ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

人生を変える一番簡単な方法

f:id:yanmei:20170817234027j:plain

突然ですが、オープンカーに乗ったことありますか?

いや、暑さで頭がヤラれたとかじゃないです。素質はありますけど。

乗ったことある人、乗ったことない人、そもそも今の愛車がオープンカーな人、色々いると思います。実は、オープンカーに乗ったことがあるかどうか?は、ある価値観を反映しています。

いや、先週、チェコ好きさんのエントリーを読んで自分なりに思ったことがあり。

そんな思いを綴ってみました。

今回は、人生を変える一番簡単な方法について。

オープンカーっていりますか?

そもそもオープンカーって別にいらない車です。基本2シーターだし、後部座席はあっても居住性はないも同然だし、荷物は乗らないし。対象が非常に限られる完全に趣味の車です。

自家用車だとして、唯一の車にオープンカーを選ぶとしたら、かなり思い切りのいい、侠気溢れる選択ですよね。

もちろん、格好いいとか自然との一体感があるとか目立つとか楽しい所もたくさんあると思いますが。

実際はなかなか乗る機会がないでしょう。お金持ちでセカンドカーかサードカーがあるとか、友達が持っているとか以外には、庶民のヤンメイにはレンタルするくらいしか乗る手段を思い付きません。

それでも前記の不便さをおして割高なオープンカーを借りる人は、実用性以外のところに価値を感じる人だと言えるでしょう。もう、乗りたいか、乗りたくないかだけが選択の基準と言えます。気分に従う人かどうかの踏み絵でもありますよね。

でもオープンカーに乗ったよ

それでもヤンメイ、実は以前オープンカーを借りたことがあります。まだ子供が出来る前、仕事でハワイに行った時のことです。

基本、ソロ活動のない国際結婚夫婦、ハワイももちろん一緒です。が、当時、妻はハワイ未経験で大変ハワイに偏見を持っており。ぶっちゃけ全然行きたくない人でした。こっちも大枚叩いて付いてきて貰わなくても全然構わないはなんとかして一緒に来て貰いたいので、色々気に入りそうなイベントで気をひくワケですよ。その一つがオープンカーでした。

ヤンメイ自慢ではありませんが、仕事人間でした。完全に昭和脳です。しかも、質素倹約を旨とし華美を廃するという、江戸時代に推奨された庶民の暮らしの体現者です。実際、若い頃は修業に明け暮れ貧乏ヒマなし。少しお金が入ればまた修業、と結婚までは無駄とか潤いとはあまり縁のない暮らしを続けていました。

なので、車もね、仕事場がハワイの離島でレンタカー以外の足がないから、仕方なく借りることにしたのです。もちろん、必要最低限、用が足りればよいので一番安いのを借りようと思っていましたよ。

すると、妻が言うのです。


オープンカーがいい!オープンカーにしよう!!



はいっ!?



大丈夫、いくらも変わらないよ。せっかく南の島に行くんだから、オープンカーが楽しいよ。私達は経験にお金を払うべきなのよ

と自信満々におっしゃるのです。

はぁ…、さよですか。

同様に、宿も安宿ではなく、オーシャンビューの絶景が広がるオサレなコンドミニアムを選択。こういうエサを用意して、ようやく妻をハワイに連れ出すことに成功したのです。

これ、それまでのヤンメイの人生ではありえない選択でした。まぁ、単純にお金がなかった、ってことでもあったのですが、貧乏学生の金銭感覚のまんまでしたからね、これまで。清水の舞台から飛び降りるような気持ちで、泣く泣く費用を捻出しました。

想像力の向こう側

先のブログの言葉を借りれば

 

想像力には限界がある。想像力の向こう側へは行けない。

ということになります。本当にその通りだと思います。1人ならば。

でも、妻という連れ合いがいたことで、1人なら絶対に選ばない選択を渋々、でも易々とやってのけました。少なくとも、自分の想像力の限界は越えた行動が出来ました。ちょっとだけ世界が広がった、と言えると思います。

つまり、タイトルの人生を変える一番簡単な方法は、誰かと一緒に人生を歩むことです。もちろん、夫婦でなくても、友人や恋人でもいいかも知れません。でも、自分に対して一定の強制力がある存在の方が、人生を変え易いです。特に、全然自分と発想や意見の違う人だとなおさらです。

結論としては

国際結婚すると人生変わるよ!ってことです。(笑)←それか?

その後の話

ちなみに、想像力の向こう側に行った2人はどうなったのでしょうか?(妻は自らの想像力から出ていないとも言えますが)

ヤンメイは明らかに発想が変わりました。ハワイ以降、仕事のやり方、営業時間、収入など多くの変化がありました。

オープンカーに乗って、コンドミニアムに泊まり、リゾートホテルでビーチを見ながら朝飯を食べ、無人のビーチで昼寝をし、バーベキューをしながら夕日を眺める。それがとても気持ち良かったもので、すっかり気に入ってしまいました。

すると、これを頻繁に出来るように、と気合いが入るというか、工夫をするというか。業績には波があるので毎年はなかなか行けていませんが、基準がそこになったのは大きい。確実にモチベーションになっていますね。

そして、渋々付いてきてくれた妻は。ぞっこんハワイラブで、帰国後深刻なハワイロスにおちいりました(笑)。もう、毎日窓の外を見ながら、なぜこの景色がコナの海ではないのか、とため息をつく生活を1ヶ月以上続けていたでしょうか。

余談ながら、ヤンメイ家は窓に面した対面キッチンなのですが。このデザインのイメージ元はハワイのコンドミニアムのキッチンです。壁を向いて調理なんかしたくない、開かれた窓に向かった対面カウンターがないと嫌!と現在のキッチンをデザインしてもらいました。まぁ、窓からの景色は公園の木々で、海なんかありゃしない、というか、実際の料理中に見てるのは手元なんですけどね。

見たことのない景色と体験があったという点では、妻も想像力の向こう側に行ったんでしょうね。行きたくもないところに連れて行かれたことで。


そんな、人生を変える方法についての一例の話でした。

 

夏休み平日のサンリオの混雑具合

f:id:yanmei:20170813203207j:plain

なんか公式のサイトでも季節のタイトルにありそうな感じだけど。先日、誕生日が近い娘とサンリオピューロランドに行ってきました。

娘の誕生日が夏なので、必然的に誕生日のグリーティングとして訪れると夏休みになってしまいます。平日とはいえ、夏休みにピューロランドに行くと、どれだけ混雑しているのか、割とドキドキしながら行ってみました。

今回は、そんな混雑状況のレポートも兼ねたサンリオピューロランド紀行。

夏休みだけどピューロランドに行った

サンリオピューロランドとはなんだかご存知でしょうか?ヤンメイは子供が出来るまではよく知らなかったので、蛇足を承知でサラッとご紹介。

サンリオピューロランドとは東京都多摩市にある、サンリオのメルヘンキャラが集う屋内遊園地です。新宿から電車で30分というと、他地域の方でも地理が分かるかな。

ディズニーランドのサンリオ版と考えりるとイメージが近いですが、1番の違いは屋内ということ。その分、他の遊園地ほどの広さや開放感はないのだけど、夏の暑さや冬の寒さ、雨雪の悪天候も気にせず遊べる、子連れにも優しい遊園地です。炎天下に中でずーっと並ばなくていいのは親も助かりますけど。

朝、そこまでやる気のないヤンメイ家、いつもより少しのんびり起きて、慌てて出かけることに。車で一般道をずんずん進みましたが、途中の道にさしたる渋滞はありません。

ピューロランド駐車場の混み具合

この日は9:45オープンで到着が10時。この時点でピューロランドに一番近い、地下の駐車場所は満車になってました。たまたま何の偶然か、道路を挟んだ最寄りの提携駐車場を案内されている最中に、どなたか出られた方がおり、ちょうど一台分空いて潜り込めました。ラッキー♪

