ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

子供のマイルをファミリーマイルとして使う手順

f:id:yanmei:20180219223350j:image

先日、妻の実家杭州への里帰りのため、マイルで特典航空券を取りました。

で、その際、家族のマイルも使いたかったのですが、子供のマイルは使えませんでした。というのも、子供をファミリー会員に登録していなかったから。

そう、子供のマイルを使うにはあらかじめ登録が必要だったのです!

今回は子供のマイルを使えるようにする手順の備忘録。家族でマイルを貯めたり使ったりする人は必見です!ちなみに、これはANA限定のお話ですよ。

子供をファミリー会員にしよう

以前、こちらのエントリーで子供のマイルも貯められますよ、という話をしました。もちろん、こんなことを書いているくらいなので、飛行機に乗るたびにマイルを貯めていたのですが。上記の通り、子供のマイル、そのままでは使えません。

ちょっとややこしいのですが、自分のマイルで家族のチケットを取るための登録と、子供のマイルを自分(家族)が使うための登録は、それぞれ別なんですよ。

前者は「特典利用者登録」といいます。後者はANAカードファミリーマイルを利用するための「ファミリー会員登録」です。今回、ヤンメイはこの「ファミリー会員登録」をしました。ファミリー会員は最大9人まで登録できます。

子供のファミリー会員登録方法

ファミリー会員登録には2つの方法があります。

すでにANAカードを持っている人(本会員)をプライム会員(親会員)として、家族カードを持っている人をファミリー会員にする場合。

これはヤンメイ妻がそうでしたが、この手続きは簡単です。オンライン上から登録して、その場で手続きが完了します。

ひと手間かかるのは家族カードを発行していない未成年の場合です。今回のヤンメイ娘がこのケース。これはオンライン上では手続きが出来ません。

こちらのリンクから申込書をダウンロードして記入し、健康保険証か住民票を確認書類として同封して、ファミリーマイル参加申込受付まで郵送します。

〒144-8526 蒲田郵便局内
ANAマイレージクラブ・サービスセンター
「ANAカードファミリーマイル」参加申込受付 係

登録完了!

郵送から約2週間で登録が完了するそうです。

余談ですが、登録が完了してもお知らせのメールやハガキなどは一切ありません。自分で確認せい、ってことですね。

ヤンメイもそういえばどうなったかな?とマイレージクラブのサイトを確認してみました。プライム会員の「マイル口座残高」をチェックすれば見ることが出来ます。自分のマイル数とは別に「ANAカードファミリーマイル合算マイル口座残高」として表示されます。

f:id:yanmei:20180219223144j:image

スマホアプリからだとファミリー会員個別のマイル数は分からないのですが。PCサイトからだと個別の数字まで見られます。

ちなみに、子供のマイル、6000ちょっと貯まっていました。バカに出来ませんよね。

特典利用者登録のエントリーが我ながら役に立っていて、最近やったお義父さんの登録の際にとても便利だったので。記事としてはつまらないけれど、マメに記録してみました。

そんな、子供のマイルを使えるようにするための手順のお話でした。

 

【失敗】中国のお正月を中華街で楽しむ

f:id:yanmei:20180216082230j:image

新年快乐!

これ、中国語の「あけましておめでとう!」です。今日は中国のお元日(春節)なんですよ。中国旧暦ですから。なので、日本のリトル中国、横浜中華街でも絶賛お正月中です。

今回は、そんな賑わいを楽しみたいと出かけて行った中華街で、見事に空振って帰ってきた、という残念なお話。

中国のお正月!

今日から横浜中華街では春節のイベントが続きます。いや、神戸や長崎の中華街でもイベントやってるはずですが。

ベトナムとか韓国もお正月と言って盛り上がるのは旧正月みたいですね。普通に使われている太陽暦と異なる時間の物差しを、同時に使うって不便じゃないのかな?といつも思うのですけど。

日本も西暦と元号を併用してますしね。切り替えのタイミングで揉めているようですが、不便だから廃止、とはなりませんから。これと同じことか。

で、中国のお正月ですよ。

やはり、日本のお正月と同じく、基本的にお休み。親戚が集まり、ごちそうを食べ、子供はお年玉をもらい。形は少し違いますが、獅子舞もあります。盛大に爆竹を鳴らすのが大きな違いでしょうか。

ですが、これらは全て伝聞。ヤンメイ全然経験していません。中国のお正月、日本と同じく帰省ラッシュが起きます。バカ高い運賃でクソ混みなところも一緒。しかも、中国の冬は寒い!なので、妻の意向もあり、ヤンメイは中国のお正月は未経験なのですが。

雰囲気だけでも、と今回は横浜中華街に行って来ました。

中華街の春節

元ネタはこれ。

event-checker.blog.so-net.ne.jp

うまくヤンメイの休みを合わせて、昨日中華街に出かけました。ヤンメイ家御用達の大珍楼で早めの夕飯を予約。獅子舞(採青)や爆竹など、中国のお正月の雰囲気を少しでも感じられたら楽しいかな、と。

で、朝陽門(入口)近くのインフォメーションセンターで採青のおよその時間帯と場所を聞きにいったところ。


受付嬢:明日ですけど?

ヤンメイ:はい!?


f:id:yanmei:20180216103842j:image

で、上記のページ(日付に注目!)を見せたところ、


受:こちらの情報が間違えてますね。採青は明日になります。

ヤ:なんだと〜〜〜!!?


ヒドイな。納得できない。けど、当然インフォメーションの人のせいでもないし、一日早まるなんてあり得ませんから…

ガッカリだよ。こーゆー情報サイトにミスがあるとは盲点!本当困るよね。でも、まぁ人間のやることだしあり得るか。というか、よくよく読めばサイト内は16日(金)と書いてある。この写真の記事だけ日付けと曜日が違うのね。見たい情報だけ見てるからこんなことになるのか。よし、良い勉強をしたぞ、ヤンメイ!

仕方ないので、夕飯の予約時間まで中華街をブラブラ。明日からお正月ということでとで、ちょっと景色がちがいます。

横浜大世界前の狛犬が変な姿になっていたり。 

f:id:yanmei:20180216084642j:plain
f:id:yanmei:20180216084648j:plain
ベルばらコスプレの獅子

夜になると光るのだと思います。関帝廟前の公園に天女の提灯があったり。

f:id:yanmei:20180216084657j:plain

巨大な立体提灯


f:id:yanmei:20180216084730j:image

ちょっと面白かったのがこのお店の看板。分かってやっているのか知りませんが。

最近、中国では凸凹の文字に日本とは違う意味があるのだそうです。トイレのドアとかに凸とか凹とか大きくマーキングされていたりするようですよ。もうわかりましたかね。

凸は男で凹は女を指すのだそうです。

なるほど確かに。形がまんまそれですな。なので、妻が面白がって撮っていた写真を拝借しました。春節は全然関係ないですが。

夕飯はいつもの大珍楼。実は前回の紹介から一度浮気をして残念な目に遭いました。やはり安定の美味しさなら変な冒険はしない方がいいですね。

それで、その大珍楼に採青用の獅子の頭が飾ってありました。これ、今日の本番(?)では実際に使うものみたいで。写真だと伝わりづらいですが、かなり大きいです。実際に動いているのは見られなくても、大珍楼にはいつでも飾ってあります。

f:id:yanmei:20180216084713j:plain
f:id:yanmei:20180216084717j:plain
採青の獅子のお頭

夕飯を食べ終わって外に出ると、長大な龍の提灯が。ちょっと雰囲気がありました。返す返す一日違いなのが残念。まぁ、まだしばらく週末は色々やるみたいなので。さすがに今年はもういいけれど、来年はリベンジします!

