読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

MENU

国際結婚のタブー

異文化 異文化-考え方

f:id:yanmei:20170224234359j:image

好きだから困難を超え、同じ国の人同士より手間をかけて結婚した国際結婚カップル。ではありますが、当然問題も起こります。

どんな時にギクシャクするのか?一体なにがいけなかったのか?

ヤンメイ、頭の良い方ではありませんが、さすがにそういったことを学んでいきます。考え方としては日本人のカップル(夫婦)にも応用出来るかと。

今回は国際結婚9年間で学んだ国際結婚のタブーの話。

自分の国は素晴らしいけど

別に、そんなことを意識して暮らしてるワケじゃないですけど。やっぱり日本人は日本とその文化が好きなんですね。当然、相手もそうです。

結婚当初、妻との会話でカチンと来たことに、日本文化をdisることがありました。と言っても、積極的に日本に文句を言うワケではないのですが。自国文化の素晴らしさを語るうちに、相手文化を下げる要素が入ってくるんですよ。

例えば、「中国はとにかく食材が豊富だ。日本にはない食べ物がたくさんある。日本は(中国と比べて)食材の数が少ない」と。

ヤンメイ、根拠もなく、日本は食材が豊富で食文化も豊かな国だ、という思い込みがありましたから。上記のように言われるとムッと来るワケです。

「はぁ!?別に少なくなんかないしぃ!」

もはや、相手の言ってることが本当かどうか?というレベルの話ではないんですよ。自分の信じている(信じたい)ことが否定されたから、真偽ではなく否定されたこと自体を反射的に怒ってるだけ。

これは多分、誰にでもあります。たまたま食文化でしたけど、他の習慣でも学んできたことでも、常識と言われるものでも、我々は根拠もなく信じてるので。信じてることを「違う」とか「ウソ」だと言われると、検証する前に否定したくなるし、なんか気分が悪くなるんですよね。

自国文化の優位性を語ると…

またある時は、「日本の料理は薄っぺらな味でつまらない。中華料理はたくさんの調味料や香辛料を入れているので、多層的な味がするでしょう?」といわれた時もありました。

これにヤンメイも「いやいやいや、薄っぺらじゃなくてシンプルなんです!食材の質や鮮度がいいから、素材の味を活かしてるだけ。中華料理こそ、材料の質の悪さを味付け濃くして誤魔化してるんじゃないの?」と返すもんだから、誰も勝者のない泥仕合のはじまりですよ。ジャッジはいないしね。いても負けた方は納得しません。

自分の所属する社会、学校とか会社とか、住んでいる地域、市とか県とか国、そういうのって無自覚の帰属意識があって、結構な親近感をもっているんですよ、実は。スゴく好きとかじゃなくても、その外の人から文句を言われると、なんか反発する気持ちになります。

自分の兄弟や姉妹に、自分がけちょんけちょんに言うのはいいけど、親戚や友人に悪く言われると、とたんに反発したくなるようなもんですかね。無意識レベルで好きなものをけなされた怒りなんでしょう。

国際結婚のルール

つまり、信じてるものや好きなものを否定されると、腹が立つ。だから、それはやっちゃいけないんです。そんな、当たり前のことをやっていた、と意識するのに結構かかりましたよ。

なので、大事なことは

・相手文化をdisらない


まず、これは基本中の基本です。もちろん、言いたいことは色々あるでしょうが、実はそれは相手文化にかこつけたパートナーへの不満だったりしますからね。


・自国文化上げはほどほどに


上げるのはまだいいんですけど。やり過ぎるとなぜか相手下げに繋がっちゃうので。


・相手文化を持ち上げよう


一番大事なのはこれです。むしろね、相手下げでも、自分上げでもなく、相手上げですよ。当たり前でしょ?大人なんだから。なのに、つい忘れてしまうんですよね、距離が近くなると。こうしておけば、相手の気持ちが悪いはずがない!

なんで急に褒めだすのよ、気持ち悪い!!っとケンカになったことは一度もありません(笑)

別にね、無理に褒めるんじゃないですけど、よく観察するといいところが必ず見えてくるんですよ。

例えば、さっきの食材の豊富さの話、ヤンメイは自国上げしそうになりましたが。これなんか典型的な無知のパターン。いやね、一度中国の市場とか行くと、魚も野菜も見たことないものばかりですよ!日本にあるものは大体あるけど、日本にないものもたくさんあります。そーか、日本って島国だったんだ…と思い知りました。

すると、素直に中国の食は豊かだね、と褒めることが出来るんです。

国際結婚って、日々、無知な自分を知る旅だなぁ、と思います。もちろん、国際結婚でないカップル(夫婦)も、相手は違う家庭の違う習慣で育ってますからね。ざっくり言えば、異文化人ですよ。ならば、同じです。

相手上げの効果、お試し下さい。