地下駐車場に入れたい方は開演30分前には行かないと、駐車は難しいかも知れません。

f:id:yanmei:20170810164101j:image


ちなみに地下駐車場からはこのような通路があり、途中にはキャラの像がお出迎えしてくれます。駐車場に用がないと知らないと思うけど。

この通路の先にはエレベーターホールがあり、日本語、英語、中国語の三ヶ国語で案内表示があります。なんか頑張ってる感じ。

f:id:yanmei:20170811225241j:image

夏休みのピューロランドの持ち物

1.前売り券を用意

ディズニーランドでもそうですが、入場の時点で券を買うのに並ぶのは時間も無駄ですし、お高いです。ヤンメイ家はあらかじめヤフオク!にて株主優待券を買っていたので、3人でも3000円程度。しかも、入札時にポイントサイトを経由して、マイルも貯めております。この節約は後に、別の出費に変身しますが、それはまた後ほど。

2.上着を用意

長袖でも良いのですが。屋内施設であるピューロランド、シアター系のアトラクションを楽しむ時、冷房がキツくて徐々に寒くなります。夏でも、上着を持っている方がいいです。

3.敷物を用意

パレード系のアトラクションは結構場所取りから開始まで長い間、地面に座ることになります。地面自体は直に座ってもいいと思うのですが。長く座ってると足腰にくるので、簡易クッション的な物があると楽かも知れません。

ピューロランド午前の周り方

ヤンメイ達は着いて早々にキャラクターボートライドに乗りたかったのですが、すでに10時20分の時点で45分待ちだったので後回しに。フェアリーランドシアター にて「ちっちゃな英雄」というお芝居を観ることに。

基本的にピューロランドは乗り物系かシアター系(座席から観るお芝居)かフロア(パレード)系かという楽しみ方になるのですが。後者二つは開始時間が決まっているので、どうやって回るかを考えないと、時間が重なって楽しめない、なんてことも。ヤンメイ家はそこまで本気ではないので、当日に園内で配っているタイムスケジュール表を見ながら適当に予定を立てましたけど。あらかじめサイトから確認も出来ます。

「ちっちゃな英雄」は開始まで20分あったので、並べば普通に席に着けました。ただ、このお芝居、40分あるんですよね。寒くて上着が欲しくなりました。

理想としては、開演すぐにボートライドに並び、その後、ステージ系のアトラクションを一つ楽しんでから早めのお昼に突入するのをオススメします。

ピューロランドのオススメランチ

ピューロランドは再入場も可能だし、園外で安くあげることも可能です。でも時間ももったいないし、ショーの時間もあるので、園内で食べるのがベストかと。

園内にはフードコートとレストラン2件がありますが、オススメは4階の「館のレストラン」です。ドリンクバーとデザートも含むビュッフェ形式で、大人1980円、子供980円(小学生以下ー200円)とリーズナブル。オススメなのは、食事中にレストラン内のステージで、10分程のキティーちゃんのミニライブが行なわれるから。

時間が決まっているので、そのタイミングでレストランにいないと見られませんが、ライブ開始30分前に入店し、食事をしていれば全然問題ありません。実際、ヤンメイ達は11時半に並んですんなり着席。ステージ近くの前方席は埋まっていましたが、半分より後ろ程度の席から、ばっちりライブが見られました。

f:id:yanmei:20170812000908j:image


客席の間からステージに向かうので、この距離でのキティ遭遇に娘、大興奮!

f:id:yanmei:20170812000721j:image


これで親子で5000円のランチなら安いかな?と。

内容的にはやや炭水化物寄りだけど、ちゃんとサラダバーもあり野菜も採れます。味も並みのファミレスレベルなので不満はないかと。

ピューロランドのお誕生日

ピューロランドにお誕生日に行き、インフォメーションカウンターに申告すると、誕生日の小冊子とカード、シールが貰えます。

このカードは首に下げて園内を回っていると、スタッフがお祝いの言葉と共に、シールを貼ってくれます。乗り物に乗るときはおろか、すれ違った掃除のお姉さんもお祝いしてくれて、ちょっとスペシャルな気持ちになれます。

娘は嬉しいながらも照れ臭いようで、変顔率高めになっていました。が、帰ってからもカードを見ながら色々思い出を語るので、やはり記念品があると良いですね。

f:id:yanmei:20170813203703j:plain


あと、「ハッピー バースデー ショー」というステージもあります。これは同じお誕生日月のキャラクター(各キャラクターに誕生日があるんですよ!)が歌い踊り、誕生日の子達と写真も撮ってくれるようです。が、割と午前の早めの時間にステージがあるので、ヤンメイ達は観られず。でも、無料ですし、お誕生日のお友達はタイミングが合えば是非。もちろん、鑑賞は自由でお誕生日以外の人も関係なく楽しめます。

予約制のお祝いもあり!

ヤンメイ家、娘の誕生日祝いと銘打ってのサンリオピューロランドでした。実は、ピューロランドでは、上記のステージ以外に、キティちゃんのステージを観て、ステージで一緒に写真を撮ってお祝いをして貰い、お土産まで貰えてしまう「アニバーサリータイム」というイベントがあります。貸し切りミニライブみたいな感じです。

正確には、このイベントのチケットを買って参加します。本人は2300円、付き添いは500円で、付き添いにもジュースとお菓子が出ます。お値段を考えると特別感があって楽しいのですが、このイベント、予約制です!

以前、誕生日に来て偶然このイベントを知り、まんまチケット購入が出来たのでそのつもりだったのですが。現在はネットからの予約制になっており、夏休みだと当日参加は無理でした。前日の23時まで予約可なので、お祝いで行く人は予約を忘れないで!情弱な父ですまん、娘。

ちなみに。アニバーサリーというくらいなので、お祝い内容は誕生日に限りません。サラダ記念日でもカップル一ヶ月記念日でも、好きなきっかけで申し込めます。以前は6人くらいの参加者の中に、大きなお友達(大人)あり、感激して泣きっぱなしの子もあり、濃ゆい人がたくさんいて、客席から観ていても楽しかったです。

午後はパレードから

「館のレストラン」での食事中から、是非観るべき!と繰り返しアナウンスされていたのが「ミラクルギフトパレード」。もう、観やすい席もないだろう?と興味もなかったのですが、「1時から始まるよ!まだ間に合うよ!是非観てね!!」と、あんまり推されたのでついつい鑑賞に。

1階中央の「知恵の木」を中心に広い範囲で見られます。でも開始10分前だとさすがに1階に居場所を取るのは難しく、ヤンメイ達は2階から見下ろすように鑑賞。立見ですが、2階は「知恵の木」を取り囲むように通路があり、どこからでも観易かったです。

ピューロランドは屋内なので、場内を暗くすることが出来、光の演出がキレイでした。確かに、行った以上は一見の価値ありですね。25分の抱っこはしんどかったですけど。

金で解決ピューロパス

さてその後、メインイベントとも言える「不思議の国のハローキティ」というお芝居に並びました。これはメルヘンシアターという劇場で行なわれる40分程度のショーです。前半はお芝居、後半は歌のステージ、と宝塚スタイルの割と本格的な内容で、大人の鑑賞にも堪える充分なクオリティなので、行ったら是非体験するべきです。

ここで、メルヘンなピューロランドに似合わないアイテムが活躍します。

ピューロパスです。

これは、サンリオピューロランド独自のすごいシステムで、他の遊園地では見たことがない究極の資本主義アイテムです。

ピューロパスとはなにかというと、行列をショートカットするチケットなんです!これを出すと、何人並んでいようと、ほぼ最前列に割り込みが出来ます!順番が金で買えるんですよ!これほど分かり易い資本主義の形が見られるなんて、ピューロランドスゴイです。

ピューロパスは普通に当日、会場内で買うことが出来ます。アトラクションよって異なりますが、500〜1000円で買えます。

ヤンメイ、抱っこで疲れていたので、このチケットで楽をさせてもらいました。3人で計1500円。すると、開演5分前に来て下さいとのアナウンスで並ぶ必要もなし!開演までブラブラと写真を撮ったり、トイレに行ったり。

時間になったので行ってみると、5分待たず会場に入れてくれ、前列から2列目に優先案内してくれました。さすがに観やすい良い席でしたね。ピューロパス最高!