f:id:yanmei:20180216084738j:plain

夜は長い龍の提灯がきれい

そんなイベント情報を見るときは、日時に気を付けましょう!というお話でした。

中国のお正月、大晦日のお話はこちら。

 

ピエールマルコリーニが天才過ぎて打ちのめされた話

f:id:yanmei:20180211215558j:image

あー、もーね、全然異文化とか関係ないですが。バレンタインとか来てるので時事ネタ(?)的に。

で、ご存知ですか?ピエールマルコリーニ。同名のチョコレートブランドを立ち上げているベルギー王室御用達のショコラティエです。

ふと、バレンタインを機に思い出した、この天才の技に震えた!という昔話。

昔々銀座に…

ヤンメイの結婚前のことです。銀座にピエールマルコリーニのショップとカフェがありました。冒頭でも軽く触れましたが、ピエールマルコリーニ、ベルギーのチョコレートブランドです。

近年増えて来ましたが、いわゆる高級チョコレート店です。ゴディバとかと同じく、ひと粒で400円〜みたいな高価なチョコを売っています。まぁ、銀座ですからね。日本でも最高峰に高いものが売っていて当然なのですけど。

バレンタインシーズンには全国のデパートにも出店しているので、見たことのある人も多いかと思います。このエントリーを書くにあたって久々に調べたら、ヤンメイがかつて訪れたカフェはなくなっていて、ショップと一体になった銀座本店となっていました。いまや国内にも随分と店舗が増えましたね。これはそこまで店が増える前、もう10年以上も前のお話です。

ピエールマルコリーニのチョコレートが美味しい、という話ではない

なんか最近のアニメのタイトルみたいに長くなりましたが。そう、こんな風に紹介していますが、これはピエールマルコリーニのチョコがめっちょこ美味しい!という話ではありません。

はっきり言って、ヤンメイは高級チョコの味が分かりません。ひと粒300円だろうが600円だろうが、あまり違いを感じない。もはや、あるレベルを超えるとみんな美味しい。むしろ明治のマカダミアナッツチョコってお値段の割に実力者だな、とか思ってしまう。

まぁ、あまり量を食べるものでもないので、良い材料を使った高価なチョコレートを少しだけ食べる、という発想自体は好きです。

でも、そういう高級チョコを定期的に買って食べたくなるかというとそうでもない。あれば食べるけど、わざわざ買いに行かなくてもいいかな、という程度の好きさ加減。

ピエールマルコリーニだけでなく、テオブロマとかアッシュとか有名高級ショコラティエのチョコをたまに食べても、「すげー!激美味!是非また買わねば!!」っていう風に感動はしないんですよね。少なくともチョコには。

テオブロマについてはチョコレートケーキの美味さをこちらで紹介しています。

天才マリアージュ

ではヤンメイは何を伝えたいのか、というと。


アイスが美味かった!

もう、衝撃的に!!


これです。これに尽きます!

かつてピエールマルコリーニのカフェでアイスを食べたのです。当時から結構人気店だったので、やたら女子率高い行列に並んでカフェに入ることにしました。

ケーキとかパフェとか色々あったのですが、何故かアイスに惹かれてしまいました。たかがアイスなのに2000円近くしたようなおぼろげな記憶があります。

で、お皿に乗って、チョコレートのアイスとマンゴーのソルベが出てきました。半円のアイス2つを食べるには、やや大ぶりなスプーンと共に。

???

何故にマンゴー?チョコと合わせるならベリー系じゃないの?

ちょっと疑問に思いつつも、まずチョコのアイスを一口。

うん。濃厚なチョコレートの味が口中に広がります。確かに美味しい。そして、次にマンゴーのソルベ。うん、これもさっぱりで美味しい。

でも、なんか普通の美味しさです。美味しくはあるけれど、2000円?銀座代ですか?まぁ、都会の有名店とか言ってもこんなもんだよね。と勝手に解釈して食べ進めました。

ですが、しばらく食べるうちに、ある疑問が湧いて来ました。

これ、なんで一緒に出て来たんだろ?別々でもいいじゃん?濃厚な甘さとさっぱり感。反対のものを一緒に出す意味あるの?

そこでさらに発想が飛躍しました。

一緒に出すってことは、一緒に食べて欲しいんじゃね!?

ひらめいてしまったので早速実行。それまで別々に食べていたアイスを同じスプーンにすくい、チョコとマンゴーを同時に口の中へ。

その途端、なんとも言えない凄い美味しさが口の中に広がりました!!ちょっと電撃的!

濃厚な重いくらいのチョコの甘さとマンゴー独自の甘さに包まれたフルーツ的酸味!2つが合わさるとまるで違う味が生まれ、まさに別次元の美味しさっ!!単独では凡庸な美味しさだったものが、一緒に口に入れただけでまるで違うデザートに進化してしまいました!!

これは、2つ合わせることに意味があったのです。というか、これ以上のこれ以外の組み合わせはないんじゃないか?くらいのベストマッチです。チョコと言えばベリー、みたいな固定観念を易々と超え、チョコとマンゴーの絶妙な力関係を作り出した技はまさに天才でした!2つを同時に口に含んで初めて完成するという技巧!少し大きめのスプーンはこれを意図していたのか!?ピエール、天才過ぎる!!

他にも美味しいデザートは色々あるとは思いますが、口に含んだ瞬間の驚きと感動という点では、人生で最高のデザートでした。

あまりに感動したので、数ヶ月後、同じメニューを求めて再度訪問。ですが、ソルベは季節で変わってしまうのか、マンゴーのソルベはフランボワーズのソルベに変更されていました。

そして、あまりにハードルを高め過ぎたのか、フランボワーズが好みではなかったのか、2度目のお皿にあそこまでの感動はありませんでした。

残念は残念ですが、一度は最高の仕事してくれましたから。その天才性を疑う余地はありません。ちなみに、帰りにチョコレートを買ってみましたが、やはり選チョコ眼がないヤンメイにはただの美味しいチョコレートにしか感じられませんでしたね。

今でもどこかのタイミングであのメニュー食べられるのかなぁ?今回調べたら、現在は通販やアイスクリームショップも出しているという話ですが。あの時のアレと同じものなのかどうか。機会があれば記憶のアイスと食べ比べてみたいです。


そんな、天才の技に打ち震えた、という幸せな思い出のお話でした。

時事ネタ的に中国のバレンタインデーの話はこちらから。

 

日本人は薬大好き過ぎておかしい

f:id:yanmei:20180210221000j:image

いやいやいや、私薬大っ嫌いだから!

全然飲まないし!

って方も当然いるとは思いますが。

基本的に日本人は薬大好きなんですよ。それが、中国人にはとっても変に感じられる、と。

前回のエントリともちょっと繋がってますが。そんな日本人薬大好き問題を考えるお話。

なんで予防接種をするの?

