ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

池袋 プリキュアショー 2019 に行ってきました!

f:id:yanmei:20190814230805j:image

夏休みの子供のお楽しみに、池袋サンシャインシティで開催中のプリキュアイベント「おほしSUMMERバケーション」に、比較的空いていそうな平日を選んで行って来ました。

事前に調べていた情報が役に立ったり、違っていたり。先人の情報におんぶに抱っこだけではなんなので。後に続く皆さんへ、混雑状況や楽しみ方の参考情報&備忘録として、プリキュアイベントの感想をつらつらと記していきます。

ヤンメイ親子初めての「池袋 プリキュア」イベント参加記録です。

スター☆トゥインクルプリキュア
おほしSUMMERバケーション

毎年の夏休み、池袋サンシャインではプリキュアのイベントが開催されます。2019年はスター☆トゥインクルプリキュアの「おほしSUMMERバケーション」というタイトルです。

詳細は公式サイトに詳しいのですが、有料のイベントで、大人も子供も前売り券で1000円前後かかります。開催日以降は+200円になりますので、早めにご用意する方がお得ですね。

並ぶ手間を考えると、前売りでなくても事前にチケットを用意しておく方が入場がスムーズです。チケットは公式サイトから購入出来ます。

平日の混雑状況

入場まで

とにかく、事前情報ではめちゃくちゃ混む!と書かれたサイトばかり目立ちます。行く前から怖じ気付いちゃうくらい。開場1時間前到着でも結構並ぶので、レジャーシートは必携とか、子供の暇つぶしグッズやおやつを忘れずに、とか。

しかして当日は開場50分前の微妙な時間、8:40分に最寄駅の地下鉄有楽町線「東池袋駅」に到着。西改札を出て、6、7番出口からサンシャインシティと書いてある方向に進むと、ほとんど地上に出ることなく建物の中を会場であるワールドインポートマートまで行くことが出来ます。これが夏にはありがたい!

f:id:yanmei:20190814231036j:plain

地上に出るのはこの少しの距離だけです


会場である展示場Aの4階まではエレベーターで行けるのですが、意外にもここから混んでいたりします。ヤンメイ親子は階段で上がっちゃいましたよ。

会場の前には数台の発券機が並んでいて、整理券を発券します。結局は9時近い会場到着になり整理券はC組。Aから始まるので3番手ですね。まぁ、激混みイベントに30分前到着で3番手なら全然ありですね。

f:id:yanmei:20190815221714j:plain

整理券

こちらのQRコードで登録をすると、順番になるとメールが来る仕組みです。なので、会場前に行列しなくてもいい。というか、並んで待ってはいけないようです。だからこんなにガラガラなのね。激コミ批判が強かったみたいですから、工夫するようになったのかな。ありがたいことです。

f:id:yanmei:20190814232318j:plain

並んでいてはいけないのでガラガラです


ワールドインポートマートの地下1階にはマクドナルドもあり、家で朝ごはんを食べる代わりに朝マックにでもしていれば、整理券の順番を早められたかも…いや、ヤンメイ 、マック嫌いなんでいいんですけど。

ちなみに、その少し涼しい地下1階で子供との暇つぶしに夢中になり過ぎ、メールを見逃すミステイク!メールに遅れること5分、会場に着いた9:40の時点で、列の長さはそれ程でもありませんでした。

 

f:id:yanmei:20190815231138p:image

会場内

事前情報ではお昼までが結構混雑し、午後のなるにつれゆとりが出てくる、みたいな話でした。

実際、やはり人気のアトラクションは長いもので2時間待ちとかも見受けられました。

でも、午後に空いてくるとかいう感じは全然なく。ステージなどはどんどん混んでくる感じでしたね。ステージ後の握手会では、14時の回(最後から2回目)の時点で、ステージ前からほぼ出口くらいまで列が伸びていました。

