、一個買いがしずらい、みたいな感覚なんでしょうか?

ヤンメイ妻は、居酒屋的に少量を色々食べるのが好きで、ケーキも普段はバラで色々買うのですが。中国ではホールで買いたくなると。

確かに、以前、妻が義父にケーキをおねだりした(ヤンメイが食べたがっている、と言って買ってこさせた)時も、義父母とヤンメイ夫妻だけなのに、ホールで買ってきてくれましたから。そういう風潮なんですね。

中国のケーキ事情

ちなみに、他都市は知りませんが、ヤンメイ妻の故郷、杭州は普通に美味しいケーキ屋さんがあります。

これって結構スゴイことです。昔、20年以上前に観光で行った北京ではケーキ屋さんをあまり見なくて。ようやく見付けたら、売ってるのはバタークリームケーキのみ。しかも、味は微妙。

そんな時代を経て、現在はお金さえ出せば、日本と変わらず美味しいケーキが食べられるようになりました。とはいえ、高級ケーキ店のため1個1000円くらいするので、ホールだと1万円前後!?現地の貨幣感覚だとみんなが気軽に買える値段ではありませんけど。←日本人の感覚でもそうだよ!

中国のパティシエがどこで修行したかは知りませんが、お洒落なお店が当たれば高給取りになれそうです。実際、日本にあるフランス有名パティシエのスクールでは、定員の多くを中国人が占めているところもあるとか。フランスに行って修行するよりは安価に勉強出来ますもんね。

お祝いケーキが丸型の訳

話を戻しますと、お祝いケーキはホールで丸型です。丸いことに意義があります!


妻:ケーキはね、丸くないといけないのよ!

 
絶対よ!!


ヤ:はぁ?なんでよ⁈ケーキも四角とかあるでしょ!?

写真大好き中国人ですから。SNSとか探せばすぐにあるだろう、とタカをくくって見てみると…



ないんですよ!

ホールのケーキは丸型ばかり!


ケーキの写真自体は結構あるんですが、全て丸型です!!

ず〜っと探してたらようやく1つ、長方形のを見付けました。しかし、ロウソクとかないのでお祝い用ではないかも。とにかく、それくらいレアでした。

それで、お祝いのケーキはなんで丸型じゃなきゃいけないかというと。

丸というのは、円満とか順調とか、そういうイメージの象徴なんだそうです。なので、年に一度の誕生日のお祝いなら、迷わず丸型を選ぶべきなんですね。

お正月に湯元という縁起物のあんこ丸餅を食べる理由とほぼ一緒。その件はこちらに↓


ですから、せっかくお祝いでケーキを買うなら、中国人には丸型を買ってあげましょう。例え2人きりでも、お相手の方に喜んでもらえると思います。2人でホールとかバカァ!?と言われても責任は取れませんが(笑)。

大学の授業では習わない、小さな習慣のお話でした。

 

日本人のスポーツ嫌いと部活の関係

f:id:yanmei:20170423105120j:plain今週のお題「部活動」。はてなのお題に初挑戦ですが。


はぁ?スポーツ嫌い⁈

何言ってるの?釣り?

タイトルを読んでカチンときたスポーツ好きの人、いるとは思うんですけど。
ちょっと一呼吸置いて読み進めてもらえないですかね。だって、状況からみると日本人って一般にスポーツが好きとは思えないんですよね。

それで、その根本の原因になっているのが、部活動じゃないのか?と。今回はそんな日本の部活動の特殊性のお話。

日本人はスポーツ好きではない

くり返しになりますが、日本人はスポーツが嫌いだと思います。理由は、大人はみんなスポーツをやらないから。スポーツ庁の調査だと、週に一回くらいはなにかスポーツをやってる(スポーツの定義は不明)って人が4割弱ですよ。

スポーツ好きっていうなら、アメリカ人みたいに75%とか、ドイツみたいに70%とかでなくとも、過半数はいってないと…

こんなエントリーもあり。

内容には賛同しますけど。これもタイトルと違い、大人は「スポーツが好き」なんじゃなくて、「スポーツ観戦が好き」ってことを言ってますよね。つまり、スポーツをすることは別に好きでもない、と。

過去にはこんなことも書きましたが、

WBC決勝の低視聴率からわかるように、観戦だってそこまで好きじゃないんじゃない?結局、日本が勝ってるのを見たいだけでね。

じゃあ、なんでそんなにスポーツ嫌いなのさ、と考えた時、部活のせいじゃないの?と思う訳です。

部活動でスポーツ嫌い

学生時代に部活への参加率って9割以上なのですが、うち運動部参加率は6割くらい(ベネッセ調べ)。ですが、ヤンメイ周囲で、当時やってたスポーツを今でもやるか尋ねてみると、まぁ、ほぼ皆無です。サッカーやってた人達がフットサルに鞍替えしたのが、数少ない生き残りです。