中国人であるヤンメイ妻は、常々日本のインフルエンザの予防接種を不思議に思っていました。子供や老人ならまだ分かるけど、なんで大の大人が予防接種を打つのか?と。

まずは、中国人はインフルエンザで予防接種を受けることが稀なんだそうです。風邪の延長みたいな認識らしく。確かにそれなら予防接種とかしないわな。

そもそも妻が中国にいた時、インフルエンザが大流行で蔓延した記憶がないみたい。予防接種しなくても大丈夫な秘訣はなんなんでしょうね?子供だったから覚えてないだけ?

もちろん、子供が受けるべき予防接種はいくつかあるみたいですが、基本的に大人や子供を問わずあまり予防接種を受ける風潮ではないみたい。

食事が薬?

でも、インフルエンザをはじめ、いろんな病気を予防しようという考えはちゃんとあるんですよ。手段が予防接種とか薬じゃないだけでね。

じゃあ、中国人は何してるのか?


しっかり食べて、しっかり寝てます!


それだけ?


もちろん、漢方薬をはじめ中国にも西洋医学的薬は普通にあるので(むしろこっちが主流)、場合によっては薬も飲みますけれど。

基本は食事と養生なんですって。

中国には医食同源という発想があり、食事というのは医療と同じだよ、と考えられています。例えば、食材を体を冷やすものと温めるものに分類していて、風邪をひいたら温めるものを多く摂るとか、普段は両方をバランス良く食べるとか。

日本人も昔はのどが痛いときは大根を食べるとか、おにぎりが傷まないように梅干しを入れるとか、食材の持つ機能がもう少し知られていた気がします。栄養という観点だけでなく、機能。体にどんな働きをするか、という知識を中国人はある程度持っているようです。

なので、予防接種こそ受けないけれど、普段の食事から健康に気をつけている、というある意味本当の予防が行われてるんですね。

中国人は良く寝る

あと、中国人はよく寝ます。睡眠時間と免疫には関連があって、ざっくり言うと

寝ない  →  免疫力低下  →  病気

という流れになるので、これは簡単だけど理にかなっています。

ヤンメイは結婚後、妻の監視指導のお陰で睡眠時間が増えたのと、中国の家庭療法、風邪の特効薬しょうが湯のおかげでか、風邪らしい風邪はほとんどひきません。

ヤンメイ妻もよく寝ます。7〜9時間くらい。基本病気知らずですが、体調を崩してもめちゃくちゃリカバーが早い。ケガからも驚異的回復をみせます。これも睡眠と食事の賜物かと。

これで睡眠時間長いな、と思ったら逆に要注意です。日本人は世界的にみても寝ない民族なので。それって日本一国で世界の薬材費の1割以上を消費していることと無関係なのかどうか。

ちなみに、中国はあの人口で薬材費消費ランキングのトップ30にも入っていません。ランキング上位はアメリカ、日本をツートップにほぼヨーロッパ勢です。

養生ってなんだ?

そうそう。先程、ヤンメイは食事と養生が基本、と言いましたが。養生って何か、ですよね。寝ることとも繋がりますけど、日常の体のメンテナンスのことです。

40代、50代なら言われたかも知れませんが、昔は「身体を冷やしちゃダメ」とか「産後はしばらく寝てなきゃダメ」とか健康上の守るべきルールが色々あったのです。これらは古臭いけど理にかなっていて、案外バカにしたものではありません。

中国では未だにそういったルールが民間レベルで浸透していて、「よく寝る」も含めてそうした習慣が健康を支えているのかなぁ、と。

日本人薬飲み過ぎ!

こうしたセルフケアが健康の基本である中国人からすると、薬漬けの日本人の習慣はナンセンス!

具合が悪くなって薬で抑えるから、よけいに免疫を鍛える機会が減るのだ!具合悪いときは大人しく寝てろ!

予防接種なんかしないで体に良いものを食べて睡眠時間を確保せよ!

というのがヤンメイ妻の主張です。

確かに、スシキャット (id:japadeutsch)さんは風邪の対処法がアメリカではチキンスープ、ドイツではハーブティーだとおっしゃってました。日本以外の国では風邪レベルだと薬を使わないのがスタンダードなのかな?

まぁ、日本は四季があって季節毎に気候の変化が大きいので、体調を崩し易いのもあるかも知れませんが。それにしても、具合が悪い時はジタバタせず大人しく寝る!仕事や学校は休む!といった基本的な養生がしづらい社会環境なんだなぁ、と思います。なんか貧しい社会だ…。

 

そんな世界的に見ると日本人やたら薬飲んでるぞ、というお話でした。皆さんも、よーく寝て風邪やインフルに負けないお体を!

ちなみに、スシキャットさんのエントリーはこちら。

japadeutsch.hatenablog.com

 

学級閉鎖?自己責任でしょ?中国のスゴい理屈!

f:id:yanmei:20180207082105j:image

ヤンメイの娘の幼稚園で、あるクラスが学級閉鎖になりました。インフルエンザ、流行ってますね。

ふと疑問に思い、中国では学級閉鎖があったかを尋ねたところ、面白い答えが聞けました。

今回は、そんな学級閉鎖の日中差についてのお話。

中国に学級閉鎖なんてありません

ヤンメイ妻、学級閉鎖の経験はないそうです。というのも、そもそも学級閉鎖という制度がなかったから。

今はどうなのか?中国全土でそうなのか?は分かりませんが、妻が学生の頃はそういった制度もなかったし、でも集団感染による大量欠席も経験しなかったそうです。

インフルエンザの予防接種も経験してないし、周りで受けている人もいなかったとか。中国は厚着ぶくぶくに子供を着膨れさせる文化ですが、なかなか丈夫じゃないですか!

学級閉鎖の意味って?

とはいえ、ヤンメイも自分のクラスが学級閉鎖になった経験はありません。いつも他の学年のどこかのクラス。自分のクラスもならないかなぁ、と心待ちにしていたものですが。←アホ

そもそも、学級閉鎖って、なんで行うか知ってますか?

ヤンメイはアホなので「多数の欠席者で授業の進度にクラス内の差を起こさせないため」という、日本的横並び発想ではないか?と思っていたんですけど。全然違いました。

「クラス、もしくは学校や地域への病気の蔓延を防ぐ」という 公衆衛生的な視点からの措置だったんです。

みんなが休んだら?

それに対して、中国の対応は全然違って面白いです。

体調に関しては自己責任というか、感染させるから出てくるな、という学校からの指導はないのですが。制度としては大量欠席者が出たクラスは、残り生徒を他のクラスに分散させて授業を受けさせるそうです。

逆ですね。真逆!

日本的な発想からすると、潜伏期間かも知れない感染容疑者を、多数のクラスに分散させるというすごい制度です!