f:id:yanmei:20190816222712p:image
なので、やはり早めに行って特にやりたいアトラクションに並ぶ、というのは効率的かもです。

アトラクションについて

アトラクションは有料のもの、無料のもの両方あります。特に長蛇の列が出来るのは有料のもののようでした。

有料ものは基本的には物を作るか、体に絵を描くか、コスプレをするかなので。それ自体に時間がかかるので、後になればなるほど混むようです。

ヤン娘は、それらのイベントは基本的に無視。無料の写真系や遊び系、ステージショーを重視していたので、そこまで混雑で困ったりしませんでした。

無料アトラクションのお絵描き、カラオケ、玉入れなどはあまり混雑が関係ない感じで、少し待てばどれも楽しめるレベルの混み具合でした。

ふれあいステージ

今回、1番の目的は1時間毎に行われるステージショー。9:40入場で、最初のステージは10時開始。入場からしばらくは写真イベントに時間を費やしたので、ステージ前に着いた時にはもうあまり良い場所は空いてないだろう、と思っていたのですが。

意外にも、開始早々にがっつり並ぶ皆さんは有料イベントの順番を取りたいのか、ステージ近くの席も結構空いており。

急遽、初回ステージから鑑賞することに。ステージに向かって左側、三列目くらいに座ることが出来ました。ちなみに、座席は特になく、ステージを囲むスペースに各々座っていく感じです。

内容はショーと言いつつ、ストーリー形式ではなく、ほぼコンサートですね。

オープニング、変身レッスン、前期エンディング、後期エンディング、エンディングダンスレッスン、後期エンディング、映画情報で〆。

ちなみに、ステージに向かって左から、セレーネ、ミルキー、スター、コスモ、ソレイユの並びでした。お目当てのキャラがいる人は席取りの場所に注意ですよ!

f:id:yanmei:20190816220622j:plain

配置イメージ

幸い、ご贔屓のセレーネの前でしたので、ヤン娘、ノリノリで歌って踊って楽しんでくれていました。場所も間近にキャラクター達を感じられて良かったようです。

ステージ雑感

ステージを楽しむお子さん達は1/3近く(印象)がプリキュアのコスプレで参加していました。しかし、みんな同じ格好しているとちょっと区別つきづらいぞ。その点、自作コスはまだ差別化出来るかも。

コスプレを見る限り、キュアコスモの服装が一番違和感がありません。なんというか、すっきりしたジャケット状の上半身に色こそ派手ですがすっきり系のスカート。現実の服装としては、意外に普通。まぁ、猫耳はご愛嬌です。

f:id:yanmei:20190816222742j:image

他のキャラクターのコスプレは生で見るとなかなかインパクトがあります。でも、アニメ画像の格好良さはない(ヤンメイ私見)。キュアコスモコスプレはその点、完成度が高く感じました。いや、子供が喜んでいればそれで良いのですけどね。

その日は10時、11時、14時(再入場)と3回ステージを見ましたが、回を追うごとに混んでくる印象でした。基本はステージを囲む大きな柵内で鑑賞するのですが、柵も低いので外からも鑑賞することは出来ます。

握手会~流れとか対策

ステージショーのあとは、対象グッズ購入者限定で、キャラクターとの握手会に参加出来ます。ある意味、これもメインイベント。

ですが、あんまり良い位置で鑑賞していると、その後の握手会の並びに出遅れる、という二律背反が。ヤンメイ達は初回の列の長さに恐れをなし棄権。2回目のステージを柵外から鑑賞することで握手会の並びの好位置をキープし、5番手で握手することが出来ました。

さてヤンメイ 、アイドルも含めて握手会とか初めてで分からなかったのですが。

 

握手の時間は短く、えらい早く流れます!