ピューロランドは障害者にも優しい 

と、こう書くと、なんかメルヘンなのに金の亡者みたいじゃないですか、ピューロランド。

いやいや、そうじゃないんですよ!

よく、遊園地とか水族館には障害者料金の設定があります。ですが、ピューロランド、この割引は200円とほんの気持ち程度。(ディズニーは一切割引なしですが)

え〜、セコいなぁ!

いやいやいや、だからそうでもないんです!

障害者は上記のピューロパス(ハートフルパス)が申告すると貰えるんですよ。これはなかなか嬉しいと思います。

1000〜2000円程度の割引も良いですが、体のしんどい人には並ばずに楽しめる方が、遥かに嬉しいサービスじゃないですかね?こうした本質的な優遇って、良い制度だと思います。

ボートライドもピューロパス

さて、そんな合理技で観劇を済ませた後は、他のアトラクションに色々並びました。平日夏休みの午後ですが、モノによって10〜30分程度の待ち時間でした。

唯一、ボートライドだけは常に50分以上待ち。これは10分近く乗り物に乗りながら、サンリオのキャラクター達を眺めるアトラクション。ピューロランドの中で一番遊園地らしい乗り物だけに一番人気なのです。

でも、これもピューロパス対象。しかも、乗り物系はファミリーで1000円という値ごろ感。あの優先快感を経験したら、ちょっと1時間は並べません。

再びピューロパスを買い、50分を5分に縮める魔法を体験しました。やっぱり快適です。他には外国人観光客がこのチケット使ってましたね。

 

まぁ、そんなこんなでほぼ閉園の17時までたっぷり遊びました。これが、お盆のこの時期になると20時まで延長されるようです。

一日遊園地、結構疲れますな。全国のお父さんお母さん、お疲れ様です!この記事が夏休みにピューロランドを訪れようとする、誰かの役に立てば幸いです。

日本人はもう少し遊び心を持った方が良い

f:id:yanmei:20170811085756j:plain

えらい上から目線なタイトルですが。しかも、そんなん言われて誰もどうすることも出来ませんが。SEO的にも無意味ですが。

天からそういうタイトルが降ってきちゃったんだからしょうがない。もうね、最近まるで無作為に書いております。

それでは、お読みください!今回は新幹線にみる日中遊び心の違いのお話。

国際結婚の出張は家族連れ?

先日、出張で仙台に行きました。毎度お馴染みのずんだシェイクとか、もちろん飲んで来ましたよ。でも、それは別の話。

ずんだパフェを食べるときに気を付ける事


今回の出張はちょっといつもと違いました。何が違ったのかって?妻子付きだったのです。


ヤンメイ:今度の日曜、仙台出張だから

妻:・・・一緒に行ってもいい?

ヤ:(おおっ!?)…いいともっ!!


日曜日に仕事なんか入れた弱味がありますから、即オッケーですよ。(ちょっとタイムラグはあったけど…)外国人夫婦はソロ活動なしが基本ですしね。


ヤ:でも、夕方までずっと仕事だよ?

妻:大丈夫!心配ないから!!(キリッ!)


子連れなので観光でもないだろうけど、どうやら親子して東北新幹線に乗りたいらしいのです。ヤンメイ家、移動は基本車か飛行機なので、確かに新幹線は1度しか経験がなく。「はやて」 は格好いいし、テンション上がるのかも。

そんな訳で、妻子同伴での仙台行き。電車を待ってるホームでも妻子のテンションは上がりまくり。なにしろ、自分達の前に出発する電車にも、乗り込む姿で記念撮影。まぁ、楽しそうだしいいか。

東北新幹線に望むこと

で、ようやく本題です。乗り込んでから、静かな運行状況、快適な座席などを色々見回して満足そうだったのですが。突然のたまうのです。

妻:ねぇ、なんで日本の新幹線は速度表示がないの?

ヤ:は?

妻:台湾の新幹線には速度表示があって面白かったのに…

ヤ:あぁ…なんでだろうね?(汗)

知らんわっ!!そんなんあるんだね。

知らんけど…言われてみれば、その通り。あったら面白いよね。

上海の新幹線にも速度表示あるようです。出入り口のドアの上、電光掲示板の所に出てくるみたい。日本でも飛行機とかでは表示しますよね?確かに東北新幹線にそういう機能はないです。

f:id:yanmei:20170811085834j:plain


なくても困らないけど、あると気分的には「おおっ!」ってなりそう。表示していると「意外にスピード出さねぇな」とか思われるから表示したくないんですかね?

東海道新幹線だと広告も流してるらしいですが、東北新幹線だと到着情報とか大したこと書いてなかった記憶。少なくとも、速度表示があると子供達は喜びそうな気がします。それでいて、困る人はいなさそうな。

おもてなしとか言って、電車の券売機ではクレジットカードも使えないしね。せめて、それくらいの遊び心があると、分かりやすいの好きな外国人にも受けるんじゃない?

無駄をなくしてとことんシンプルに、というスタイルでもないんだし、役に立たない遊び心を持つ余地がもう少しあってもいいのにな、と思わされました。

中国の信号機が便利

ちなみに、遊び心ではないけれど、中国で面白いなぁ、と思ったものの一つに信号機があります。

首都圏には矢印式信号機がよくあるのですが、その矢印の部分に数字が表示されていて、赤信号から青に変わるまでの残り時間がカウントされていくんですよ。これが意外に便利。

日本にも一部地域ではあるみたいですが、全然メジャーじゃない。歩行者信号には目盛が減っていくタイプのカウンターが付いてるのはありますけどね。妻の実家、杭州市では割とポピュラーにカウント表示信号機があります。

中国人の信号を守る意識とか本当に稀薄なんだけど、こういうのあると「もう少しだな」とか我慢し易いからかな?

これも、さほど必要ないけどあると嬉しい関連で思い出しました。


妻といるともう一人子供がいるようで、時々思いもよらない提言を受け、本当楽しいです。ヤンメイが偉い人だったら、もう少し日本も変わるんだけどねぇ(^_^;)

 

中国、修学旅行ないんだってさ

f:id:yanmei:20170808230831j:image

いや、もちろんある学校もあるようですが。妻の学生だった頃の中国の小中高では、日本のような修学旅行はポピュラーではなかったようです。

修学旅行、行ったからなんだ?という部分もあるでしょうが、ヤンメイ、修学旅行にも日本と中国の文化差がくっきり表れている気がするんですよ。

今回は、そんな修学旅行に見る日中の差について。

日本の修学旅行

ヤンメイ、学生の頃は各学校で旅行がありました。小、中学校では林間学校と修学旅行。高校でも修学旅行がありましたね。

特に、高校の修学旅行は自由時間というか、一日の計画を立て、自分達で自由に周るという時間がありました。テーマを決めたり、先生受けの良さそうなプランを立てたり、正直面倒でした。

教育的観点からすると、「修学」旅行ですから。集団行動をする、時間を守る、規則を守る、歴史文化に触れる、などのテーマがあったんでしょう。先のプランニングも、計画と実行の練習ですよね。

そう、日本の修学旅行は「遊び」「楽しみ」という視点より、規律や知識の「学習」といった面が重視されている気がします。とても日本的です。

先生お疲れ様です!