しかし、このシステムで行ける、ということは不都合がないというか、これで上手く回ってるんでしょうね。

なぜか?以下は完全にヤンメイの推論ですが。まず、中国人は子供も含めて、しっかり食べて寝てるので、バタバタと病気で倒れない抵抗力があるのかな?と。

あと、もちろん学校や勉強は大切なんだけど、具合悪いときは無理してまで学校に行かないので、それほど感染が広まらないのかも。

逆に言うと、学校側で来るな!って言わないと少々具合悪くてもまずは休まず学校に行く!って、スゴい刷り込みの賜物だと思います。それって、ゲッホゲホしながら出社してたり大雪でも当然のように出勤している姿の原型ですね。やはり日本的精神は幼児期から育まれているんだなぁ。


ともあれ、中国には学校閉鎖ないんだって、ていう文化の違いのお話でした。

 

豆まきなんか怖くない!中国の鬼

f:id:yanmei:20180203124227j:image

節分ですね。

日本の儀式、行事のルーツの多くは中国由来なことが多いのですが。節分の豆まきに関してはかなりオリジナルなようです。

そして、節分には切っても切れない縁の鬼。この鬼の概念も中国と日本では結構違っています。

今回は、そんな中国人にとっての鬼のお話。

日本の鬼はガラパゴス

日本で鬼と言えば、赤や青の肌の色、大きく筋肉質な体に虎皮の下着、アフロっぽいチリチリパーマに角。手には突起のたくさん付いた金棒を持っていて怪力。この辺の姿がステレオタイプだと思います。

昔話では有名な悪役だったり、地獄の閻魔さまの部下(?)だったり。基本のイメージは「怖い」もの。おかげで子供の教育にひと役買ってくれている面も。ともあれ、魔物、化け物であり、人とは違う生き物として描かれることが多いです。

近年はその「強い」イメージからか、形容詞として使われることも多いですよね。「鬼のように強い」、「鬼のように早い」とかならまだしも、「鬼のように忙しい」とか「仕事の鬼」とか。鬼って多忙なのか!?仕事熱心なのか!?いい奴じゃん、真面目じゃん、鬼!!

でも、日本でも昔々は、「鬼=異形の化け物」ではなく、中国と同じような概念だったそうです。よく、外国から日本に入ってきた文化が日本で原形を保ち続け、本国のオリジナルの方が変化していってしまうことがあります。でも、この場合は逆のようですね。では、中国の鬼ってどんななんでしょう。

中国の鬼

中国人が鬼といってイメージするのは、カラフルな異形の化け物ではありません。悪霊、死霊の類です。完全にあの世の存在で、生き物ですらありません。立ち位置は完全に人とは正反対の存在で、共存は不可能です。

日本的な、妖怪、化物の類としての鬼も、広く考えれば鬼なんだそうですが、そっちはマイナーな語義で、まず中国人が鬼と言えば悪霊、死霊、幽霊です。

中国には「陰陽論」という概念があります。世の中の全てのモノを「陰と陽」に当てはめて振分ける考えです。ざっくり言うと、光の属性か影の属性かみたいな考えで、例えば男性は陽で女性は陰とか、夏は陽で冬は陰とか。とにかく万物をどちらかのグループに分けて考えるのです。この両者は光と影の例えで分かるように、反対の性質を持つものを対にしてまとめます。

さて、ここからが本題。その陰陽論で考えると、生きている人は陽で死者は陰なのです。当然、死霊である鬼も陰。陰の鬼が陽の人とともにいると、それだけで陽の人の気が吸い取られて陰になっていきます。

人がどんどんどんどん陰になっていくと・・・最後は死にます。なので、人は鬼を近づけないし、鬼を避けるのです。暴れるとか、乱暴をするとかでなく、存在そのものが人にとってマイナス。これが中国の鬼なんですね。

中国の鬼退治

そんな中国の鬼、多分炒った大豆やヒイラギなんか怖がりません。中国には中国の鬼の苦手がちゃんとあるのです。


それがです。



いやいやいや、桃とか撒いたりぶつけたりしないと思いますよ、多分。でも、中国の鬼は桃を苦手としてるんですって。中国では桃は邪を払う力を持っている、と考えられているので。中国の鬼にとっての桃は、ドラキュラのニンニクみたいな感じなんでしょうね。

なので、子供のお守りに桃の種を使ったり、桃の種のデザインがあったりするくらい。ヤンメイ娘も義母からいただきました。かわいいデザインで。ニンニクデザインじゃなくて良かった。


そんな、鬼の概念、日中の違いのお話でした。

 

桃、鬼つながりでこちらもどうぞ。

www.yanmei.club

 

外国人には不可解!日本の昔話はイミフ

f:id:yanmei:20180131172334j:image

子供がまだ妻のお腹にいた頃から、ヤンメイは読み聞かせをしていました。学術的な根拠とかは検証してないので、完全な自己満足でしたが。一応、子供向け絵本で、メジャーな昔話系を日々読んでいました。

すると、よくこの話はなんの意味があるのか?と妻に尋ねられました。

そう、妻は中国人で日本の昔話のスタンダードを知らなかったので。日本の昔話特有の終わり方に違和感があったようです。

今回はそんな、日中昔話のお話。

現在、子供も大きくなり、絵本を読むのが大好きです。ヤンメイ、帰りが遅く、なかなか夜は子供と会えないのですが。出勤前や休みの日には必ず絵本を読むことにしています。現代物が多いけれど、たまには昔話も。

この昔話を読むとき、実は妻も聞いています。スマホとかいじっているクセにしっかり耳には入っているらしく、後から感想やらツッコミが入ります。

中国の昔話=教育

妻にとって一番違和感があったのは、日本の昔話には教訓があまりないことです。

どういうことか?

例えば、「みにくいアヒルの子」は外見で人を判断してはいけない、とかみんなと違ってもちゃんと成長できるから大丈夫、みたいな教訓を含んでいます。

「金の斧と銀の斧」は正直を勧め、ウソつきを戒めています。

でも、これは外国のお話。

実は、日本の昔話は、意外に説教臭くないというか、かくあるべし!みたいな結論がないものが多いんですよ。これが、ヤンメイ妻にはどうもしっくりこない。

なんでなんの教訓もないのよ?

意味は?

例は挙げてくれませんでしたが、中国の昔話は必ず教訓を伴うのだそうです。かくあるべし、という人の世の模範とか、行うべき善を物語に含ませているんだとか。

物語を楽しむ日本?

対して、日本はストーリー自体を楽しむというのか、この手の教訓があまりないです。部分的にはないこともないけど、全体を通して見るとあやふやになっています。

桃太郎

老夫婦に拾われた子供が、成長してから功名を立て、老夫婦に宝を持ち帰る話。(違うバージョンもありますが)

老夫婦は拾い子をせよ!という話?もしくは、育てられた恩は返しなさい、という訓話?どちらのメッセージも感じなかったけど。

教訓度  20%

かぐや姫

竹から生まれた女の子が老夫婦に育てられるが、妙齢の美女に育ったところで貴族達からの求婚を難題をふっかけて退け、これといった恩返しもせず月に帰っていくお話。

そもそも、出生地ではあるが知る人もない故郷に帰ることが果たして幸せなのか?なぜ迎えが来るのか?つっこみどころいっぱいです。

教訓度 5%

ツルの恩返し

良いことをすれば良いことが返ってくるが、約束を破ればバチが当たる、みたいな教訓なんでしょうか?

なんでツルは帰ってしまったのかを訊かれると、なかなか返答が難しいお話です。

教訓度 30%

舌切り雀

スズメに優しく、労苦を厭わずスズメを追っていったお爺さんは歓待されて財宝のお土産をもらい、スズメの舌を切り、宝物を欲張ったお婆さんは化け物入りのつづらを渡される(命を落とすバージョンもあるらしい)、勧善懲悪の典型。

教訓度 100%

まぁ、他にも色々ありますが、あまり教訓重視の話ばかりではないですよね。ちなみに、ここでの教訓度とは完全なヤンメイ主観なので悪しからず。

中国人妻の許せない話

そんな色々読んできた中で、妻が最も憤慨し、納得いかないお話がこれです。

浦島太郎!