むしろ、「もうやりたくない」という人が結構いる印象で。確かにヤンメイは「水飲むな!うさぎ跳び」世代ですし(当時は現在の逆で練習中に水を飲まないことが推奨?されていました。うさぎ跳びという関節を痛める筋トレも広く行われていました)、部活動=「つらかった」という思い出になるのも分かります。

練習や人間関係の厳しさがそんな思いに繋がるんでしょうかね?国としては生涯スポーツとか言って、皆んながスポーツをやりましょう!と勧めたいようですが、現実は逆になっちゃってるなぁ、と。

外国の部活動

アメリカ人、オーストラリア人に訊くと、やはり日本の部活の密度はクレージーだと言われます。向こうはスポーツというのは「ファン」=「楽しむもの」みたい。なので、練習の密度も週に3日程度とか。

日本のように、運動部に入ると勉強以外全部部活、家族旅行なんか行って部活を休むとレギュラーになれない、みたいな空気はないと。逆に、実力があればキャリアや学年関係なくレギュラー入りするとか。なんかこの辺は会社組織にも通じますよね。

年功序列で組織の決まりからはみ出さない、という精神性が、部活で養われてるんだなぁ、と。(ヤンメイは帰宅部なのでこの気風はなし)

アメリカの部活だとシーズン毎にスポーツの種類を変えて、年に3、4種目を経験するそうです。1つの事を専一にやり込んで極める、日本風部活と全然違いますよね。ここにも、レールを外れたら復帰が難しい日本社会とジョブチェンジが容易なアメリカ社会の違いが出ている気がします。

中国の部活動

ちなみに、ヤンメイ妻に、どんな部活をやっていたか尋ねると、びっくりな答えが。


ないそうです。

部活。

中国では基本的に学校では勉強第一。部活は勉強に関係ないからやらない、と割り切っているとか。

では、スポーツをやる文化がないかというとそうではなく。学校の部活はないけれど、興味や適性のある種目のスポーツクラブに入る子はいる、と。それなりに費用もかかるし、より才能のある子が、それを磨く場なのかも知れません。その点、大学の強い体育会の部活のようなイメージなんですかね。

中国人とスポーツ

面白いのは、中国ではそうして学校で部活動としてスポーツをする習慣はないけれど、大人になると多くの人が体を動かす風潮があります。

ヤンメイ妻の故郷では、仕事が終わる夕方になると、多くの人が公園に向けてゾロゾロ歩いて行きます。その先では太極拳に興じるグループ、エアロビのようなダンスのグループ、公園のそこここで思い思いに運動をする人々の姿が見られます。ジムとかでなく、空の下ってところが自由でいい感じ。

公園以外にも、河川敷でもウォーキングに興じる人がたくさんいたり、健康のために運動をしよう、という意識が結構高いんですよ、中国人って。そして、早く仕事が終わる社会環境が、夕方に身体を動かす習慣を可能にしてるんです。これって結構豊かなことだなぁ、と。

学生時代にスポーツが嫌いになるほどのスパルタ環境とか、大人になってスポーツをやるのが難しい社会環境とか、日本人がスポーツを楽しめるようになるには色々ハードルが高い気がしますけど。社会が変わってこないと部活を取り巻く環境もなかなか変わらないんでしょうね。

中国や外国を見て、改めて考えた日本の部活のお話でした。

 

制服が奪う自立心?中国人の自己主張鍛錬法

f:id:yanmei:20170418200544j:plain

 

最近、娘が幼稚園に入りました。毎日楽しんで通園しているようで、まずは一安心。

そんなラックに掛かっている制服を見て、制服って楽だよなぁ、と思いましてね。

それからふと、あれ?楽してたら力がつかないんじゃない?と発想が飛躍しました。今回はそんな制服から考え始めた子育てのお話

制服のメリット、デメリット

繰り返しになりますが、ヤンメイ娘、絶賛通園中です。制服が結構気に入っているようで、特に革靴を履いて出かけることに喜びを感じています。

親としても、制服姿を見ると微笑ましいというか、成長を視覚的に実感するというか、まぁ、悪い気はしません。

しかし、若い(中学生)頃のことを思い出すと、反抗期だったこともあって、そんなにポジティブな印象はなかったですねぇ。管理の象徴というか、囚人服というか。でも嫌いじゃなかったんですよ、制服。だって学校汚いから。作業服として納得もしていました。

大人になってみて、改めて考える制服のメリット、デメリットについて、思いつくままに列挙します。

制服のメリット

・組織への帰属意識が芽生える
・貧富の差が表れない
・汚れても良い
・おしゃれに意識が向かない
・毎日服装を考えなくていい

制服のデメリット

・初期投資の高さ
・没個性
・不潔(なかなか毎日洗わないよね?)
・温度調節が不自由
・所属が判明しやすい

こんなところでしょうか?