それで、子供の頃には考えもしなかったのですが。修学旅行って、先生にとって大変な行事だなぁ、と思うんですよ、改めて。

まず、旅行中はずっと「先生」として行動しなきゃいけない。朝から晩まで何日もですよ?超過勤務どころではなく、全行程勤務ですから。

代休はあるのかな?土日が日程に入っているとあるかもしれないですが、なかったら本当泣きますよ。

また、せっかく観光地に行っても仕事ですからね。多分、楽しめないでしょう。美味しいものを食べに行くとかも無理ですし。誘惑だけあって出来ないのなら、いっそない方が楽かも。

下見とかなら少しは自由かもしれませんが。それも同僚と一緒ですからね。所詮仕事の範囲です。

これ、選べるなら「修学旅行いらね!」って思う先生、結構いるんじゃないですかね?中国ではまさにそんなスタイルが実現されています。

中国の修学旅行

一方、中国人の妻は、そうした学校行事、一切なかったようです。日帰り遠足くらいはあったようですが、泊まりの旅行はなかったと。

なんでか?以下、妻の考察です。

中国の学校は勉強メイン

これまでも時々書いていますが、中国の学校は勉強のための専門学校という考えに近いようで。人格教育とか集団行動を身に付けるとかは、あまり重視されてないみたい。学校=勉強、というシンプルな目的の為の施設です。だから、旅行なんかしない。少なくとも、ちょっと前まではそんな学校ばかりだったはずです。

道中が危険

中国、大きいので国内旅行でも行き先により、結構な旅行になります。それで、誘拐とか事故とかも珍しくない国なので。安全を確保しつつ、大人数を定時に移動させるのは、日本の国内でのそれより難易度が高いのです。

先生が大変

そう。先生は学科教育の専門家であって、旅行の引率とか部活の顧問とか、そういった業務はやらないのです。むしろ、中国では学校の先生が勤務時間外(放課後)に私塾(有料)を開いて生徒に通わせていたりするので、そんなサービス残業なんかやってるヒマはないのかも。日本の先生には羨ましい話なのかな?

もちろん、ここ20年間の中国の変化は目覚しいものがありますから、修学旅行をやる学校も増えては来ているはずですが。基本的な考えはこのままだろう、とのことです。

修学旅行の教育的効果 

そこから善悪を判断するものではないですが、このような修学旅行を通しても、国民気質というのは作られるなぁ、と思います。

中国ではまだ皆が家族旅行で遠出をするライフスタイルではありません。いや、都市部の富裕層とかバンバン旅行に行く人達は行きまくるのですが、多分、行かない人は全然行かない。いや、行かなかった、というべきでしょうか。車を使ったレジャー人口も含め、今まさに中国では旅行人口が増加中といったところ。

つまり、今の個人旅行、レジャーを牽引する中核の世代は、自分の子供時代にはあまり旅行やレジャーを経験していないのです。なおかつ、修学旅行もない。

すると、旅先でいかに振る舞うべきか?というモデルを知らない人が、まだまだ中国には多くなっちゃうんですね。だから中国では政府が公式マナー本なんかを出したりして、慌てて教育しているのです。

中国政府の旅行マナー本 どこでも大小便するな、鼻ほじるな│NEWSポストセブン

中国人観光客といえば、「大声がうるさい、並ばない、ゴミを投げ捨てる、立ち入り禁止を気にしない」など、マイナスイメージが多いですよね。

これらは全部、修学旅行での禁止事項というか、怒られることというか。こういう教育が修学旅行も含めて、日常で繰り返し刷り込まれているところに、日本の教育の効果というか特色を感じます。

まぁ、逆に大人になってもその呪縛が解けず、受け身でお仕着せのプランに乗っかって生きていくスタイルになってしまう人も多い、というのもまた日本人の特徴ですけど。


制服の旅行集団を見て思った、日中修学旅行の違いのお話でした。

 

 

アメリカ人とお中元

f:id:yanmei:20170802095729j:plain

えっ!?なんで急にアメリカ人?

とか思ってません?

頭が硬いのは不許可ですよ。ほら、ウチカミはカルチャーギャップを語る国際結婚ブログじゃないですか。←知らんがな

なので、面白ければなんでもいいんです、聞いた話ではありますが、外国人の異文化理解について、一つのエピソードをお話したいと思います。

今回はお中元の効能のお話。

免状がもらえない

今回の主役はヤンメイではありません。ヤンメイの友人で、アメリカ人と結婚している日本人A子ちゃんのエピソードです。

A子ちゃんはお料理が大好きな女性です。かなり凝り性の彼女は、素人でありながらプロコースの料理学校に通ったりしている、本気度の高い人。フレンチ、イタリアンは既に数年の修行の末、ディプロマ(修了証書)を持ち、さらに懐石料理を学んでいました。

こちらも基礎コースを終え、三か月更新の上級コースに学んでいたときのこと。早い人なら半年で修了となるので、「最短でマスターするぞ!」と張り切っていました。同じクラスでもセンス、技術ともに上手な方だったので自信もあったのですね。

ですが、上級で学び、半年を経ても皆伝のお声はかかりません。「あれ?」と思いつつ、更に更新して学びましたが、どうにも先生から修了のお声がかかる雰囲気はない…(試験とかではなく先生の認可なのです)

アメリカ人旦那の発想

煮詰まって、アメリカ人の旦那に「なんでまだ修了にならないのかなぁ」と相談したところ、意外な返事が!



「お歳暮贈った?」



はぁ!?


時はまさに初夏だったのですが、アメリカ人にお中元送付の有無を確認されるとは!しかも、全然料理と関係ないし!!


「いや、だって日本料理とか伝統のモノでしょう?そういう気遣いとか大事なんじゃない?」

いやいやいや、ないでしょ、そんなこと。

とは思いつつ、一方でそれもそうかと納得した素直なA子ちゃん。早速お中元を贈ってみました。しかも、万事徹底したところのある彼女は、更にダメ押しをしました。

たまたま先生のお宅が、お孫さんをインターナショナルスクールに入れたがっているのを小耳に挟みました。しかし、そこは関係者の紹介がないと入れない学校。A子ちゃんのウチは子供をちょうどそこに通わせていたので、「よろしければご紹介できますけど」の一言も添えた送り状も一緒に送りました。



すると、すぐに皆伝のお達しが出たそうです。


そこかよ_| ̄|○

嬉しいような悲しいような、複雑な心境になりますよね(笑)

プレゼントの効能

まぁ、色々な指摘を含んだエピソードですが、やっぱり人間は気を遣われると悪い気はしないんだな、と。

ヤンメイも若い頃は、盆暮れの贈答って無駄な儀礼だと思っていました。が、大人になるにつれ、感謝を形で示す良い機会だな、と捉え方も変わってきました。むしろ、初めてお歳暮を贈ったときとか、大人の階段を昇った気がしましたね。

アメリカでも暮らしていたA子ちゃんによると、アメリカ人はお歳暮、お中元の風習はないらしいです。(当たり前か)ですが、お世話になった人や上司に、クリスマスプレゼントやカードを贈ったりして、やはり感謝を形で伝える習慣はあるみたい。

なるほど!その辺の感情は同じたがら、旦那さんもお歳暮に気が付いたんですね。それにしても、随分と日本文化に精通したご主人ですよね。ヤンメイにこの発想が出来たかどうか…

脱線:お礼状の話

話が逸れますが、ありがたいことにヤンメイも少しですがお中元、お歳暮をいただくことがあります。その際の御礼状書きはヤンメイ妻の仕事です。

別にヤンメイが書いても良いのですが、以前、こちらから贈り物をした時にいただいた御礼状の末尾に、ご本人のお名前の下に「内」と書かれたものがあり。これなに?と。

家内の「内」だよ。奥さんが主人に変わって代筆しました、って意味だ、と伝えたところ、大いに気に入ってしまい。なんか上級者っぽくて良い!と(笑)。いただいた本人ではなく、奥さんが代筆するというのもおかゆかしいような、日本的な感じだ!とのこと。以後、ヤンメイ家ではヤンメイ妻が御礼状を書いてくれます。文面の起草はヤンメイですが…。