この乙姫ってヤツはなんなのか!?

お礼をしたくて招待したんじゃないのか?

それで、恩人に老化爆弾を渡して帰すとはなんて不義理なヤツだ!!

そもそも、これは誰が悪いのか?では、浦島太郎はカメを助けなければ良かったのか?

なんの教訓もない上に不条理ではないかっ!!

とまぁ、こんな主張です。

うん、分かるよ。確かにつっこみどころ満載ですから。子供の頃はあまり疑問にも思わなかったけど、不条理と言えば不条理。大人だからか外国人だからか、そういうとこが気になるって、面白いです。

でも、困っている者(亀)は助けよう、とか、動物をいじめてはいけない、とか、約束を破ってはいけない、とか。それなりに中国人好みに教訓も入ってるよ。

浦島 THE ORIGIN

しかも、あまりみんな知らないのだけど、この浦島太郎は結構改編されているのです。一時期流行った「本当は怖いグリム童話」みたいなもので、後世に手が加えられているんですよ。

つまり、明治以降に教科書に載る形で書き換えられたのが、現代人の知る浦島太郎。当時の国定教科書なので、不条理なりに中国人好みに訓話臭がするわけです。

原典と言われるものは複数あるので、これが起源、と断定は難しそうですが。ざっくり言うと、異世界(仙人界)から美女(乙姫)がやって来て、男(浦島)を自分達の世界に連れて行き結婚する話です。里心がつき、元の世界に帰る男に玉手箱的なアイテムが渡された後の展開はそれぞれです。

ただ、この話の肝は「どっきり!異世界から美女が現れて、貴方を異世界に誘うよ!!」というストーリー自体なのかな、と。

おそらく、「異世界転送(滞在)モノ」って、今だにその類型が作られ続けている1つの黄金パターンですが。当時は相当型破りなストーリーだったのではないか?と。それ自体が新しくて価値があったというかね。

この「毒にも薬にもならないけど、お話自体を楽しむ」という現代でいう小説や映画を楽しむような、昔の人のゆとりの表れが日本の昔話、ひいては「浦島太郎」の特徴なんだと思います。だから、意味もオチも大してない。だって、作者は今までにないお話を書くこと自体が目的だったから。

まぁ、全部ヤンメイの想像ですけど。こんなんじゃ、浦島太郎のひどいオチの説明になりませんかね?

ともあれ、教訓のない昔話はウチの中国人にウケません、というお話でした。

お暇なら昔話つながりでこちらもどうぞ。

www.yanmei.club

 

 

ディズニーランド平日の混み具合。1月平日が最高だった話

f:id:yanmei:20180130114243j:plain

先週、娘を連れてディズニーランドデビューを果たしました。様々な偶然が重なって、非常に快適かつ楽しい休日となったので、備忘録として流れを記録してみます。

平日のディズニーランドを適度に遊び倒せた話。

親ディズニーデビュー

ディズニーランド、ヤンメイ7年振りでした。当時は自分達が楽しむ為に行っていましたが、今回は子供を楽しませるのがミッションです。

ミッションとは言っても、夫婦でガンガンファストパスを取って、効率良く多くの乗り物に子供を乗せる、みたいな楽しみ方は論外。

若い頃は「限られた時間、たくさん乗らないと損!」みたいな遊び方もしたけれど。そもそも子供が4歳児なので。乗れないものもあるし、子供自身も何があるか分かっていないので、乗りたがらなければ乗り物はそこそこでよいかな、と最初に決めておきました。


じゃあ、何するのさ?

ショーをたくさん観せよう!


とにかくヤンメイ娘は大のアナ雪好き。ちょうど1/11から「アナとエルサのフローズンファンタジー」というイベントが始まり、パーク内はアナ雪スポットやメニューが増え、アナ雪キャラクターと出会えるイベントがたくさんあるのです。

遅まきながら、イベント開始くらいにその存在を知り、一番近い休日に行こう!と急遽計画。幸い、ヤンメイは平日に休みがあるので。混雑を避ける為、子供の幼稚園を休ませて平日のディズニーランドに連れて行くことに。あまり混んでいると、アトラクションもショーも食事も大変そうなので。

なんでも、ディズニーランドはこの時期、一番空いているらしいです。お正月イベントが終わってからの1月が閑散期なのだとか。1月はお正月休みも終わり、期末試験や入学試験を控えた時期だし寒いし。確かに空く要素が重なっていますね。

しかも、ヤンメイ達の予定日はパークの開園時間が短い日で、9:00〜19:00。8:00〜22:00の日と比べて3時間も少ないので、この時期を避ける人が余計に多かったのかも知れません。

チケット購入

さて、混雑を避け、素早く入場出来るよう、渋谷のディズニーストアーに前もって入場券を買いに行きました。グッズ売り場をパスして3階のチケット売り場へ。平日の昼間は並んでいるのも数人です。ほぼ外国人ばかり。カウンターのお姉さんは流暢な英語で対応していて、国際化の一端に触れます。

これで行きたい日にちのチケットを購入すると、仮に入場制限がかかっても入場出来るのだとか。そんな混雑を避けるために幼稚園休ませるんだから、当日の時間短縮以外の意味はないのですけど。

これで現地に着いてから、チケット売り場に並ぶことなく、入場ゲートに並べます。

あとで分かったのは、オンラインでも買えるみたいですね。これからはこっちかな?時代を感じます。

駐車場の実際

ディズニーランドの駐車場の混雑を調べると、すんなり駐めたければ朝の6時頃に到着すべし、とか書いてあります。それを過ぎるとディズニー渋滞に首都高の通勤渋滞が重なり、大変混雑するのだと。


いやいやいや、ヤダよ!


開園9時の日に6時に到着して、3時間も寒い車内で何をして過ごせと?

なので、6時半に家を出てみました。途中、渋滞もあまりなく小一時間ほどで駐車場に到着。駐車場も特別な混雑もなく駐められたので、トイレを済ませても8時前には入場ゲートに並ぶことが出来ました。

入場ゲートの行列

この日は15℃まで気温の上がった小春日和でしたが、さすがに朝は寒いので、1時間も並べば充分です。

開場1時間前でもパーク入り口の門の前にはほとんど人がいません。ヤンメイの前に2家族くらい。他のどの入り口もそんな感じで、混雑って程ではなく拍子抜け。

ちなみに、チケット購入時に貰える地図やイベント表などは、すでに購入済みの人もその辺のキャストに頼むと貰えます。今回はアナ雪イベント中ということで、小学生以下の子供は「アナとエルサだいすきキッズガイドブック」という小冊子もあり。前で並んでる人なんか、カバンに10冊以上入ってたけど、お土産にするのかな?

