ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

下着のポケットにあなたは何を入れますか?

f:id:yanmei:20170629231751j:image

今回、お義母さんが来日するにあたって、ヤンメイにお土産を持ってきてくれました

パンツです!

いわゆる、ズボンではありませんよ。下着のパンツです。



なぜパンツか?


分かりません。
まぁ、愛とはそういうものなのです。

夏らしい、シャリっとした素材で確かに気持ち良さげなんですが。そのパンツにはちょっと問題があったのです。今回は、そんな中国製パンツのお話。

中国のパンツには〇〇がない

お知り合いのブロガー、BEのぶさん(id:casemaestro89)がSEOについての良い記事を書かれたばかりだと言うのに、またも誰も検索しなさそうなタイトルでエントリを書いております。


一体、誰が「下着 ポケット」なんてワードで検索すると言うのか。いいんです。完全にそういうの度外視のパンクブログ(?)ですからね。それでも、まかり間違えば「先行者」でブレイクした「侍魂」のように特大ホームランを打てるかも知れません。ブロガーは夢を見るもんです。←計算もしろ

それで本題のパンツですよ。お義母さん、来日に際してヤンメイにパンツを買ってきてくれました。ちょっと麻っぽい感じのシャリ感が涼しげなので、これからの季節に良かろう、と見つけた時に買ってきてくれたのです。

サイズは問題なし。柄的にはどストライクではありませんが、まぁアリな感じ。まずは気持ちが嬉しいですよね。家族を感じます。

が、問題はデザインです。写真をアップにすれば分かると思うのですが、スリット=社会の窓がないのです!裏表を間違えた訳ではありませんよ。うちの子はどこから社会に出れば良いのか?

f:id:yanmei:20170629134455j:plain


4枚が4枚ともこのデザインですからね。(上の写真では3枚ですが)中国トランクスのデフォルトなのか、おそらく同じお店で柄違いを買ったのでしょうから、お店の仕様なのか。

まぁでも、これで売っているということは、これで履いている人がいるということでしょう。やってみるさ、と実際に履いてみました。




いや、すっげー不便です!



なにげに小さな裂け目ですが、大きな働きをしていましたよ、アイツ。日本人で彼の篤実な働きぶりを知る者もなかなかいないとは思いますが。

いちいちズボンの前を開け、パンツを降ろさないと用を足せないというのは、意外に面倒でした。脇からちょっと出すとか出来ないもんですね。お陰で、意識せず結構トイレに行っていることがはっきり認識出来ましたよ。

帰ってから、ソッコーで、お直しを要求しました。ボタンとか面倒なら、せめてスリットだけでもお願いします、と。


大切ですよ、社会の窓!

中国のパンツには〇〇がある

その代わり(?)、謎の仕様がありました。


ヒップポケットです


ちょっと見えずらいけど分かりますか?

 

f:id:yanmei:20170629135547j:plain


いや、多分ヒップポケットだと思うんですよね。前後同じデザインなんで確信はないんですが。下着にポケットを付けて一体なにを入れようというのか?まぁ、こちらは邪魔にはならないので、全然構わないのですが。

実は、中国製品にはこうした謎の仕様が時々あります。結婚当初、妻のご実家にお世話になった時のことです。滞在中に使うように下着セットを数組いただきました。その中に深緑色のブリーフがあり。

なんか軍用っぽいなぁ、と思いながら手に取ると、驚きのセンターポケットがありました!絵にするとこんな感じ。絵心ないけど分かるよね?

 

f:id:yanmei:20170629154146j:image


一体なにに使うつもりなのか?


手間もかかるのに、こんなところにポケットを付ける意味が本当に分かりません。

トランクのカギとか、重要なものを肌身離さず持っているための、中国人独特の安全対策なんでしょうか?類似の情報お持ちの方、是非お寄せ下さい。

中国の子供パンツ

ちなみに、ヤンメイ娘にもパンツのお土産がありました。お尻に動物の顔の柄です。可愛いと言えないこともない。ヤンメイは微妙なものを感じますが。ただ、このお尻のところに動物の顔が来るのは日本でも時々見かけます。こんな風にね。

f:id:yanmei:20170629225022p:image


ですが、やはり中国製は一味違いますよ。前にまで顔がありました!
しかも、なぜかキャラが変わってる!前のがクマさんで、後ろがネコさん?

f:id:yanmei:20170630161006j:plain

この手のパンツをやはり柄違いで3枚持ってきてくれたお義母さん。外国人の感覚って、本当に面白いなと思います。

今回は、そんな日中パンツギャップのお話でした。