 

のんびりスマホなんか構えているとシャッターチャンスを逃すのは確実です。しかも、前に並んでいる人がいるので、後ろから写そうとすると、我が子の後ろ姿しか撮れないことになります。

上記の問題を解決するのは、前に回り込んでの動画撮影!これは会場も推奨しておりました。

是非、お父さんお母さんは動画を前から撮りましょう。

余談ですが、握手会対象グッズは以下の4種類。

・うちわ(500円)
・色紙(500円)
・スティックライト(1,500円)
・お楽しみ袋(2,000円)


どれも微妙な価格ですが、お祭りだと無料で配るうちわに500円は…とお楽しみ袋にしました。気になるプリキュアお楽しみ袋の中身はこちら。

f:id:yanmei:20190816083137j:plain

プリキュア お楽しみ袋の内容


中にあったノートでスタンプラリーも楽しんでいたし、イベントグッズにしてはコスパは良かったのかな?ヤンメイ親子は握手会2回参加しちゃったしね。

これ、確か握手会の参加条件はグッズを購入していることで、回数の制限はなかったと思うので違反ではないはず。まぁ、あんまりやり過ぎるといつか規制がかかるかもしれないので、良識の範囲で楽しみたいです。

プリキュアショップ

会場内には変身グッズを貸してもらえて変身ダンスレッスンが出来るブースや、各種おもちゃの展示などもあり、物欲を刺激する気満々な訳です。

そこに来て、最後にはプリキュアグッズてんこ盛りのショップが結構な面積で広がっています。おもちゃ、コスプレセット、グッズなどなど。まぁ、好きな人には堪らないでしょうねぇ。これで自制心を保てる子供はかなり少ないのではないでしょうか。

ヤン娘は物販に関しては、平素から妻によりイベント時の無駄な買い物はしない教育が徹底されているので、そもそもまるで欲しがりませんでした。「何か欲しいものある?」と訊ねても、基本的に「大丈夫」。

我が娘ながらなんと抑制の効いた態度か!?あまりにいじらしいので、「好きなものを一つだけなら買ってあげる」というと「コスモグミケース」を選んでいました。なかなか渋いな。

コスモグミケースとは、作中で宇宙人のプリキュアが食べる食料を入れる小型ケースなのですが。そもそも、どこに行っても売っていないのです。これを選ぶ辺り、ヤン娘の趣味の面白さを感じます。

 

あとは単品のスターカラーペンというグッズ(食玩)も気になっていたのですが、まさかの品薄で欲しい物がなかったようで。こちらは同じ物がガチャガチャでもあるのですが、何が出るが分からないのでそんなチャレンジはしないヤン娘。

面白いので、小銭を与えてガチャガチャをやらせてみました。1度目はあえなくハズレ(希望の品ではない)。2度目はヤンメイが代わりにやり、見事目当ての星座ペンをゲット!

まぁ、周囲のご家族と比べると可愛い出費だったと思います。

再入場

さて、3時弱たっぷり遊んで退場することに。と言っても、お昼も過ぎていたので、なにか食べてからサンシャイン水族館に行ってみようという流れだったのですが。年パスを持っているヤン娘は、水族館もさらりと流してしまい。

ふと時計を見ると、ちょうど14時のステージに間に合う時間。急いでエレベーターを降りて会場に向かいます。

このイベント、半券があれば当日の再入場が可能なのです。再入場時に日付スタンプを押されるのでズルは出来ませんよ。

かくして、計ステージ3回、握手会2回を堪能してようやく会場を後にしました。長い一日でした〜。

大きなお友達

余談ですが、完全に子供向けイベントではないので、会場には「大きなお友達」も結構います。「大きなお友達」、通称「大友」とは、子供がメインターゲットのコンテンツを自身が楽しむ大人のこと。子供中心のイベントだと微妙な場違い感があります。

しかし、この微妙な感じを自覚している大友さんは多いのか、結構子供ファーストな優しさを見せているのが微笑ましかったです。

ヤン娘も柵外からステージを見ていた時、柵に取り付いていた大友姉さんが、柵内の空きスペースを教えて下さり。抱っこでそこに放り込み、柵内で鑑賞させられました。ありがたかったです。

さらに余談ですが、当の大友姉さんは柵の外から上手にダンスを決めておられました。子供達同様楽しそうでした。


そんな、池袋プリキュアイベントに初めて行ってきたお話でした。このレポートが後に続く皆さんのお役に立てると嬉しいです。アイキャッチ画像は入場者プレゼント、子供だけがもらえるおふロケットポスターです。濡れても大丈夫な素材で、お風呂の壁に水との張力である感じなのかな?