ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

4歳児のディズニーランド行き!持って行って良かったもの!

f:id:yanmei:20180126133225j:image

ヤンメイ娘、先日ついにディズニーランドデビューを果たしました。それ程念入りな下調べもせず、ゆる~く出かけてしまったのですが、色んな幸運に助けられ、快適なパーク体験ができました。

ご家庭によっては(ほとんど?)朝から晩まで一日中パークにいることになるので、少しでも快適に過ごしたいところ。経験者に聞いたり調べたりして、持って行って良かったモノ、役立ったモノをお伝えします。

今回は4歳児のディズニーランド行きで役に立った持ち物のお話。

ベビーカー

えっ!?

ベビーカー?

4歳で!?


いやいや、ヤンメイも最初はそう思いました。でも、お役立ちアイテム筆頭です。4歳児くらいだとディズニーランドではベビーカーがすっごく重宝します。他の何はなくてもベビーカーがあると、ディズニーランドでの活動が親子とも格段に楽です!なにもずっと乗せている必要はないのですが、子供は意外に楽しんで乗ってくれます。

当たり前のことですが、ディズニーランドは広いです。その中を子供が自由に遊び回るのももちろん楽しいのですが。やっぱり長く遊ぶうち、だんだん疲れてきて「抱っこ!」となります。その際、ベビーカーがあるととても楽でした。

また、パレード終了後などすごく混み合っていて通路が進みづらい時など、はぐれないように気をつけなくても良いのはとても安心です。目の前の景色は大人のお尻ばかりかもしれませんが、ちょっと我慢してもらいます。というか、それでも自分から率先して乗ってきたので、やっぱり楽なのでしょう。

ヤンメイがパレードの場所取りをしている間も、早く移動出来るので、妻もギリギリまで娘を遊ばせてあげられたようで。いいことずくめ!

難点はアトラクションに乗る際には、ゲート脇に置いておくのですが。似たようなものがたくさんあって、探しづらいです。特に、レンタル(パーク内で1000円)だとみんな同じなので、見分けるのが大変そうでしたね。なにか、目印に旗とか飾りを付けると良さそうです。

公式サイトによるとディズニーランドのレンタルベビーカーは100㎝、15㎏までが目安となっています。なので、4歳前後がぎりぎり利用できる限度かも知れませんね。

ライト

夜までパークで遊ぶ場合、灯りがあると便利なのは当たり前ですが。待ち合わせの目印代わりに目立つライトが良いですね。

中でもすごく役立ったのがライトアップワンドスノーです。



ソレハナンダ?


はい。物を知っている人も名前までは知らないかも知れませんね。ライトアップワンドスノーとは、ディズニーオンアイスというスケートショーの会場で売っているライトです。こう言えば、ディズニーオンアイス経験者なら「ああ、あれね!」と思い当たるかと。写真では伝わりずらいのですが50㎝以上の長さがあります。

f:id:yanmei:20180126133323j:plain

こんなグッズなのですが、薄暗い会場でピカピカクルクル光が回ってると、すっごく目立ちます。LEDなのかな?スケート会場で視界の中で光っていると、すごく刺激的で不快な光が目を襲ってきてキツい。

会場では割と買ってもらっている子供が多いので誘惑は多く、ねだられる機会も増えます(笑)でも、お祭りのグッズですからね。買ったらそれっきり。滅多に遊ぶことはないのですが。

それがなんと、ここに来て奇跡の復活ですよ!というか、買って以来こんなに役立ったのは初めて!!

こんなかさ張るグッズを夜までずっと持っているヤンメイもヤンメイですが。子供がアナ雪イベントのディズニーにどうしても持って行きたいと主張したので、仕方なく持って行きました。リュックに刺して、ガンダムのビームサーベル状態で過ごすこと8時間。日が暮れてからついに真価を発揮します。

パレード前の待ち時間中にトイレで別れた後など、再会がめちゃくちゃ簡単です。

「どこ?」

「さっき別れた店の前だよ。カサの下」

「そこにいるよ」

「全然わかんないわ。ライトかかげて」





「おおっ、分かった分かった!」

おそらく、数万人いる客の中でもディズニーオンアイスのライトを持って行った人はいなかったのでしょうね。他には一度も見ませんでしたが。その分、威力は絶大!完全確実な目印です。

パレードの場所探しで別れても、お土産を買うので別れても、その都度クルクルピカピカですぐ解決でした!暗くなってから、上記のベビーカーを探すのにもお役に立ち。

もちろん、ライトアップワンドスノーである必然はないですが。独自の目印になる灯りがあると、人探し、物探しにとても重宝でした。特に、ディズニーオンアイスのライトを持っている人は再活用してみましょう!

キャラクターコスプレ

現在、ディズニーランドでは子供だけがアナ雪のアナやエルサと触れ合えるイベント、「ウインターグリーティング」を開催中です。それへの参加も一大目的だったヤンメイ家、子供の好きなエルサのコスプレをさせてみました。

このグリーティング、子供限定のイベントなんですが。参加者は100人は超えている感じでした。そのうち8割はコスプレですよ(感覚)。なので、もちろん、コスプレをする必要はないけれど。もしコスプレ衣装を持っている子なら、自分が着ていないと「着たかったなぁ」という気持ちが強かったと思います。

ちなみに、コスプレイヤーのうち7割はエルサのドレス、2割がアナって感じ。その他は1割以下かな?オラフの着ぐるみみたいな子は目立ってました。

そう、ほとんどが似たような衣装をなので、遠目にはみんな一緒。特に、既製品だと区別つきません。ヤンメイ家のドレスは自作で「エルサ風」なだけなので。アレンジも含めてあまり埋没していませんでした。

まぁ、あの中は異世界、別世界なので。子供はコスプレで楽しむのもありかと。そんな仮装をしてアトラクションを回っていると、キャストが「こんにちは、プリンセス」と声をかけてくれます。これも子供ながらに恥ずかしくも嬉しそうで。ディズニーならではの体験かと。コスプレ衣装、持って行って良かったです。

レジャーシート

パレードなどの場所取りに威力を発揮するレジャーシート。ここまでは、皆さんご存知かと。

で、経験者としてはやや大きめが良いです!と付け加えます。

ヤンメイ、あまり場所を取ってしまっても他の人に悪いかな?とギリギリサイズの小さめのシートを持って行ったのですが。結構他の皆さんは大きめのシートを広げており。なんか領土は広い者勝ちと言った雰囲気で。正直、そちらの方が快適そうでした。

あまり、周囲に気兼ねして、ギリギリサイズにする必要は全然ない感じです。寝っころがれるほどのサイズはいらないですが、足が伸ばせるくらいはあっても良さそうでしたよ。

いらなかった物

逆に、かさ張るばかりでいらなかった物は毛布。

小さめのブランケットを持って行ったのですが、ベビーカーの子供、嫌がって全然かけませんでした。子供は体温が高いからなのか、その日の気温の問題なのか?かさ張る割には使いませんでしたね。

あと、ホッカイロ。冬のディズニーには必須かと思いましたが。使っていたのはヤンメイのみ。天候その他によるとは思います。普段からの寒さ耐性もあるのかな?大した荷物ではないのでいいですけど。


以上、4歳の子供をディズニーランドデビューさせた時に役に立った物のお話でした。