ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~

国際結婚したい人の夢を壊さないといいな。国際結婚の現実、いいとこ悪いとこ盲点、みんなお話しします。

ログハウスの照明①

ログハウスの照明って、結構個性的なものが選ばれることが多い気がします。もちろん、どんなものでも良いのですけど、雰囲気ある照明が多いような。ヤンメイ家でも新築をするにあたり、色々と悩んで探したので思い出深いです。

今回は、新築以来ずっと気になっていた玄関照明を取り替えたので、これを機にヤンメイ家のログハウスの照明選びについての昔話をしてみます。

もう、なんだかんだで引っ越してきて1年半近くが経とうとしているので、今更ながらのお話なのですが。今書いておかないとさらに書く機会を逸してしまうので。ヤンメイ家の照明選びについて記録を残します。

照明選びに照明メーカーに行く

ヤンメイ達がログハウスを建てたフェニックスホームさんでは、当初照明予算を30万円と概算して見積もりに入れていました。この部分は住宅ローンに組み込める部分です。

照明メーカーさんに図面を持って相談に行くと、広さと間取りに合わせてメーカーのプロの方が適切な照明を提案してくれる運びです。ショールームを予約して行けば、その場で現物を見られるのが良いですね。

ヤンメイ達が行ったのはオーデリックさん。あらかじめ、フェニックスホームさんにオーデリックで選びますと言っておくと、最初のプランをご用意していただけます。(フェニックスさんとオーデリックさん、どちらが用意してくれたのか分かりませんが)

f:id:yanmei:20211001003425p:plain

照明配置図?

ご覧のように、間取りと配置とどんな照明かが分かる図面なので、別に照明なんて何でも良い、お任せで!という人はこのままショールームなど行かずに済ませるのもありです。

ただ、ヤンメイ達は明るさとか形とか色々好みがあったので。実際にショールームに見に行くことに(コロナ前の話ですよ)。

あらかじめカタログもいただけるので、いくつか好みのものを選んでおいて、現物を確認する作業です。大きさとかデザインとか明るさとか、カタログだけでは分からないことたくさんありますからね。

結論から言うと、行ってみて良かったです。実は玄関の表の照明(門灯っていうの?)に特に気になるものがあって、実物を見たかったのです。ただ、実際に見ると結構イメージと違っていて。却下と相成りました。


これを一目見た時に、ヤンメイ妻は目を輝かせ「これ面白くない?玄関にシーサーって凄いよね!」とシーサー照明に盛り上がっていたのですが。実物はそこまで気持ちがアガらなかったので、シーサー門灯は不採用となりました。売れてるんですかね?これ。

ログハウス照明は個性だ

というか、上の写真からも分かるように、提示される照明は予算を抑える目的があるのか、とても無難なものばかりで。まぁ、施主の好みも分からないので無理もないのですが、全然面白みがありません。

あら?照明に面白みを求めてしまうあたり、ずいぶんヤンメイ妻の影響を受けているのかな?

いや、実際、ログハウスというのは壁も床も天井も全部木目なので。主張の強いデザインの照明に全然負けません。もちろん、スカンジナビアデザインとか北欧風のすっきりしたインテリアと合わせて、シンプルな照明でも全然おかしくはないのですが。

なんとなく、個性的でアクの強いデザインというか、一般家庭に置いたら浮くんじゃない?みたいな照明でもすんなり馴染ませる抱擁力がログハウスにはあります。なので、無難に行くのはもったいないなぁ、と。

そうすると、一般的な大手照明メーカーさんの製品だと選択肢がわずかになってしまうのです、結果的に。やはり、振り切れた商品を欲しい人は少数派なので、そう数は扱わないのでしょう。

更にいうと、提示された照明のお値段は定価なので、実際の納品では3〜4割引きくらいになると思いますが。それでもまぁなかなかのお値段がするのがメーカー製の照明です。

なので、結果としてヤンメイ家の照明は半分がオーデリック、もう半分がノーブランドみたいな比率になりました。

「ログハウス 照明」と検索すると、やはり個性派の照明ばかり沢山出てきます。そこで出て来る多くは、輸入会社のかなりお高いガチなヤツか、楽天やyahooショッピングの割とチープなヤツです。いや、楽天とかにも高いのはありますけど、多分中国輸入品の割合が多い気がします。

実際、1年半ばかり使ってみた分には、オーデリックもノーブランドも別に大差ありません。故障しやすいとかでもないです。今のところ。

なので、日本製に特別こだわりのある人じゃなければ、デザイン重視で好きな照明を選んじゃって大丈夫じゃないかと思います。

ヤンメイ家のログハウス照明

ヤンメイ家で現在使っている個性派照明をいくつかご紹介します。前掲の配置図のどれと変えたのか分かるでしょうか?

ロフト

f:id:yanmei:20211001004501j:image


一番遊び心重視で選んだヤツです。埃が溜まるなぁ、と思いつつログハウスらしいのが気に入っています。これだけ購入データが遡れないのですが、7,000円しなかったと思います。

階段

f:id:yanmei:20211001005518j:image


これはロフト照明と見える位置にあるので同じコンセプトで。これもお皿に埃が溜まるのですが、やはり雰囲気重視です。

子供部屋

f:id:yanmei:20211001005702j:image

まんま、明るく楽しい雰囲気に。大きくなったらどうぞ好みでシックなのに変えて下さい。背後のカーテンも含めて、ザ・子供部屋です。

ダイニング

f:id:yanmei:20211001005800j:image

これは最後まで悩んだヤツ。5灯は明る過ぎるかと思ったけど、球を小さいヤツにしたらちょうどいい感じに。これ、真鍮色というかゴールドや白はあるんだけど、黒ってなかなかなくて。でも、落ち着いていてとてもいい感じです。一応シャンデリアだけど華美過ぎないのか好きなのです。


Amazonで買いましたが、自分では取り付けられないタイプで、フェニックスホームさんに後から付けていただきました。

カウンター

f:id:yanmei:20211001010205j:image


もろヤンメイ妻の好みです。中国人はスワロフスキーのキラキラに弱いのです?

あらかじめ買う時に、ダクトレール用のを買ったつもりで固定式を買ってしまっており。ダクトレールは別の位置に付け直してもらって、直付けに変更してもらいました。ごめんなさい。

皆さんも買い物の際は気を付けましょう。

洗面所

f:id:yanmei:20211001010433j:image


何のこだわりもない、というか、ご予算に限りがあるので、ここは提案通りに。それだとこんなに簡素です。何も困らないけど。

 

まずは、ざっとこんな感じでヤンメイ家の照明の半分ほどをご紹介。また遠からず続きを書くつもりです。そんな、ログハウスの照明実例のお話でした。