確かに、妻の狙い通りというか、外部ではとても日本語の上手な丁寧な奥さん、との評価を一部でいただいております。


以上、お中元で免状を売ってしまう人がいる、心が潤った人のお話でした。

 

小さな命を大切に!が通用しない世界で

f:id:yanmei:20170728073919j:image

いや、別に全然悲惨な話じゃないですよ。我々が平穏に暮らす日本から遠く離れた場所で、今も何千何万の命がいわれもなく失われている…といった世界の現状を嘆く内容ではなく。

生き物を助けて中国人に笑われた、という日本的ヒューマニズムのお話。

背後に誰がいる

昨年、お義母さんを連れて沖縄に旅行に行ったときのお話です。お義母さん泳げませんから。もっぱら楽しいのは貝殻拾いです。その日も車内で寝てしまったヤンメイ娘とヤンメイを車内に残し、妻とお義母さんは貝殻拾いにいそしんでいました。

結構長いこと待ちましたね。コンビニ袋一杯に貝殻を拾った2人が戻ってきました。が、まだ拾い足りないらしく、途中の良さげなビーチに寄ってくれとのご要望。

はいはい、と近場の具志堅ビーチなるところに車を停めました。すると、寝ている娘と2人しかいない車内でガザゴソと音がします。

???

耳を済ますと車の荷室から音が聞こえます。

???

生き物でも採ってきた?

荷室のドアを開け、コンビニ袋を確認しますが貝殻ばかりで生き物の影はありません。

???

不審に思いながらも運転席に戻ると、やはりまたガザゴソガザゴソ。



やっぱり気のせいじゃないよね!?


やっぱり音はコンビニ袋からしている様子。もう一度、袋を遠目から観察していると…



いました!
小さな小さなヤドカリちゃんが!


一見貝殻だし、人影が見えると隠れてしまうので、さっき見た時には分からなかったんです。同じ理由で、妻達も拾って来ちゃったんでしょう。

ヤドカリ確保が不思議

ふたたび収穫を終えて車に戻った妻とお義母さんに、可哀相だからここの海に放してあげな、と言ったのですが。

なんか面喰らっている様子。面倒だからいいよ、みたいなことを言って、2袋分の貝殻を宿まで持ってきてしまいました。

まぁ、確かに、人がいると隠れてしまうのでね。選別が難しいといえば難しい。なので、宿でゆっくり選り分けるのでしょう。

ヤンメイ達の宿には広めのテラスが付いており。こちらに収穫してきた貝殻をザラ〜ッと広げてしばらくすると、なるほどヤドカリちゃん達はガザゴソ歩き始めるではないですか。確かにこれなら選別は簡単です。とりあえず空き瓶にヤドカリ達を保護しました。

ですが、妻と義母はなんとなく不思議な顔をしています。なぜそんなことをするのか、といった風。


いやいやいや、だって、海に帰してあげなきゃ死んじゃうでしょ!?


死んでマズいの?とこそ、尋きませんが、どうやらそんな心境のようです。

なるほど!この人達には「小さな命を大切に」的な教育はないのだな、とようやく察しました。なかなか根本的なズレな気がしましたね。

鶴の恩返し的話?

翌日、出掛ける際にヤンメイ、瓶を持って宿を出ました。それで、最初に海らしきものが見えた辺りで車を停め、放流(?)を試みました。ですが、残念ながらその場所は海でこそありますが、テトラポッドの沈む切り立った海辺。ちょっとヤドカリの生息域とは違う気がします。

なので、再び瓶を持って車に戻りました。もう少し、浜っぽいとこまで行って放すね、と。すると、妻と義母は「きっと明日あたりヤドカリが恩返しに現れるんじゃない?」みたいなことを言って笑っています。やっぱり、彼女達にはなんか可笑しみを感じる行動みたい。

それでも良さげな浜に無事ヤドカリを放し、なんとなく肩の荷が下りた気分になりました。少なくとも、半分日本人のヤンメイ娘には、成長したら「小さな命を大切に」という感覚を持っていてもらいたいものです。

生命はどこまで大切か

 多分、彼女達の感覚からしたら、そんなことをして何になるんだ、という気分なのでしょう。そもそも、人口がすごく多くて、同国人という以外には別に縁のない人がゴマンといますから。人の命すら、あんまりインパクトないんですよね。ヤドカリなんかだとなおさら。

ヤンメイもこれが食べるつもりや飼うつもりで獲ったのなら、別に文句はなかったのですが。間違えで連れてこられて、そのまま打ち捨てられて干上がって死ぬのは可哀相だな、となんとなく思ってしまったんですよね。こういう感情は日本人的にはポピュラーだと思うんですけど、実際どうなんでしょうね?

ただこれ、ヤンメイ妻やお義母さん(中国人)の感覚がおかしい!と責めるお話でもないんですよ。いや、当時は思いましたよ、やっぱり感覚が地続きじゃないな、って。

でも、冷静に考えれば、ヤンメイも家の中に蚊とか虫がいた時、まず殺してしまいますし、瀕死のセミがマンションの廊下に落ちていても打ち捨てて平気に過ごしています。そして、それは日本人的価値観の中で、そう非難されるような行為でもない。「小さな命を大切に」といいつつ、ご都合主義のダブルスタンダードです。

それこそ、「じゃあ、あなたが助ける命と見捨てる命の境はどこなの?」と尋ねられたら、きっとすごく不合理な答えになって、理解不能でしょうね。ヤンメイのしていることだって、実は大差のない、自己満足のヒューマニズムなんだなぁ、と改めて書いていて自覚しました。

子供にはどう教えますか?

でも、幸いにして、幼稚園に行き始めた娘への教育は日本寄りスタイルです。別に話し合ったとかではないですが、そういう形になっています。

草花をあまりたくさんむしったときは、「お花も生きてるよ」とか、アリを踏んで楽しんで(?)いたりすると「アリも踏むと痛いよ、死んじゃうからやめよう」とか。

やっぱりね、「たがが虫ケラを踏み殺してなにが悪いの?」とかだと、周囲から浮き上がってしまいますしね(笑)。小さな命にも優しい気持ちを持って接する人に育ってほしいな、とは願っています。

 

そんな、日中の小さな命をめぐる価値観の違いのお話でした。

 

 

ヒマワリの種の食べ方!種食文化と中国人(動画あり)

f:id:yanmei:20170724083228j:image

中国人はなんでも食べると言われますね。実際は、日本人もいい勝負してると思うんですが。ともあれ、日本人と中国人は食生活というか、食文化が違っているので、普段口にするものにも違いがあります。

中でも、種食文化は日本と世界の違いが顕著に分かる例ですね。


種食?何?種食べんの!?


そう、食べるんです!!

っていうか、それ普通だから。

今回は、日本人にあまり馴染みのない、種食のお話。

大陸人は種を食べる

初めにお断りしておくと、東京喰種とはなんの関係もありませんよ。(そういうタイトルの漫画があるのです)喰種ではなく、種食です。

でも、こんな単語調べても出てこないからね。なぜなら「種食」とはヤンメイの造語だから。「たねしょく」とでも読んで下さい。いや、外国によくある「種を食べる文化」を他に何と言ったものか分からなかったので造語しちゃいました。


そう、外国人は普通に種を食べるんですよ!