このタイミングで子供と妻は車内で朝ご飯です。前日に用意しておいたパンと飲み物の簡単な朝ごはん。ヤンメイも並びながらパンをほおばります。他にも、並びながら食べている人がちらほら。

30分ほどして、退屈だったのとパークデビューにわくわくして待ちきれないのとで、ヤンメイ娘と妻とが合流しました。なにも寒い中で30分も待たなくていいのに・・・結局、時間とともに徐々に混んでは来ましたが、長蛇の列というほどではありませんでした。

f:id:yanmei:20180130135444j:plain

開園15分前のチケット売り場

開園からの流れと乗ったもの、待ち時間など

開園と同時にヤンメイは「プーさんのハニーハント」のファストパスを取りに競歩(ダッシュは禁じられておりますゆえ)。その間、妻子はキャスト達のグリーティングを受けながら、入口のアーケードを抜けたあたりで写真撮影に盛り上がっていました。

現在は、アナ雪仕様のフォトロケーションがいっぱいなので、それぞれで写真を撮るだけでも混み合うのです。しかも、開園すぐだと色んなキャラクター達がそこここでグリーティングをしているので、娘的にはプリンセスがいっぱいで素通り出来ません。

f:id:yanmei:20180130135506j:plain

ファストパス任務中にすれ違った白雪姫

1.シンデレラのフェアリーテイルホール

待ち時間:なし

最初はシンデレラ城のアトラクション。城内を見学して写真を撮るという地味目な内容ですが、インスタ映えを意識して時代に対応してますよね。ガラスの靴に足を乗せて娘もご満悦。

2.キャッスルカルーセル

待ち時間:5分

次はメリーゴーランド。ディズニーランド初の乗り物はメリーゴーランド!ヤンメイ初めて乗りましたよ。小さい子連れにはそこそこ人気があるみたいでした。

3.ミッキーのフィルハーマジック

待ち時間:10分

ここで初めて暗雲が。館内がちょっとくらいので、チキンな娘はややビビりモード。抱っこで入場し事なきを得ました。3Dグラスで見る映像と有名な映画音楽はなかなかの迫力!「リトルマーメイド」や「アラジン」の浮遊感はすごくドラマチックです。子供サイズの3Dグラスがないのが難点ですね。

4.プーさんのハニーハント

待ち時間:15分

コーヒーカップ状の乗り物に乗ってお話をなぞるように進んでいくのですが。後半、プーさんの夢なのか暗転とぐるぐる回るシーンがあり。これも4歳娘はかなりビビってました。ディズニーランドでびびるってお前…。

5.フローズンファンタジーパレード

待ち時間:ヤンメイ30分、妻子10分

アナ雪好きなら楽しくなるパレード。この間、妻子はカフェで買ったパンでカロリー補給。パレードの詳細はこちらを。 → フローズンファンタジーパレード攻略法

6.トゥーンパーク

待ち時間:なし

ほぼ、ただの公園。小さい子だけが遊ぶかと思いきや、意外に外国人の大人が写真撮ってました。

7.ミニーの家

待ち時間:なし

ミートミッキーは45分待ちなのでパスしてこちらへ。こっちはガラガラでした。

8.アナとエルサのウインターグリーティング

f:id:yanmei:20180130135719j:plain

アナとエルサとオラフのグリーティング

待ち時間:ヤンメイ40分、妻子15分

こちらも開始40分前であれば2列目ぐらいに並べました。とはいえ、親は並んでも遠巻きに見てるだけの、子供がアナ、エルサ、オラフと触れ合うというイベントなのですが。実際、子供は10分も前に到着すれば十分だったのか、という感じ。

アナ達はフロートから降りてくるので、前にどんどん出ていける子はキャラクター達と触れ合うチャンスもあるのですが、引っ込み思案な子だと難しいかな?まぁ、遠目の観察なのでヤンメイ娘の姿は確認できず。でも、楽しんでいたようです。

ちなみに、この待ち時間を利用して妻はターキーレッグを販売するワゴンに並んでいました。ここにきても骨付き肉か!いや、確かにアジア系客が大勢並んで大盛況でした。

 

f:id:yanmei:20180130140015j:plain

骨付き肉は安定の人気!

9.蒸気船マークトウェイン号

待ち時間:15分

出航のタイミングが悪く、混んでいないのに待ち時間が長かったです。3階建ての船で、船首と3階が人気。ヤンメイ家は2つある階段の奥側を利用して、3階の一番前の位置を確保。眺めも良く、スリルもなく、小さな子でも安心のアトラクションでした。

10.ハピネス・イズ・ヒア(パレード)

待ち時間:なし

あまり計算に入れず、遅めのお昼(?)に向かうレストランの前がなかなかの観賞場所に。予約時間に間があったので立ち見で鑑賞。プリンセスが沢山出演していて、子供は大喜びでした。

11.遅い昼食

待ち時間:なし

3日前に昼食の店を予約しておこうと思い立ちました。しかし、その時点で予約に空きがあったのはクリスタルパレス・レストランのみ。それも15:10。もう昼ではないけど、混雑して並ぶなら、予約で快適にとリザーブ。

しかし、結果的にその半端な時間は、ちょうどレストラン前のパレードが終わるくらいの時間でラッキー。味の方も、特に過不足なく、アナ雪限定メニューも楽しめたので良かったです。

ただ、平日の3時頃って半端な時間なのか、レストラン内は空席も多く、予約しなくても大丈夫な感じでしたね。

12.ウェスタンリバー鉄道

待ち時間:20分

今回一番待ったかな?ディズニー的には早い方だけど、子供はやや飽きてました。コースター系みたく並んでること自体を楽しめる工夫が少ないから仕方ないですね。

これも、終盤にタイムトラベルというか、恐竜時代に行って恐竜達を眺める、という演出があり。暗いのと恐竜の巨大さに娘がビビっておりました。

13.魅惑のチキルーム

待ち時間:10分

お父さんの憩いの場。午後の父親の8割は意識が飛ぶと言われているアトラクションですが、回転のタイミングによっては待ちます。とはいえ、イスが温かくて冬はありがたい。南国設定だから?

これも鳥の人形達が歌う、という地味なアトラクションなので娘も大丈夫かと思いきや。演出中、嵐や雷っぽいシーンがあり。もう最初から最後までコアラ状態でしがみ付いていました。果たして楽しかったのか?

14.エレクトリカルパレード

 待ち時間:10分

ちゃんとした場所取りはせず、シンデレラ城前でライトの杖を振り回しながら(くわしくはこちら)遊んでいて、よく見えそうな場所に適度に移動しながら鑑賞。ちゃんと見えましたね。

有名なイルミネーションパレードも娘は初体験。プリンセス達もたくさん出ていて喜んでいました。

15.フローズン・フォーエバー

待ち時間:なし

アナ雪のハイライトシーンを集めたプロジェクションマッピング。夜のシンデレラ城に映し出される映像と花火のマッチングは上手かったなぁ。

子供的には、スーパーダイジェストなのであまり面白くなかったみたいです。やっぱり、パレードで生のキャラを何度か見たので、そっちの方が好きでしたね。

そして閉園へ

フローズンフォーエバーが花火で締めくくられると閉園。皆さん一斉に出口に向かいます。ここでもベビーカーが大活躍でした。

門を出て左側、場外売店近くのトイレは混雑もなく利用できました。

そのまま車に乗ると、渋滞もなく帰宅出来、一日遊んでも疲れはほどほどでした。

結果最高だったパークデビュー

短い開園時間

一見、時間が短いと損な気がしますが。冬だと遅くまでいても、暗くて細かいところは見えないし、寒くなるし。子供だけでなく親の体力を考えても、余力を残して帰れる9〜19時開演で本当に良かったです。

暖かかった

ヤンメイ達が行った日は日中の気温が15℃まで上がり、冬だけど寒いほどではありませんでした。外で長時間並んだりもしないし、全然辛くない。これ、寒かったらヤンメイが真っ先に音を上げて、1時間毎に休憩していたでしょう。

おりしも、その4日後には雪。さらに関東では記録的な寒波もあり、そんなコンディションでは遊びも楽じゃありません。天気にも恵まれて良かったです。

ベビーカー持参

これは子連れ仲間から便利と聞いていて。実際、めっちゃ便利でした!多少のお荷物感を上回る快適な移動が出来ました。

空いていた

たまたま閑散期。さらに短時間開園のためか、本当にゆったりとパークを回れました。並ぶアトラクションにほぼ参加してないことを割り引いても、並ぶストレスがないのは親子ともありがたかったです。

まとめ 

1. 1月の正月明けがとにかく空いていた

2. 駐車場は1時間前なら余裕

3. 入園で並ぶのも1時間前からで大丈夫

4. パレードは30分前でも良い席で見られる

5. 小さい子はディズニ―ランドのアトラクションでもビビる

6. 開園時間が短い方が体力的にも楽


そんな訳で、当たり前の結論ですが、ディズニーランドは平日に行くに限る!と実感しました。更に1月。寒くなさそうなタイミングが特にオススメです!!