メリットとデメリットは表裏になってる部分もありますね。「所属が判明しやすい」って管理する側からするとメリットかもしれないけど、個人の所属が制服から判明するというのは、現在はデメリットの方が大きいかも、とこっちに入れています。

それで、今回のテーマは、メリットの最後のヤツ。毎日服装を考えなくていい。メリットと書いておいてなんだけど、これっていいことなのかな?と妻を見て考えた訳です。

強い自己主張はどこから?

中国人は自己主張が強いです。言い換えると、強い意志を持って自分の人生の舵を取っている、ということです。

これにはとてもエネルギーがいると思うのですけど、ケタ外れのエネルギーがあるのか、グイグイ決めて、ドンドン進んで行きます。で、それって生まれつきの違いなのか?と。一例がこちら

ヤンメイそうではない気がします。生まれつきの差だとしたら、日本人、自己主張では勝てないじゃん!

そうではなく、社会の環境とか、育成歴のようなものの積み重ねの差が、このエネルギーを生むのではないか、と思うのですよ。自分の事を小さなころからず~っと自分で決めてきた歴史が作り上げた性格なのかな、と。

麻の芽を跳び越す忍者の修行ではないですが、小さな頃から、読みたい本を決めたり、買いたい服を決めたり、毎日の行動をなんでも自分で決めるクセが、強い自我に繋がるのかな?と思います。

中国の幼稚園には制服がないのも、そういった社会性の表れなのかも?過去のエントリーでは制服もある、と写真まで載せていましたが。やはり日本の幼稚園と同じく、園に着くと着替えていました。その際の着替えは各家庭の自由な服みたいです。体操着とか画一的なものではないのですね。

良い子が欲しいのか、強い子が欲しいのか

なので、みんなで同じ格好して、朝から考えないでいい制服を着ていくのって、いいことなのかな?とか考えちゃったわけです。

多分、こういう生活を何年も続けてゆくと、出る杭を打つ、横並び意識の高い人間が育成されていくんだろうな、と思えてしまい。これは良い悪いではなく、日本社会の特徴なのでしょうけど。逆にいえば、協調性に優れた、和を尊ぶ人間を育てている、とも考えられます。

恐らく、日本人に共通のメンタリティーって、幼稚園をはじめとする学校教育(特に初等教育)による部分が大きいんじゃないですかね。学校という社会が持っている、規範意識というか圧力というか。これに毎日触れるうちに、お行儀の良い日本人が出来上がっていくのでしょう。

ヤンメイ個人は最低限の協調性があればいいと思っていて。なので、先生の言うことをよく聞く「良い子」なんかじゃなくていい。そう振る舞うのが好きなら、それもいいんですけど。

むしろ、先生の方針や意見と違う自己主張があるなら、どんどん表に出せる子になって欲しいんですよ。それで、「こんなに協調性がないと社会に出て困りますよ」とか怒られるなら、協調性がなくても困らない職業に就けばいいかな、と。

妻の子育て

ちなみに、妻の子育ては対話重視型です。自己主張をする訓練なのか、とにかく、意志を、話を聞きます。聞きまくりです!

「今日はなにが楽しかった?」

「どこへ行って何をしたの?」

「今日は誰かとケンカしなかった?」

根掘り葉掘り、同じことを何度も何度も聞きます。

妻いわく、「ママは私に興味があって、話を聞きたがっている」とのメッセージなんだそうで。また、何度も繰り返し聞いても答えが一緒なものは信頼に値する、との考えも。今後はいつも親が見てる訳ではないですから。何かの時に子供の言い分が信じられるよう、とにかく普段から対話をするのだ、と言っておりました。

ヤンメイは男ですからね。思春期になったら「こんな親ウゼー」とか思いそうですが。小さい頃からこれだと慣れるか諦めるかで大丈夫かも。女の子は感じ方も違うかも知れませんし。

ちなみに、これは中国人子育てのスタンダードでもなんでもありません(笑)。妻が試行錯誤して考えだした方法です。もちろん、これが狙い通りに行く保証もないんですが。なんか良さげかな、と。

これ、ある時期からこうなってきたんです。それまでは、なんでも妻が決めてしまうし、あまり娘の意思は関係ない感じで。

意地悪でもなんでもなく、基本スタイルが「私が決める」なので。ヤンメイには今でもこれ(笑)。ある時、中華屋で到着早々にトイレに行き、戻ったらもうオーダーが終わっていました(笑)。

それが、娘の教育に関しては、徐々に娘の意思を聞きはじめ、現在の聞きまくりのスタイルに。親になって変化するものなんですねぇ。ヤンメイへの態度も変化させて欲しいなぁ。


さて、そんな試みが成功し、自己主張が出来る子になってゆくのか。そんな続きの話はまたいづれ。