中国人に限らず、外国人です。おそらく、大陸の文化なんだと思います。これまで、中国、アメリカ、トルコでは人々がヒマワリの種を食べてるのを確認しています。スーパーとかでナッツ類のように普通に売ってました。トルコでは、ドライブインでガムと並べて売ってたから、かなりポピュラーなんでしょう。伝聞だけどロシアでも食べるとか。まぁ、中国、ロシア、トルコは地続きなので、食文化に共通点があっても自然かな、と。

ヒマワリの種の食べ方

で、どうやって食べるのか?知らない人は全然知らないでしょうから、ご説明しますね。

ヒマワリの種の調理法

いや、調理ってもんでもありませんが。干した種を殻のまま空炒りします。ものによっては塩を振ります。それが、まんま袋に入って売っています。殻から出して中身だけの物もあります。中国のものはもう少し美味しい味が付いています。

ヒマワリの種の食べ方

パターン1

殻ごと口に入れて、口の中で殻を割り、実と殻を舌で選り分けて、殻を吐きだします。


これはネットで見た食べ方。検索すると、メジャーリーガーがこうして食べてる映像がちらほらありますね。何個かまとめて口に入れて、モゴモゴしてから(多分選り分けてるんでしょう)、ペッと殻を吐き出す。

これ、真似すると分かりますが、ちょっと食べづらい気がします。舌に殻が貼りついて、こうはならないんですよね。種の種類が違うのかも。

パターン2

種を縦に歯に挟み、軽く圧力をかけて殻を割り、舌で中身だけを口中へ。殻はそのまま指でつまんで捨てます。

我が家はこれ。中国人はこのスタイルがポピュラーかと思います。

まぁ、文字だと分かりづらいから動画でご覧下さい。

www.youtube.com

映像はヤンメイ本人ですが、 一つ食べるのに10秒ほどかかってます。カメラに映る様に、殻の除き方が実際とは違いますがこんな感じ。連続で食べるとリズミカルになるので、1分に20個くらいいけるかな?

これ、シードイーターとしては全く遅いです。中国人は通常のヤンメイの3倍くらいの速さで食べます。この画像を3倍速早送りしてる感覚です。みるみる殻の山が出来ていく様は爽快感すらあります。

中国人と種食文化

妻曰く、中国人は皆ヒマワリの種を食べる!そうです。

地域差とか多様性とか、ウチカミでは色々言ってきましたが。これは共通点だと。およそ中国人なら必ずヒマワリの種を食べる、とのこと。日本人は米食べる、くらいの感覚?よく分かりませんが、まぁ、ヤンメイの見た杭州人は種、普通に食べてます。

スーパーとかお店でも普通に売ってます。ヒマワリに限らず、カボチャの種、スイカの種も味付けしたのが袋入りで売ってますね。それをスナック感覚で食べる。

茶飲み話をしながらポリポリ、夕食後のテーブルでポリポリ。テレビを見ながら暇つぶしにポリポリ。ヤンメイ、そこまで頻繁には食べませんが、妻は来日したお義母さんと食後の種タイムを満喫してましたね。写真はある日の種タイム。器が殻入れになってます。

f:id:yanmei:20170724182625j:image


殻を剥くのが面倒じゃないのかな?とも思いますが、殻が付いていてこそ、って感覚みたい。そのことを指摘すると、あなた達も剥いた枝豆売ってるけど、殻付きで食べるでしょう?と。ごもっともです。確かに、塩とか振るのも皮ごとだし、殻がないと味がないのかな。酸化や乾燥を防ぐ役目も果たしているのかも。

ヤンメイ娘もなかなか上手に食べます。変なスナック菓子とか食べるより、よっぽど身体にも良いと思います。というか、オレイン酸、亜鉛など栄養的にも良いものがたくさん摂取できてるかなと。まぁ、そうは言っても種なので、食べ過ぎると脂肪を多く摂ることになっちゃいますけどね。

日本人と種食

日本だとそもそもヒマワリの種を食べるという発想がないですよね。いいとこ、リスとか鳥のエサという位置付けでしょうか?

健康、美容志向の強い人の中には、ナッツ系を好んで食べる人はいますよね。グラノーラとかも流行ったし、カシューナッツやアーモンドとかだとヘルシーな印象なんでしょう。ヒマワリやカボチャの種だと日の目を見ないのはナゼだ!?

日本で食用のヒマワリの種はなかなか手に入りません。ペット用のも食べて食べられないことはないのかな?中華食材店で買うのが一番確実です。ヤンメイ家ではほとんどこれ。殻付きのヤツです。

洽洽香瓜子 向日葵の種 280g×3袋

洽洽香瓜子 向日葵の種 280g×3袋

 

 
中味だけというのも、あるにはあります。殻が付いてないと食べるペースが早くなり、つい食べ過ぎるかもしれませんが。こちらは自分で塩とか振らないと味がないタイプ。パンに入れて焼いたりすると香ばしいです。

 


そう言えば、松の実とかも中華ナッツな印象ですね。これは中国でも剥いた形で売ってます。これも止まらなくなるなぁ。

 

グルメな栄養士の 松の実(生) 250g

グルメな栄養士の 松の実(生) 250g

 


日本ではそんなに広まらない種食文化。味自体はそんなに美味しい!ってものでもないんだけど、食べ始めるとなかなか止まらない。そんな魅力が種にはあります。あなたも種をポチッて国際人の仲間入りを果たそう!

 

そんな種食文化のお話でした。

 

《あとがき》

今回、初めて動画投稿してみました。この為だけに、ユーチューブに登録したり手間がかかりましたが、結果は…。妻に協力を拒否されたので、自撮りだったのですが。ヤンメイ、自撮りでも動画はなんか緊張します。留守電にメッセージを残す時のように、変に硬くなっちゃいました。アングルがちょっとウルトラセブンの変身様になっているのはご愛敬。

 

トイレが詰まった。まずはスッポンだけど100均は不可!

f:id:yanmei:20170722231103j:plain


事務所のトイレが詰まりました。前回のエントリもトイレネタ(?)だったというのに。しかしね、トラブルはネタ的においしい、40年以上も生きてきて、家のトイレが詰まったの初めてだったんですよ。ちょっと、困りましたので、どこかで困って検索する方の役に立てれば、と。今回はトイレの詰まりと対処方のお話。

閲覧注意!ちょっと汚い話です

いや、トイレ話だからね。汚いの苦手な人はここで回れ右して下さい。画像も一部、〇〇〇とか出てくるので。大丈夫な人だけ先にGO!

トイレ詰まりは突然に

朝の掃除の時はね、普通だったんですよ。流れていたし、音も気にならず。ですが、トラブルは突然やってきました。

来客があり、その人が帰り際にトイレを使われたんです。
すると、しば〜らく出でこない。
なんかあったのかな?でもプライベートタイムだしな。
気を揉んでいたら「あの〜、ちょっとトイレ詰まってしまって…スッポンとかありますか?」

おおっ!そうきたか!?
まぁ、具合が悪いんじゃなくて良かった。

「大丈夫ですよ。ご迷惑をおかけして済みません」とひとまずお帰りいただき、トイレに使用禁止の貼り紙をして、業務続行。まだ他の来客があったので、そちらの対応後に状況を確認しました。

貼り紙を貼った時、少しだけ見た時は結構便器内の水位が上がっていたのですが。しばらくしてから見ると、水位は2/3くらいに下がっていました。

トイレ詰まりの修理業者選びはカオス

さて、どうしたものか。どのウチにもあるものでしょうか?スッポン。ウチはなかったので、買ってくるか、業者さんを呼ぶか。

普通なら前回活躍してくれた管理会社に業者さんを紹介してもらうのですが。もう、夜だったので、営業時間外みたいだし、明日も来てもらえるのか連絡待ちになるし。自力で探すか。

「トイレ 詰まり 」で調べると出るわ出るわ。割と身近なトラブルなんでしょうか?まぁ、最初の数ページはみんな業者です。そして、料金が不明瞭。確かに、原因とか処置によって金額変わるでしょうし、一律に表示出来ないのかもしれませんが。5000円〜とかって、ちょっと怖い。

そこで「業者名 口コミ」で検索。これも、対策された業者関連のページばかり出てきて、実際の利用者の声になかなか出会えません。たまにあるのは、やはりぼったくりだとか、追加料金をたくさん請求されたとか、そんな不安な話ばかり。

やっぱりク〇シアンとか有名どころで8000円コースなのかな?それが嫌なら自力救済です。安く、早くあがればそれが一番なので、まずはスッポン試してダメなら業者さんを呼ぶ結論に。

スッポンは100均製ではダメ!