 

行くまでのグダグダ、持ち物、パレードについてはこちら。

 

 

4歳児のディズニーランド行き!持って行って良かったもの!

f:id:yanmei:20180126133225j:image

ヤンメイ娘、先日ついにディズニーランドデビューを果たしました。それ程念入りな下調べもせず、ゆる~く出かけてしまったのですが、色んな幸運に助けられ、快適なパーク体験ができました。

ご家庭によっては(ほとんど?)朝から晩まで一日中パークにいることになるので、少しでも快適に過ごしたいところ。経験者に聞いたり調べたりして、持って行って良かったモノ、役立ったモノをお伝えします。

今回は4歳児のディズニーランド行きで役に立った持ち物のお話。

ベビーカー

えっ!?

ベビーカー?

4歳で!?


いやいや、ヤンメイも最初はそう思いました。でも、お役立ちアイテム筆頭です。4歳児くらいだとディズニーランドではベビーカーがすっごく重宝します。他の何はなくてもベビーカーがあると、ディズニーランドでの活動が親子とも格段に楽です!なにもずっと乗せている必要はないのですが、子供は意外に楽しんで乗ってくれます。

当たり前のことですが、ディズニーランドは広いです。その中を子供が自由に遊び回るのももちろん楽しいのですが。やっぱり長く遊ぶうち、だんだん疲れてきて「抱っこ!」となります。その際、ベビーカーがあるととても楽でした。

また、パレード終了後などすごく混み合っていて通路が進みづらい時など、はぐれないように気をつけなくても良いのはとても安心です。目の前の景色は大人のお尻ばかりかもしれませんが、ちょっと我慢してもらいます。というか、それでも自分から率先して乗ってきたので、やっぱり楽なのでしょう。

ヤンメイがパレードの場所取りをしている間も、早く移動出来るので、妻もギリギリまで娘を遊ばせてあげられたようで。いいことずくめ!

難点はアトラクションに乗る際には、ゲート脇に置いておくのですが。似たようなものがたくさんあって、探しづらいです。特に、レンタル(パーク内で1000円)だとみんな同じなので、見分けるのが大変そうでしたね。なにか、目印に旗とか飾りを付けると良さそうです。

公式サイトによるとディズニーランドのレンタルベビーカーは100㎝、15㎏までが目安となっています。なので、4歳前後がぎりぎり利用できる限度かも知れませんね。

ライト

夜までパークで遊ぶ場合、灯りがあると便利なのは当たり前ですが。待ち合わせの目印代わりに目立つライトが良いですね。

中でもすごく役立ったのがライトアップワンドスノーです。



ソレハナンダ?


はい。物を知っている人も名前までは知らないかも知れませんね。ライトアップワンドスノーとは、ディズニーオンアイスというスケートショーの会場で売っているライトです。こう言えば、ディズニーオンアイス経験者なら「ああ、あれね!」と思い当たるかと。写真では伝わりずらいのですが50㎝以上の長さがあります。

f:id:yanmei:20180126133323j:plain

こんなグッズなのですが、薄暗い会場でピカピカクルクル光が回ってると、すっごく目立ちます。LEDなのかな?スケート会場で視界の中で光っていると、すごく刺激的で不快な光が目を襲ってきてキツい。

会場では割と買ってもらっている子供が多いので誘惑は多く、ねだられる機会も増えます(笑)でも、お祭りのグッズですからね。買ったらそれっきり。滅多に遊ぶことはないのですが。

それがなんと、ここに来て奇跡の復活ですよ!というか、買って以来こんなに役立ったのは初めて!!

こんなかさ張るグッズを夜までずっと持っているヤンメイもヤンメイですが。子供がアナ雪イベントのディズニーにどうしても持って行きたいと主張したので、仕方なく持って行きました。リュックに刺して、ガンダムのビームサーベル状態で過ごすこと8時間。日が暮れてからついに真価を発揮します。

パレード前の待ち時間中にトイレで別れた後など、再会がめちゃくちゃ簡単です。

「どこ?」

「さっき別れた店の前だよ。カサの下」

「そこにいるよ」

「全然わかんないわ。ライトかかげて」





「おおっ、分かった分かった!」

おそらく、数万人いる客の中でもディズニーオンアイスのライトを持って行った人はいなかったのでしょうね。他には一度も見ませんでしたが。その分、威力は絶大!完全確実な目印です。

パレードの場所探しで別れても、お土産を買うので別れても、その都度クルクルピカピカですぐ解決でした!暗くなってから、上記のベビーカーを探すのにもお役に立ち。

もちろん、ライトアップワンドスノーである必然はないですが。独自の目印になる灯りがあると、人探し、物探しにとても重宝でした。特に、ディズニーオンアイスのライトを持っている人は再活用してみましょう!

キャラクターコスプレ

現在、ディズニーランドでは子供だけがアナ雪のアナやエルサと触れ合えるイベント、「ウインターグリーティング」を開催中です。それへの参加も一大目的だったヤンメイ家、子供の好きなエルサのコスプレをさせてみました。

このグリーティング、子供限定のイベントなんですが。参加者は100人は超えている感じでした。そのうち8割はコスプレですよ(感覚)。なので、もちろん、コスプレをする必要はないけれど。もしコスプレ衣装を持っている子なら、自分が着ていないと「着たかったなぁ」という気持ちが強かったと思います。

ちなみに、コスプレイヤーのうち7割はエルサのドレス、2割がアナって感じ。その他は1割以下かな?オラフの着ぐるみみたいな子は目立ってました。

そう、ほとんどが似たような衣装をなので、遠目にはみんな一緒。特に、既製品だと区別つきません。ヤンメイ家のドレスは自作で「エルサ風」なだけなので。アレンジも含めてあまり埋没していませんでした。

まぁ、あの中は異世界、別世界なので。子供はコスプレで楽しむのもありかと。そんな仮装をしてアトラクションを回っていると、キャストが「こんにちは、プリンセス」と声をかけてくれます。これも子供ながらに恥ずかしくも嬉しそうで。ディズニーならではの体験かと。コスプレ衣装、持って行って良かったです。

レジャーシート

パレードなどの場所取りに威力を発揮するレジャーシート。ここまでは、皆さんご存知かと。

で、経験者としてはやや大きめが良いです!と付け加えます。

ヤンメイ、あまり場所を取ってしまっても他の人に悪いかな?とギリギリサイズの小さめのシートを持って行ったのですが。結構他の皆さんは大きめのシートを広げており。なんか領土は広い者勝ちと言った雰囲気で。正直、そちらの方が快適そうでした。

あまり、周囲に気兼ねして、ギリギリサイズにする必要は全然ない感じです。寝っころがれるほどのサイズはいらないですが、足が伸ばせるくらいはあっても良さそうでしたよ。

いらなかった物

逆に、かさ張るばかりでいらなかった物は毛布。

小さめのブランケットを持って行ったのですが、ベビーカーの子供、嫌がって全然かけませんでした。子供は体温が高いからなのか、その日の気温の問題なのか?かさ張る割には使いませんでしたね。

あと、ホッカイロ。冬のディズニーには必須かと思いましたが。使っていたのはヤンメイのみ。天候その他によるとは思います。普段からの寒さ耐性もあるのかな?大した荷物ではないのでいいですけど。


以上、4歳の子供をディズニーランドデビューさせた時に役に立った物のお話でした。

 

フローズンファンタジーパレード 2018 平日の攻略法 どこで観る?