いや、100均関係者の方は異論もおありでしょうが。結果から言うとウチの場合はダメでした。

一番近くのお店が100均だったのと、とにかく安く済ませようと、まずは100均製のスッポンを買ってきてトライ。ちょっとカップが小さいかな?

便器の穴に押し当ててから、グイッと突っ込むと、サイズが合わないのか裏返ってしまいました。その後、ビニール袋を手袋代わりに、裏返しを何度も直しながら、押し込んだり引いたりを繰り返したのですが、全然ダメ。やはりサイズ的に小さかったのかな?あと、素材的にちょっとゴムが硬いのか、すぐにカップのフチが切れてしまいました。まぁ、100均だし、耐久性は期待出来ないけど、2、3回のトライで壊れるのはモロ過ぎる。

スッポンの使い方!

仕方ないので、少し離れたドラッグストアまで遠征。トイレ掃除グッズエリアにありましたよ、スッポン!あれ、正式にはラバーカップと言うらしい。税込1000円でお値段10倍でした。まさにこれです。

コンドル ラバーカップ洋式 ケース付

コンドル ラバーカップ洋式 ケース付

 

 f:id:yanmei:20170722212625j:image

でね、右が100均製品、左が上記の品。大きさも形状も違うのが分かるでしょうか?実物はしっかり度も全然違うのですが。

左のヤツには中央に出っ張りがあるでしょ?

これが、洋式便器の詰まりを解消するキモです


本日のポイント1

洋式便器の詰まり解消はこのラバーカップが必需品!

これがあると、密着度が全然違う。

右のお椀みたいな形の奴は和式便器や床の排水口とかに使うタイプなんですって。だから、ムリだったのか。

なので、左の製品を使ってトライしたら、数度目にズゴゴゴゴって流れてくれました。正直、思ってたより苦労しましたね。何度か当て直してしつこくズッポズッポやりましたよ。押し込むとか引くとか色々書いてるけど、ヤンメイは押し込む感じでやりました。

まぁ、でもお陰で8000円はかからなかったけど…さて、どっちが正解だったのか。

詰まりを直す時の注意

というのも。やっぱり汚いんですよ、この作業。はい、以下汚いものが来ますから、ダメな人は他のページへ逃げてね。



実際の水位を見せたくて写真を撮ったのですが、これ本当のウ〇コ水です。

そう、お客さん、ウ〇コ詰まらせちゃったんですよね。まぁ、詰まるといえばトイレットペーパーか大便くらいしかないですけど。

f:id:yanmei:20170722214308j:image


で、この水位なんで、普通にズッポズッポすると跳ねるんですな。なので、色んなサイトにビニールで蓋しろ!と書いてある訳です。

やってみるとこんな感じ。

f:id:yanmei:20170722221519j:image


上からゴミ用のビニール袋かけて、袋のフチをガムテープで固定!で、袋の中央にスッポンの柄を出す穴を開けて、作業開始!ちなみに、写真はイメージを掴んでもらうため、掃除後にもう一度再現した画像なので悪しからず。

それでね、意外に跳ねるんですよ、汚水が。ビニールに結構跳ね返って来るんだけど、跳ねるのを嫌ってズッポズッポの作業が弱くなるのは本末転倒なので、容赦無く跳ねさせながら作業します。

すると、ビニールは便器の外壁にテープで止めてあるので、そっちまで流れて溢れてきちゃうわけですよ、ウ〇コ水が。あと、袋の中にも溜まっていきます。でも、背に腹はかえられないので、溢れるのも気にせずガポガポやって、詰まりを解決するのですけどね。

その後、袋内に溜まった汚水を再び便器に流し、フチから伝って床に溢れた汚水を大量のキッチンペーパーを使って処理しました。それで見た目はキレイになりましたけど、汚水ですからね、相手は。

ノロの時にお世話になったきり、使う機会なく置いてあった次亜塩素酸の出番ですよ!ぱちモンのミルポンを原液のまま床や便器に撒いて拭き取り!その後、さらにキッチンペーパーにもミルポンを浸してさらに拭き取り。これで多分消毒的にはオッケーでしょう。

余談ですが、ぱちモンミルポンを買った時のお話はこちら。


この買い物→詰まり解消作業→汚水掃除という一連の流れをお金で代行してもらうのに、8000円を高いと見るか安いと見るかは判断の分かれるところかと。

反省

反省点としては、便器のビニールがけを適当にやったことです。あそこをキチンとしておくと、その後の掃除が格段に楽になります。

ビニールがけは単なる跳ね防止ではなく、汚水が溢れるのを止める、という意義まで知らないと目的に適った作業になりません。

f:id:yanmei:20170722223724j:image


本日のポイント2

便器の内側のフチにガムテープでビニールを固定する!

こんな感じのを一部ではなく、内周全部にやる。その為にはビニールも便器の形に合わせてカットする手間がかかります。が、溢れた汚水を拭く手間と比べれば些細なことです。

もし、次に詰まったら、ヤンメイ必ずこれをやります。

教訓 

そんなワケでトイレトラブルが続いたのですが、多くの教訓を得たので皆様にシェアいたします。

1.トイレの清掃業者は平時に探しておいて、値段もしっかりチェックしておく。

2.ラバーカップは洋式便器用をやはりこれも平時に安く買っておく。

3.詰まりの除去作業時は、便器の内周からビニールを目貼りする。


以上です!

まぁ、たまたま自力で解決出来ましたけど、ダメな場合もあるでしょうし。業者調べて決めておくのは無駄にならないと思います。

ちなみに、山崎産業のラバーカップ。品質と性能は充分ですが、ちょっとゴム臭が強すぎです!トイレがゴム臭くなってびっくりしました。最初はトイレに置いておきましたが、ちょっとムリな臭さです。じきに弱くなるのでしょうが、当面はビニールを被せて物置に隔離します。

 

トイレの臭いが取れない時にチェックすべき掃除箇所

f:id:yanmei:20170718210749j:image

いや、実は前回のエントリーを書く際、一つの問題が発生しており。それが内容に結構影響してたかなぁ、と。

その問題というのが、トイレの異臭でした。

ざっくり言うと、トイレ臭いんだね。
もう、掃除してもしても臭い。
色々対策しても臭い。

で、解決策は意外なとこにありましたので、万が一、同じ悩みを持つ方のお役に立てれば、のまたまたニッチなお話。

トイレ臭い

ここしばらく、事務所のトイレが臭かったんですよ。最初は大したことない臭いだったんです。「ん、なんか臭う?」程度の。それが、夏の暑さにともない、「あれ?ちょっと臭いな」とはっきり分かるように。

掃除は今まで通りにやっているし、特別汚す来客もないし、で首をひねってたんですよね。でも、臭いのは臭いので、掃除を強化してみました。今まで、朝一回だったのを、夜にもやるように。なのに臭いは続いていました。

見落としがちな掃除箇所

仕方ないので「トイレ 臭い」で検索すると、色々出て来ました。便器以外にも掃除する余地はあったようです。

1.便器の外壁

いわゆる、この部分ね。もちろん、時々は拭いていましたが、更に徹底することに。

f:id:yanmei:20170718200924j:plain

2.周囲の床や壁

この辺にもおしっこが飛び散っているらしいです。確かに、短パンで公衆トイレの男性用小便器を使ったりすると、意外にしぶきを感じますもんね。ここもいつもより丁寧に清掃!

f:id:yanmei:20170718200947j:plain

3.ウォッシュレットと便器の間

確かにここもたまにしか掃除しません。ウチのは幸い、ボタンひとつで上がってくれるタイプなので、ちゃんとキレイにしました。スキマのウォッシュレット本体側も忘れずに。

f:id:yanmei:20170718195126j:image

は〜っ、すっかりキレイになりました。めでたしめでたし。

では、なかった。翌朝、あまり臭いもなく、やっぱり掃除が十分じゃなかったのか、と思ったのですが。しばらくすると、やっぱり臭い。

トイレ掃除以外の対策

じゃあ、トイレじゃないのか?