先日、ディズニーランドに出かけ、ヤンメイ娘がパークデビューを果たしました。アナ雪大好きな娘にアナ雪ワールドを満喫させるためです。

現在、ディズニーランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」というイベント中で、アナ雪キャラクターと触れ合えたり、写真を撮れたりするスポットがたくさんあるのです。

中でも、アナ雪のキャラクター達による「フローズンファンタジーパレード」はきっと娘も心躍るイベントだろう、と一番のお目当にして行きました。

今回は2018年の1/11から開催されている、最新のパレードの情報、鑑賞場所やスケジュール、観るのに便利だったものや写真の撮り方まで、気付いたことをレポートします。

ヤンメイ達が訪れた平日を基にした内容なので悪しからず。

ディズニーランドのフローズンファンタジーパレード

アナとエルサを始め、映画「アナと雪の女王」に登場した仲間達によるパレードで、他のディズニーキャラクターは登場せず、アナ雪キャラオンリーのスペシャルイベントです。アナ雪好きにはたまりませんね。

最近は冬になると開催され、2018年の今年で4回目になります。ただ、来年はディズニーランド開園35周年のスペシャルイベントがあるため、ひとまず今年で終了のよう。その先の再開などは現時点では不明なので、観るチャンスは今年だけかも。

スケジュール

公演回数:1回

調べると、2回公演のデータはよくあるんですけど。パーク開演時間が短い日は1回のみです。

開演時間:11:30〜

公演時間:10分程度

先頭のアレンデールの衛兵(?)がやって来て、列の最後尾が通過するまで、これくらいの時間です。

パレードルート

f:id:yanmei:20180122115037j:plain

引用元:東京ディズニーランド公式サイト

引用元は夜のエレクトリカルパレードのルートなのですが。基本的に上記ピンクのルートを通っているようです。

鑑賞場所

f:id:yanmei:20180122122048j:plain

シンデレラ城の真ん前、ミッキーの銅像(パートナー像というらしい)の真後ろ辺り。平日なのでさほどの混みもなく、11時くらいから並んでも2列目に陣取れました。前の方の席取りは座って見なければいけないので、レジャーシートは必須です。簡易クッション的なものがあるとなお楽です。

f:id:yanmei:20180122130633j:plain

込み具合というか空き具合が伝わるかと

さすがに開始10分前になって後ろを振り向くと、元々狭いスペースなので座るどころか立ち見の余地もないくらいの込み具合に。

ちょうどこの位置はエルサのフロート(山車)が停車する位置で、エルサが非常に良く見えます

ヤンメイ娘はアナ雪でもエルサLOVEなので、非常に喜んで見ていました。逆に、通路から2列目だと近過ぎて他のフロートはあまり見えなくなります。

パレードの流れ

f:id:yanmei:20180122122131j:plain

アレンデールの衛兵を先頭にパレードが進んで来ます。フロートの先頭はアナとクリストフ。トロール、オラフ、エルサ、ハンス王子とフロートが続きます。各フロートは写真の番号の位置に停止します。通過距離からの推測なので、誤差もあるかと思います。

1.アナとクリストフのフロート

トナカイのスヴェンがひっぱるソリに、アナとクリストフが乗って進んできます。2人の掛け合いはとても楽しそう。フロートの後ろには作中でアナが冬支度を買ったオーケンの店がビルトインされています。

f:id:yanmei:20180122172708j:image

2.トロールのフロート

トロールの家族が大勢で乗ったにぎやかなフロートです。とはいえ、ほとんどのトロールは人形なので機械的な動きが少しある程度。トロール自体は2人くらいなのかな?

f:id:yanmei:20180122172943j:image

3.オラフのフロート

雪だるまスノーギースが沢山いる雪山の上から、オラフが手を振ってくれます。フロートの後方は夏のシーンが再現されています。

f:id:yanmei:20180122172958p:plain


4.エルサのフロート

凍った噴水とキレイな氷の山にエルサが乗っています。かなり高さがあるので遠くからでもよく見えますが、反面、あんまり近いと角度がつらいかな。

f:id:yanmei:20180122173117p:image

5.ハンス王子のフロート

雪山に陣取る雪の怪物、マシュマロウに引かれ、氷の檻と監視の兵士に伴われてハンス王子も登場します。写真には檻までしか写ってません。

f:id:yanmei:20180122173342p:image

で、パレードルートに沿って通路の左右に観客がいるのですが。こころなし、キャラクター達はシンデレラ城側を向いてアクションをすることが多かったような…。運やタイミングもあるのでしょうが、ハンス王子なんか横顔や背中しか見えなかったです。

「アナと雪遊びをする」というテーマがあるためか、雪状の泡が常に噴出されて舞っています。一見、雪っぽくてなかなかの演出です。凝っていますよね。

ちなみに、ヤンメイ娘、非常に楽しんでいたのですが。パレード中の歌の歌詞が英語なんですよ。で、なんで会話は日本語なのに歌だけ英語なのか、ツッコまれて困りました。確かにおかしい!よく気付いた、娘!!

注意 

実に些細な事ですが。ヤンメイ達のスケジュール、1月の11:30開始だと、太陽の位置がシンデレラ城側にあります。

つまり、ヤンメイ達が陣取った進行方向右側、シンデレラ城を背景にパレードを見ると、常に逆光になり、お天気が良いとやや眩しいです。

写真撮影や動画を撮ろうとすると、画面はほぼ見えないと思っていいです。ただ、デジタルの補正が効くのか、撮った映像自体は割とよく見えます。

やっぱり背景がシンデレラ城じゃなくちゃ、という方には余計な注意ですね。

まとめ

・空いている平日なら30分前からの場所取りでも、そこそこ良い位置から見られる

・エルサのフロートはシンデレラ城の真正面に停まる

・鑑賞、撮影ともシンデレラ城を背にした方が太陽光の関係で見易い 

 

以上、平日にフローズンファンタジーパレードを楽しんで来た体験談でした。



《あとがき》


こんな記事をアップした今日は、東京近郊が珍しく大雪です。アレンデール程ではないにせよ、雪遊びが充分に出来る程度の積雪ですね。

こんな日にディズニーランドを訪れる人の「フローズンファンタジーパレード」はどうなってしまうのか?リアル過ぎると楽しめませんね。エルサに雪を止ませてもらえればいいのですけど。