確かに、トイレ横の洗面台下の物入れ。ここを開けると臭いが強くなります。では、ここか?よく分からないけど、排水管の問題か?とパイプフィニッシュを購入。ドボドボ流し込み、しばらく放置後、たっぷりの水で洗浄。

でも、元々排水管から臭いが上ってる感じではないので、どうにもはっきりしません

あとは、知り合いの主婦から聞いた、トイレスタンプ。ジェル状のクリーナーを便器内に付けておくと、水が流れる度にジェルの洗浄成分が行き渡り、トイレをキレイに保ってくれるとか。

まぁ、洗剤なら一定の効果はあるんでしょうが。匂い強い系って、どうにも信用出来ないんですよね。臭いの原因をそのままに、他の匂いで誤魔化してる感じしません?臭い原因があるはずじゃん!?それはそのままでいいワケ?

でも、それが分かんないからね。とりあえず、聞いたことそのまま実行してみるよ。

やっぱりダメ。根本的には変わらず。換気扇を付けたまま帰ってみたのですが、かえって翌朝は廊下にまで臭いを感じる始末です。空気が動いて撹拌されるのか?詰め替え用セットなんて買わなければ良かったなぁ。

管理会社に相談だ

もう万策尽きたので、不動産の管理会社に電話してみました。特に流しの下で臭うのだけど、どんな対策があるのか?と。

すると、翌日には水道業者(?)を派遣してくれ、問題の流しの下を見てくれました。

 

f:id:yanmei:20170718203322j:image

流しの下はこんな風になっていて。中は見えないので諦めていたのですが。奥の仕切り板は外せるのでした。そりゃそうだよね。整備、点検の時には開けられないといけませんから。

f:id:yanmei:20170718203521j:image

外すとこんななんです。実は修理前の映像を撮っていなかったのですが、ここに原因がありましたよ。

 

f:id:yanmei:20170718202515j:plain

 

この丸の部分ね!もう修理済みなんですが。この黒いパッキンが経年劣化で壊れて外れていたんですよ。 

それだけ!

たったそれだけなんですが、ここから下水の異臭が上って来ちゃっていたんですね。なので、写真のようにキレイに直して貰ったら、すぐに臭いはなくなりました!

掃除後、しばらくすると臭っていたのは、やはり換気扇で空気を流していたからで、朝の出勤時は換気扇が止まっていたので臭わなかったみたいです。

トイレの掃除不足でも、流しの詰まりでもなく、管のフタが外れていただけ。それでも、あんなに臭うものなんですね。

普段は蓋をされていて気が付かないですけど、自分達の足の下には異臭を放つ下水が流れているんだなぁ。排水はキレイにしないといけないですね。

ちなみに、我が家はかりんか (id:karinasa) さんご推薦のバジャンという洗剤を使っており。洗濯排水の中でもメダカが生きられるとか!多少は環境に良いことをしているつもりです。

洗濯用洗浄剤 ドラムバジャン

洗濯用洗浄剤 ドラムバジャン

 


ともあれ、掃除をしてもしても、まだなぜかトイレが臭うんだけど、という時は。下水管との接続部をチェックしたら解決しました、というお話でした。

 

中国人観光客から見た日本のスゴいところ!

f:id:yanmei:20170716001906j:plain

お義母さん、来日からほぼ二カ月。日本の生活もある程度ペースが出来てきた頃ですが、そろそろ帰ってしまいます。そんな今頃になって、ふと疑問に思って聞いてみました。

日本に来て「いいな」と感じることは何?

その答えは、、、

今回は中国人が日本に来て感心すること、のお話。

日本は清潔な国

半ば見出しで答え言っちゃってますけどね。中国から来たお義母さんが、まず何よりインパクトを受けたのが、「街中が清潔なこと」だそうです。

特に地下鉄の綺麗さに感心しています。改札につながる通路は長いけれど、どこまでも清潔。少々古さはあるけれど、埃が溜まっているところなどない。通路にゴミもない。ついでに表示は分かりやすく、日本語が分からなくても出口の位置や距離が分かる。

もちろん、車両も明るく清潔。手すりや窓枠にも当然埃はないし、床もキレイで、ツバや痰を吐いた形跡もない。

トイレもいつも、どこも清潔。お店や交通機関だけでなく、公共施設の公園のトイレだってキレイ。紙も切れていることはないし、汚物で汚れていることもない。

こうした光景を見るに、日本は清潔な国でスゴいな、と思うそうです。

だからこんな誤解 ↓ が生まれるんだな。

中国の空気感

確か前回、予定を切り上げて帰ってしまったお義父さんも「空気がいいね」と言っていました。

PM2.5とか抜きにしても、妻の実家、杭州に降り立つと、そこかしこでなにかを焼いた後のような、いぶしたような臭いが漂ってくるんですよ、空港ですでに。

もうね、デフォルトなんで「どこから?」とか「何が?」と追求する気も起きないのですが。コークスで煮炊きするのがポピュラーだから、それなのかな?と勝手に思っています。

また、空気の良し悪しは分かりませんが、杭州滞在中に抜けるような青空に出会うことは少なかったです。そういう日もあるらしいですが時期によるのかな。水墨画のような、モヤっとした感じが多いのは水郷地帯だから?とにかくそんな印象です。

日本もそうだった?

ただ、ヤンメイが子供の頃(70年代)は公害問題もあったし、天気のいい夏は光化学スモッグ警報とかよく出ていました。

知ってるかな?光化学スモッグ。

まぁ、大気汚染の一種で、空気中に毒性のある有害物質が大量に飛んでいる状態です。警報が出るような濃度の中で子供が遊んでたりすると、頭痛とか吐気とか具合悪くなっちゃうのね。

つい最近までは日本の都市部の空気だってそんな感じだったんですよ。 

トイレだって、その頃の地方のトイレは汲み取り式もまだあったし、ハエとかも飛んでいて普通でした。ドライブイン(道の駅の前身ね)のトイレなども、基本的にクサいし不潔感があって、子供心にあまり使いたいものではありませんでした。

そう考えると、近年、もの凄く急激に美化衛生環境が向上してきたんですね!でも、それは本当に素晴らしくありがたいことだと思います。

そして、それはいつしか他の国にはない、日本独自の、日本でないと経験出来ない(?)、特別な環境となっていたんですね。

清潔感を日本の売りにせよ

やはり、日本が誇るべき点として、「清潔である」というのは大きなセールスポイントであり日本の特色と言えます。

少なくとも、外国人(中国人)は地下鉄やトイレのキレイさに日本を感じ、外国に来た雰囲気を味わっているんです。自分の国にはないものを経験して楽しんでいるんですよ。

なので、まぁ「ウォッシュレット」を売るのも結構ですが。そういうものよりは、街並みを清潔に保つ、トイレをキレイに保つとかに徹底してエネルギーを使うのが、地味ですが持続可能な「観光資源の保全」に繋がるんだぞ!と誰にともなく力説してみました。

なにせ近年、訪日外国人数は年々20%以上増えていて、3年で2倍くらいになっています。それだけのお客さんを受け入れるキャパシティがないと、かえって印象悪くなりますからね。

つまり、客が増えたせいで掃除に手が回らなくなり、観光地が汚ない、とかになると、いくら世界遺産を増やしても、結果的に日本の魅力がアピール出来なくなると思うんですけど。どんな思います?


ちょっと脱線した感がありますが、中国人が感じる日本の良さのお話でした。